家電せどりでの保証書の取り扱いについて

家電せどりでの保証書の取り扱い大丈夫?

 

 

「家電の保証書はどうするの?」

 

 

せどりも色々なジャンルがありますが、

今回は家電せどりについて解説していきます。

メーカー保証書について

家電を仕入れた際に保証ってどうするんだろう?

こういった悩みはあるものです。

 

 

僕の場合は家電ではなくゲーム機本体でしたが、

保証書ってどうすればいいのか全くわかりませんでした。

 

 

いつくか疑問があったんです。

・メーカーの保証書は商品に同梱するのか?

・販売店の貼付レシートをメーカ保証書につけるのか?

・販売店の捺印があるメーカー保証書はどうするのか?

 

 

色々悩みはあったのですが、

経験やAmazonテクニカルサポートで聞いた話しをまとめると、

店頭で保証書に捺印された場合、されなかった場合どちらのケースも、

必ず商品に同梱しましょう。

 

 

購入した店舗での捺印があった場合は、

購入日より保証が適用されます。

 

逆に店舗での捺印がない場合には、

Amazonで購入した日からの保証期間になります。

 



どちらにせよ、

保証書の有る無しに関わらず必ず商品説明欄には記載するようにしましょう。

SnapCrab_NoName_2016-2-28_15-42-4_No-00

もうおわかりだと思いますが、店舗で保証書に捺印されない方が、

購入者にとってはお得と言うことになりますね。

 

 

これを知っていた僕は、

「店頭で保証書に捺印しないで下さい」というのも、

非常に不自然だと思ったので、「プレゼント用なので捺印はしないで下さい」と

言うようにしています。

 

 

この言い回しで「ダメです」と言われた事はほとんどありません。

過去に1度だけ押された事がありましたがほとんどは大丈夫でした。

販売店が発行した貼り付け用レシート

販売店が発行した貼付用レシートについてですが、

これは同梱してもしなくてもどちらでも構いません。

 

 

このレシートに関しては自宅で保管してください。

 

 

貼付用レシートを同梱しない場合は、

初期不良や保証期間内に故障があった際に、

保証の対応を自分でする必要があります。

 

 

初期不良があった場合、

一度商品を返品してもらい自分でメーカー保証を受ける場合に使います。

 

 

貼付用レシートを同梱する場合には、

購入者がみずからメーカーへ保証を受けることになるので、

僕達が何かする必要はありません。

まとめ

家電やゲーム機本体などに付いている保証書の扱いについて、

疑問がある場合も多いと思いますが、基本的には、

店舗の捺印が有る無しに関わらず同梱すること。

 

 

商品説明欄にも記載することで、

クレームを減らす事が出来るのでしっかり記載して販売していきましょう。

↓  ↓  ↓

大人気フリマアプリの種類がこんなにあるの知ってる?

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ