初心者向けのFTTTPの使い方「アップロードの作業方法」

初心者向けのFTTTPの使い方「アップロードの作業方法」

 

「アップロードの方法がわからない!」

 

動画や音声、データーファイルなどをサーバーにアップロードさせるには、

FTPソフトが必要になります。

 

 

このFTPソフトと言うのは、

ファイルの転送を簡単に出来るツールの事です。

 

 

インターネットビジネスをやっていくのであれば、

ファイルのアップロードの方法だけは最低限覚えておく必要があります。

 

使い方は色々ありますが、

初心者でも日頃から使う事が多くなる、動画や音声、PDFなどの、

ファイルをアップロード出来る方法だけでも十分ですので身につけましょう。

FTPソフトの種類

・FFFTP

SnapCrab_NoName_2016-2-7_17-22-9_No-00

 

Windows用のFTツールの中でも有名なソフトです。

 

多くの人が使っているFTPソフトなので、

何かわからない事があってもすぐに解決出来るくらいの情報があるので、

使いやすさとしては抜群です。



・FileZilla

SnapCrab_NoName_2016-2-7_17-55-4_No-00

FFFTPソフトに続いて多くの方が使っている、

Windows・Mac両方で利用可能なFTPソフトです。

 

 

画面が2カラム(2つに別れている)ので、

とっても見やすく目的のファイルを探しやすいです。

 

 

色々な機能があり初心者にはとっつきにくい点もあるかもしれませんが、

使い慣れるとこちらの方が良いという人も多いです。

 

 

他にもたくさんFTPソフトはありますが、

この2つのどちらかを使って頂ければ全く問題が無いと思います。

 

僕はFFFTPを使っているので、

今回はFFFTPソフトを使って解説していきます。

FFFTPソフトのインストール方法

まずFFFTPソフトをインストールしなくては使えませんので、

こちらのサイトからインストールして下さい。

もちろん無料ですので安心して下さい。

 

FTTTPー窓の杜ライブラリ

 

ダウンロードボタンを押してダウンロード開始したら、

この様な画面が出ます。

 

ここで次へを押します。

SnapCrab_NoName_2016-2-7_17-34-48_No-00


次に、

この画面になったら、次に行って下さい。



SnapCrab_NoName_2016-2-7_17-46-43_No-00




この画面でファイルのコピー先を指定して下さい。

わからない場合はそのまま次へをクリックです。



SnapCrab_NoName_2016-2-7_17-57-25_No-00


この画面で次へを押すとインストールが開始されます。



SnapCrab_NoName_2016-2-7_18-4-48_No-00

お疲れ様でした。

これでFFFTPのインストールは終了です。

FFFTPの起動方法

インストールが完了したらデスクトップに、

FFFTPアイコンが作成されますのでダブルクリックして起動します。


SnapCrab_NoName_2016-2-7_18-24-8_No-00

ショートカットが見つからない時は、

スタートから検索窓でFFFTPと入力すると出てきます。

FFFTPの初期設定方法

サーバーに接続するにはFFFTPで新規ホストを作成します。

新規ホスト(N)をクリックして下さい。

SnapCrab_NoName_2016-2-7_18-36-41_No-00


そうするとホスト設定画面が表示されます。



SnapCrab_NoName_2016-2-7_18-47-2_No-00

必要事項の入力

ホスト画面では赤く囲った項目に必要事項を入力していきましょう。

僕はXサーバーなので、ホストの設定名はXサーバーにしています。

 

他の項目はXサーバー導入した際に送られてくる

メールに記載されている「ホスト名、ユーザー名、パスワード」を入力していきましょう。

SnapCrab_NoName_2016-2-7_18-53-30_No-00

ローカル初期ホルダやホスト初期ホルダは特にいじらなくても問題ありません。

FTPソフトが使えるようになってきたら設定していきましょう。

 

必要情報を入力したら、

早速サーバーに接続してみましょう。

FFFTPでサーバーに接続

では、

実際にFFFTPでサーバーに接続してみましょう。

この画面でOKを押して接続開始です。

SnapCrab_NoName_2016-2-7_20-5-48_No-00

先ほど必要事項を入力したホスト設定名で、

OKを押して接続していきましょう。

 

暗号化の状態を保存しますか?と言う項目が、

出ると思いますがどちらでも構いません。

 

クリックして次にいくとFFFTPの画面に切り替わります。

FFFTP画面の使用方法

接続が正しくされるとこの様な画面が出ます。

SnapCrab_NoName_2016-2-9_13-48-40_No-00



左がPC上にあるデーターが反映されています。


右がサーバー上にアップロードされたデーターです。

今後FFFTPを使う時はこの画面が基本となります。

 

動画でも解説していますので、

こちらを確認してください。

↓ ↓ ↓

 

サーバーにアップロードする場合は、

ご自分の使用しているドメインのフォルダをクリックして、

下の階層に移動して下さい。

 

Xサーバーの場合アップロード先は、

public_htmlになりますので、ご使用のドメインをクリックして、

SnapCrab_NoName_2016-2-7_20-29-30_No-00
この階層のpublic_htmlをクリックです。

SnapCrab_NoName_2016-2-7_20-33-3_No-00


今後からはpublic_htmlの階層の直下でデーターを、

アップロードしていくことになっていきます。

 

データーのアップロードの仕方は、

左のPCデーターからドラック&ドロップで移動させる事でアップロード出来ます。


SnapCrab_NoName_2016-2-7_20-47-49_No-00


同じ要領でデスクトップに保存したPDFや動画、音声ファイルなどを、

アップロードすることが出来ます。

※注意点としてはアップロードする際のファイル名は英語表記厳守です。

アップロードしたファイルの反映方法

サーバーにアップロードが完了したら、

今度はインターネット上に反映させます。




インターネット上に反映させたいデーターを見つけて、



SnapCrab_NoName_2016-2-7_20-57-29_No-00

右クリックを押して、URLをクリップボードへコピーを押します。

コピーしたURLはこの様な感じになっているはずです。

SnapCrab_NoName_2016-3-23_9-1-10_No-00




ftp://自分のドメイン/public_html/サーバー上のファイル名/データーファイル名

 

このままではインターネット上で反映させる事は出来ないので、

修正する必要があります。

 

 

修正したURLは、

 【http://自分のドメイン/サーバー上のファイル名/データーファイル名】

この様な形になります。

 

 

要するに、

httpに修正して、public_htmlを削るということですね。

 

ここまで出来ればグーグルの検索窓に貼り付けて、

アクセスするとデーターが反映されます。



SnapCrab_NoName_2016-2-7_21-34-50_No-00

まとめ

インターネットビジネスをやる上で絶対に必要になるのが、

データーをアップロード出来るスキルを身につける事です。

 

 

資産となるコンテンツを作っても、

インターネット上に残せないのは致命的です。

 

 

初心者の時はFTPでアップロードする方法が苦手な人も多いですが、

必ず必要になるスキルなので、頑張って身につけていきましょう。

↓   ↓   ↓

え?ヤマトとヤフオクがタッグを組んだって??

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ