ヤフオクの週末仕入れは厳しい【入札ライバルの増加】

ヤフオクの週末仕入れは厳しい【入札ライバルの増加】

 

「落札出来ない」

 

ヤフオクってAmazonの相場を知らない人もいるので、

安く仕入れが出来るとっても重宝するサイトです。

 

 

最近のヤフオクは落札者側に有利な状況が生まれてきているので、

利用者もうなぎ登りです。

 

 

・ヤフネコパックサービスの開始

・かんたん決済の落札者手数料無料

 

 

このように仕入れに有利なサービスが開始されているので、

ヤフオクを利用する人が多くなっているのは体感しています。

 

ちょっと待て!ヤフネコパックって何?って場合は、

ヤマト運輸とタッグでお得に利用できるサービスを見ましょう。

入札のタイミングはどうすればいいの?

そして、

その中でも最近よく思うのが週末の入札数です。



SnapCrab_NoName_2016-2-26_13-30-28_No-00

ほとんどが週末に設定されているのがわかると思います。

 

 

出品者は出来るだけ高値で売りたいわけなので、

週末などを狙い自宅でゆっくり仕入れをしている、

サラリーマンをターゲットにしています。

 


なので、

土日に仕入れするのを避け平日に出品終了する商品を入札することで、

必要以上に高値で落札しなくても済むわけです。

ヤフオク仕入れのポイント

稼げる商品が見つからない場合ってよくあると思います。

そのほとんどが最初から絞り込み過ぎている可能性が高いです。

 

 

何か特定の商品を仕入れたい場合は商品タイトルで検索すると良いですが、

単純に稼げる商品を見つけたい場合は、商品知識があまり無いときは、

検索での絞込をし過ぎると利益の出る商品の取りこぼしをしてしまいます。

 

・絞り込みを緩くした時

SnapCrab_NoName_2016-2-26_13-47-26_No-00




・絞り込み検索ワードを増やした時

SnapCrab_NoName_2016-2-26_13-47-41_No-00

約80件の検索結果違いがあります。

その中には稼げる商品が眠っている可能性も大いにあります。

 

 

もちろんある程度商品知識が身につけば、

絞り込み検索は有効です。

 

 

なぜなら、

検索数が少ないと言うことはライバルが、

確認していない場合もあるからです。

 

 

どちらが正解と言うのはありませんが、

全く商品知識が無い場合は、初めは検索キーワードも緩くして、

入札数があるものからリサーチしていくと、価格差のある商品がどれなのかわかると思います。

 

 

ただ、ヤフオクで商品を探す場合には、

キーワード選定もかなり重要です。

 

 

そのキーワード選定については、

「ヤフオク商品タイトル文字数制限が全角65字に変更になったよ」の記事の、

後半でサジェストキーワードの使い方を解説しています。

 

 

話を戻しますが、

ヤフオクで効率よく仕入れをするためには、価格差のある商品をリスト化したり、

ウオッチリストに入れたりして仕入れのチャンスを狙います。

まとめ

ヤフオクでの落札率を上げるには、

平日に出品が終了する商品を狙い、
入札数が多すぎないものに絞ること。

 

 

そうすることで、

ライバルが増え続けているヤフオク仕入れも、

一捻り加える事で仕入れがしやすくなりますよ。

 

 

ヤフオクでもAmazonでもリサーチする時に、

凄く使える無料ツールがあります。

 

 

もちろん僕も使っています。

かなり時間の効率化を図れるので是非インストールして使ってください。

↓↓↓(クリックしてください)

関連記事:せどりで使えるRapture

関連記事:利益の出る商品の検索スピードを上げる方法

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ