2つの背もたれが包み込むワークチェア【腰痛から身を守ろう】

2つの背もたれが包み込むワークチェア【腰痛から身を守ろう】

 

「ものすごく心地いい」

 

ネットビジネスをやっていると、

どうしても椅子に座っての作業が多くなると思います。

 

短時間なら座り作業で使う椅子って実際どんなものでもあまり変わりはないんですが、

長時間の座り作業になってくると、ものすごく疲れる椅子と、長時間座っていても、

疲れにくい椅子の差と言うものが出てきます。

 

僕は椅子なんて正直どれも一緒だと思っていたので、

以前は980円くらいで売っている椅子を使って座っていました。

 

ちなみにイメージとしてはこんな感じ。

bestline_88625

 

この程度でも副業時代は十分に活躍していたし、

特に疲れも感じなかったし、不満もなかったんです。

 

でも、

専業になってからは椅子の良し悪しには気をつけるようになりました。

 

というのも10何時間も椅子に座って作業することも多くなってきた時に、

腰への負担と、自分ではあまり気が付かなかった身体への疲労感が半端無かったから。

 

「これはいつか身体を悪くする」

 

と思っていた僕は、新しい事務所に移転した際に、

椅子だけはしっかり良いものを買おうと思っていました。

 

候補はたくさんあったんだけれど、

腰への負担と長時間座っていても疲れにくいこと。

この2点で絞ったところドンピシャな椅子が見つかったので、

紹介しようと思います。

 

僕が色々な椅子に座って決めた商品がこちら。


↓ ↓ ↓

2つの背もたれが包み込む 肘付きワークチェア(デュオレハイ DX) ニトリ 【送料無料・配送員設置】

 

価格が驚愕の税込み39,900円と椅子の中でもそこそこ高いクラスになるので、

以前の僕なら間違いなくスルーしていた商品。

 

でも、

この椅子に座って感触を試したところ、

 

「これマジで凄い心地いい」

 

と言う言葉が出てしまいました。

どんな風に心地良かと言うと、

腰・背中を両脇から支える2つの背もたれなど、

細部にわたり快適な座り心地をサポートする人間工学に基づいたチェアなんです。

■ロッキング機能

大きく揺れるロッキング機能付きで、書き物やパソコン仕事の合間にリラックス・リフレッシュできます。

固定機能もついているので、安心。



■ヘッドレストは高さ調節可能

重い頭を支える首は、ご自身の高さに合わせられるヘッドレストに預けられます。

枕のような形で頭・首をしっかり支えて、長時間座っていても疲れません。



■常に背中に密着する背もたれ

2つに分かれた背もたれは、体に密着する形でしっかり支えます。

使う方によって、ワイドに幅の調整もでき、脊柱が当たる中心部分の隙間で圧迫されない軽やかさを実感できます。



■アームレストは幅・高さを調整可能

腕を休めたり、安定した座り心地が実感できるアームレスト。

使う方の体型や、デスクに合わせて高さと幅を調節できます。

■座面にはモールドウレタン使用

長い使用にも型崩れしにくい耐久性があります。

底付き感がなく立ち座りがしやすい弾力があるので、おしりが疲れにくいのも特長です。



■安定したキャスター脚

6本脚(トリプルYシステム)のスターベースで、安定感もアップします。



座面高さの変更は、レバー1つのワンタッチ操作。ガス圧式なので、らくらく調整が可能。

 

とまあこんな感じで色々な機能が備わっています。

実物の画像を見て頂いた方がより感想が伝わると思うので、

こちらを見てください。

   

    IMG_0307   IMG_0308


深めに座るとおしりがピッタリ安定するので、

猫背の僕でも背筋がピッとするので姿勢が良くなります。

 

画像で見て頂くとわかりますが、座面の前が少し盛り上がっているので、

座りズレで前に進んでいくのを防止してくれます。

 

ロッキング機能も付いているので、リラックスしたい時には、

手を休めてゆっくり出来る設計がとても親切で素晴らしいなと思いました。

 

そして、

嬉しことに背中に2つの背もたれが付いていて後ろで調整も可能。

 

IMG_0310

 

なので、僕のように図体ばかりデカイ人でも、

ピッタリフィットするように調整出来るのでとっても嬉しい機能です。

 

と、まあ椅子の値段としては高い部類に入るのかもしれませんが、

長く使うのであればここはしっかりいいものに投資した方がいいと思い購入しました。

 

ただ、

長時間の座り作業は運動不足になりますし、

同じ姿勢でいると血流も悪くなるので、適度な運動は必要ですけれど、

それでもリラックス出来る椅子はやっぱり必要になってきます。

 

ネットビジネスで長時間作業が多い人は、

座る椅子にも気を配っておくといいかと思います。

↓ ↓ ↓

AmazonでバーチャルオフィスはOKだったって!

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ