Yahoo!ID乗っ取り対策【シークレット&2段階認証方法】

Yahoo!ID乗っ取り対策【シークレット&2段階認証方法】

 

「乗っ取られた?」

 

Yahoo!IDが乗っ取られたと、僕のLINEチームのメンバーから連絡があったので、

今回、Yahoo!IDについて解説していこうと思います。

そもそもYahoo!IDは乗っ取られやすいのか?


Yahoo!IDは乗っ取られやすいのか?というお話ですが、2013年5月16日21:00ごろ、

Yahoo! JAPANの ID を管理しているサーバーに、不正アクセスがったようですね。

 

かなり昔の内容ですが、

一度流出した情報はどう扱われているか、わかりませんから危機管理は大切です。















※画像引用元 http://rocketnews24.com/2013/05/19/330183/

 

なので、

もしかしたらあなたのYahoo!IDも流出しているのかもしれません。

 

それを、

踏まえた上で今回Yahoo!IDが乗っ取られた理由について、

まずはお話させて頂こうかと思っています。

Yahoo!IDは色々なところで使える

Yahoo!IDって実は色々なところで使えるのはご存知ですか?

ヤフオクはもちろん、ココナラやZOZOTOWN

他にも、外部サイトID(Yahoo!ID)でログイン出来るところはたくさんありますよね。

 

 

実はこれが、IDの乗っ取りをしやすくしているようです。

 

 

Yahoo!IDを使用している人は注意してほしいのですが、

外部サイトでもYahoo!IDを使用している場合、1つパスワードが突破されれば、

全てのYahoo!関係のサイトにすんなりアクセス出来てしまいます。

 

 

ちなみに、

僕が運営しているLINEチーム生が、

パスワードを突破されたようなんです。

「先日yahooアドレスに「◯◯◯◯の会員登録ありがとうございました」と、

メールが来た。登録した覚えはない。なのでメールで「登録した覚えがない。

何だか調べてほしい」と◯◯◯◯に連絡したがまだ返信がない。

 

そしたらさっき別人の名前で勝手に注文されてた。

試しに◯◯◯◯サイトのマイページみたいなのにヤフーIDでログインしたら、

入れちゃったからとりあえずその注文キャンセルしておいた。何だこれ。

 

会員情報の部分に住所も電話番号も書いてあるから、

保存しておいたけどこれもしかしたら警察絡みになるネタだな。気持ち悪い」

 

こんな感じです。

 

 

つまり、

Yahoo!IDのパスワード1つ突破されれば、

ヤフオクはもちろんのこと、Yahoo! JAPANカードの、

ログインすら簡単に突破出来てしまうということ。

 

 

クレジットカードの場合、

個人情報の他にも、カード情報がバレてしまうので悪用されることがあります。

 

 

かなり怖いですよね。

意外とパスワード自体を緩く設定している人が多いので気をつけたいところです。

 

ということで、Yahoo!IDのセキュリティを強化する方法をお伝えしていきます。

Yahoo!ワンタイムパスワード(2段階認証)の設定方法【メール編】

Yahoo!にはワンタイムパスワードと言うのがあって、

本人のみが1回限り有効な使い捨てパスワードを利用することが出来ます。

 

 

まずは、

Yahoo!のHPで登録情報をクリックします。

 

次に、

ワンタイムパスワードを選択します。

そして、

設定開始でメールをクリックします。

そして、

ワンタイムパスワードを送信するメールアドレスを選択します。

ここでは普段メインで使っているメールアドレスを使うといいです。

 

 

普段使わないメールアドレスに設定していると、

いざワンタイムパスワードを入力したい時に探すのに苦労します。

 

 

なので、

メインで使っているメールアドレスを選択しましょう。

 

 

もし、

新しくメールアドレスで登録したい場合は、

メールアドレス追加・編集を選択して頂くことで可能になります。

 

 

メールアドレス追加・編集をクリックすると、

以下の画像が表示されますので、連絡用メールアドレスを追加しておきましょう。

次に、

ワンタイムパスワードの設定をします。

次に、

ワンタイムパスワードを送信するメールアドレスを選択します。

ご自身が普段お使いのメールアドレスを選択しておくと良いです。

選択したメールアドレスに送信をすると、

以下の画面が表示されます。

 

ここに先程送信する為に選択したメールアドレスに届いている、

ワンタイムパスワードを入力します。

入力が終わりましたら、認証ボタンを押してください。

 

 

次に、

復帰用メールアドレスの選択をします。

 

復帰用メールアドレスは、

ワンタイムパスワードの送信先に設定していた、

メールアドレスが使用できなくなった場合などに使用します。

 

選択しましたら設定を押してクリックしてください。

 

これで、ワンタイムパスワードの設定方法【メール編】の設定方法は終了です。

まとめ

Yahoo!IDって色々なところで使えるので、

非常に便利なのですが、1度突破されてしまいますと、

様々なサイトで被害やトラブルが発生する可能性があります。

 

 

パスワードも推測されやすいものではなく、

長く様々な文字列を組み合わせて設定しておきましょう。

 

 

思わぬところから、

個人情報が流出している可能性がありますよ。

↓ ↓ ↓

ブログにツイートを埋め込み引用する方法とは?

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ