せどりの利回り【せどりは儲かるのか?】

l_107

 

せどりの利回り【せどりは儲かるのか?】

 

「本当に儲かっているの?」

 

せどりってネットビジネスの中でも一番敷居が低く、

初心者でも比較的簡単に儲ける事が出来るビジネスと言われています。

 

 

「安く買って高く売る」

 

 

たったこれだけで稼ぐことが出来ます。

 

 

でも、

こんな事思ったことないですか?

 

 

「何か仕入れと販売繰り返しているけれど儲かっている実感がない」

 

 

これは仕入れた資金と稼いだ利益を次の仕入れ資金に使っているからなんです。

これを「複利」といいます。この複利の力は絶大です。

 

 

かの世界的有名な、

アインシュタインも絶賛している「複利の法則」です。

『人類最大の発明は、複利の力だ。』

by アルベルト・アインシュタイン

 

 

この複利の法則を使うことによって、

少ない資金でも大きな収入を得ることが出来るんです。

 

 

実際に僕も2014年2月に自己資金2万円で、

電脳せどりをスタートさせて複利の力により利益を作る事が出来ました。

 

 

では、

この複利について簡単に解説していきます。

複利の力とは?

 

複利(ふくり)とは、複利法によって計算された利子のこと。複利法とは、元金によって生じた利子を次期の元金に組み入れる方式であり、元金だけでなく利子にも次期の利子がつく。したがって、各期の利子が次第に増加していく。投資や借金などでは、雪だるま式に利子が増えていくことになる。重利(じゅうり)とも。

wikipedia引用

 

う~~ん、何だか難しい話に聞こえますが、

具体的に式にして解説するとこんな感じです。

複利の計算方法

◆例題


元金10万円を月利20%複利運用する場合。



・1ヶ月目 10万 × 20% = 12万



・2ヶ月目 12万 × 20% = 14万4千円



・3ヶ月目 14万4千円 × 20% = 17万2千800円



・4ヶ月目 17万2千800円 × 20% =20万7千360円



・5ヶ月目 20万7千360円 × 20% =24万8千832円



・6ヶ月目 24万8千832円 × 20% =29万8千598円



・7ヶ月目 29万8千598円× 20% =35万8千317円



・8ヶ月目 35万8千317円× 20% =42万9千980円



・9ヶ月目 42万9千980円× 20% =51万5千976円



・10ヶ月目 51万5千976円× 20% =61万9千171円



・11ヶ月目 61万9千171円× 20% =74万3千5円



・12ヶ月目 74万3千5円× 20% =89万1千606円

 

 

何と!初期資金10万円を1年間複利で回すと89万円もの金額になるんです。

こうやって数字にするとメチャクチャ儲かる感じがしませんか?

 

 

仕入れた資金と利益を乗っけて次の仕入れ資金に使うことで、

ドンドン雪だるま式に資金を増やすことが出来ます。

 

 

でも、

せどりをやっていてこう思ったことないですか?

 

 

「計算上は儲かっているのはわかるけれど何かお金が入ってきている感覚が無い」

 

 

これよくわかります。

僕も複利で回していた4ヶ月目位で、

「何か全然お金回りが良くなっていない気がする」と思っていたんです。

 

 

でも、

複利を続けていると次第に余分なお金が出てくるんです。

それが次第に大きな金額になっていった時に複利の力はスゲーって思いました。

 

 

逆に儲かったら、儲かった分の利益を使ってしまう事を「単利」と呼びます。

単利は稼いだ利益分だけ使ってしまうので、いつまで経っても大きく稼ぐことは出来ません。

 

 

例えば、

5000円の利益が出たら5000円分使ってしまうので、

いつまで経っても仕入れ金額を増やす事が出来ないので、

利益も増やすことが出来ないんです。

 

 

なので、

せどりで大きく稼ぎたいなら複利で資金を回すと言うことです。

まとめ

せどりを始める人の多くは資金があまり無い人です。

なので、少ない資金をどうやって大きな資金や利益に変えていくかが、

重要になっていきます。

 

 

せどりは間違いなくネットビジネスの中でも一番敷居が低く、

始めやすいビジネスです。

 

 

ですが、

資金管理や運用方法がしっかり出来ていないと、

大きな金額を稼ぐことが出来ないので、しっかり複利を意識して仕入れをしていきましょう。

↓ ↓ ↓

利益率の求め方しっかり出来ています?

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ