【悲報】アカギ遂に連載終了【何年やってたの?鷲巣麻雀】

【悲報】アカギ遂に連載終了【何年やってたの?鷲巣麻雀】

 

「遂に終わる」

 

アカギという漫画をご存知でしょうか?

麻雀漫画なのですが、キャラクターに特徴があって、

ぱっと見て「あ!カイジ?!」と勘違いしてしまう人もいるかと思います。

 

 

賭博黙示録カイジ」は映画化されていて、

藤原竜也が主演で演じていたので知っている人も多いかもしれません。

 

作者の漫画は独特なタッチで描かれているので、

すぐにわかると思います。

 

そして、このアカギも長く連載されていましたが、遂に連載終了となります。

27年に終止符を打つ漫画「アカギ」

作者、福本伸行さんの漫画も色々ありますが、

なかなか終わらない事で有名ですね。

 

 

とにかく長い連載で有名ですが、

ギャンブル漫画の中でも心理戦は非常に面白く結構好きな部類の漫画です。

 

 

そこが惹きつけられるからこそ、

コミックになったり映画になったりしますよね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アカギ(33) [ 福本伸行 ]

価格:702円(税込、送料無料) (2017/2/13時点)



 


そして27年間に渡る連載をしてきた「アカギ」ですが、

遂に連載終了・・・・・・

 

 

って終了するまでまだ11回もあるんです。

長いよ!と突っ込んでしまいそうですが、色々理由があるんでしょうね。

 

 

僕は市川戦まではかなり見ていましたが、その後は引っ張り具合といいますか。

何度も同じような同じ説明があったりで、もう見なくなってしまいました。

 

 

27年間漫画を描き続けるのも大変ですが、

ストーリーを引っ張り続けるのを見るのも相当大変です。

 

 

半荘1回で数年間やっていましたからね。

どこまで引っ張るんだよ!って突っ込みたくなる時がありましたから。

アカギはスピンオフ作品だった事実

実は僕は知らなかったんですが、

アカギは「天」という漫画のスピンオフ作品だったんです。

 

僕はあまり「天」という漫画を見たことがないですが、

この「天」もかなり面白いということです。

麻雀漫画にはスピンオフ作品が多い

麻雀漫画、特に福本伸行さんの作品はスピンオフ作品が多いですね。

「天」→「アカギ」→「ワシズ-閻魔の闘牌-」というように、

スピンオフのスピンオフまであるからよくわかりませんw

 

 

ただ、

主役を食ってしまう位の人気があると言うことは、

キャラクターそのものに惹きつける何かがあるのは間違いないですからね。

アカギの連載終了の最終回はいつなの?

連載終了ということで、最終回がいつなのか、

凄く気になると思いますが、調べてみると驚愕の事実が・・・・・

冒頭の記事でお伝えしましたが残り11回あります。

 

11回という回数を日付に直すと・・・・・

 

 

「2018年2月1日の発売号で最終回」

 

 

あと1年もあるじゃないですか。

今から連載終了と告知する意味があるんですかね?

 

 

おそらく出版社と作者で、どこまで続けるのか打ち合わせがあったと思いますが、

あと1年頑張ってくれ!ってのが本音だったりするかもですね。

 

 

すでに、

新しい連載漫画は3巻まで描いていますからね。

気持ちはそっちに行っているのかもしれません。

まとめ

色々な意見がありますよね。

長過ぎるとか、遂に終わりか~とか。

 

でも、27年間描き続けたってのは凄いことだと思います。

しかも、1作品だけでなく、様々な作品を描きながら続けてきた、

継続力には脱帽です。

↓ ↓ ↓

テレビアニメ最新作が2018年放送でマクロス始まるよ!

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ