初リアルセミナー講師【あがり症の克服と対策】

初リアルセミナー講師【あがり症の克服と対策】とは?

 


「めっちゃ緊張する」

 


2016年3月5日僕は人生初のリアルセミナー講師をやることになった。

 

 

現在進行系の企画の目玉特典とも言えるリアルセミナーなんだけれど、

ハッキリ言って自分には重すぎるんじゃないかと思う。

 

 

せどりで稼いでいる人って世の中に死ぬほどいるのに、

その中でなぜ自分なのか?と少々疑問な部分もあるけれど、

企画の目玉なんでやるしかない!と自分を奮い立たせています。

 

 

でもね、

やっぱりやっちまった。

 

 

僕の場合、

大きな行事や出来事がある時にはしっかり準備をして、

万全の体制でいつも挑むのですが、いつも肝心なところで凡ミスをしてしまう。

 

 

今回のケースでは、


・セミナー資料はしっかり作った。

寝過ごさないように目覚ましを2つかけた。

・ブログもしっかり更新した。

・仕入れも旅先でやっておいた。

 

 

でもね、

一番肝心な事が出来なかったんです。

 

 

それは・・・・・・・

 

 

「キャリーケースが開けられない!!」

 

 

そう、

身だしなみは必要だと思って、

キャリーケースにスーツを入れて持って来たのに、

開けられないんです。

 

 

よ~~~~く考えてみたら、

新千歳空港の近くの駐車場管理会社に車を預けて来たのだけれど、

今回は車の鍵だけでなくぜ~~~んぶの鍵預けてきちゃった。

 

 

キャリーケースの鍵もね。

 

 

やっちまった!!

 

 

はるばる北海道から来て、

昼間は東京観光しながら開かない箱をズルズル引きずってホテルまで来て、

いざ着替えようと思ったところで事態に気づくなんて・・・・・・・・・・・

 

どんだけ天然なんだって話。

 

 

もうね、

笑いのネタにしかならないよね。

 

 

せっかくYシャツも新しい物を購入したのに、

スーツが着れないじゃね~~か!と、自己嫌悪に陥ります。

 

 

ほんとに困った性格です。

 

 

セミナーを開始する当日にこういう事態が起きると、

もうどうにでもなれっていうか緊張もほぐれます。

 

 

あがり症の僕でも、

本番前にやらかしてしまったら、

笑いのネタにも出来たし、気持ちも楽になった。

 

 

所詮、

実力以上のものは出せないし、

初めてで完璧を求めること事態がそもそも無理なわけで・・・・・・・・・

 

 

素の自分を出した方がいいよと、

神様のお告げなのかもしれないですね。

 

 

しかし、

こういう事は本当に僕の場合よくあるので、

 

 

「あなたってネタに困らないよね」と奥さんに良く言われます。

 

 

自分は超真面目に取り組んでいるのですが、

結果ネタになってしまっている自分が恥ずかしい。

 

 

つまり、

あがり症を克服するには、



「大きな舞台や出来事に対する不安や緊張はあると思うけれど、

自分がその場、雰囲気を楽しめるかどうかが大事と言うこと」

 

 

僕のように大きなチョンボをする人ってそうそういないかもしれないけれど、

逆に美味しいと思うので、真似はしなくてもいいですが、

こういう事態も楽しめると気持ちが楽になりますよ。

↓  ↓  ↓

Amazonで安く商品を買える方法って知ってる?

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ