予約転売の方法と注意点【予測が大事】

予約転売の方法と注意点と未来予測

 

「正直経験が大事」

 

ほとんどリサーチすることも無く、

在庫も持たなくていい上に、商品は販売した後に仕入れるので、

資金が少ない人にはとっても魅力的に感じる新品予約販売をあなたは知っていますか?

 

 

ここまで読んで頂いたら、

何て素晴らしい手法なんだろうと思うかもしれません。

 

 

ですが、

予約転売は上級者向けの仕入れ手法と僕は考えます。

 

 

その前に、

予約転売がどういうものか具体的な手順を簡単にまとめると、

・発売前の人気商品をリサーチ。

・発売日に商品が手に入るように予約注文をする。

・予約商品を仕入れた価格に利益を上乗せて予約出品する。

・予約販売した商品が売れたら、仕入れた商品が届き次第発送する。

流れとしてはこのような感じ。

 

 

仕入れから出品までは非常に簡単なんですが、

新品予約転売は仕入れの判断が非常に大事です。

 

 

まず、

人気のある在庫が切れそうな商品を仕入れることが、

大事なんですがここが1番難しい。

 

 

なぜかというと、発売日後にプレ値になるかどうかの、

判断をして仕入れをしなくてはいけないからです。

 

 

通常のせどりは後出しジャンケンと言われていて、

利益の出る商品とわかっていて仕入れるから稼ぎやすいんです。

 

 

ですが、

予約転売の場合は、稼げる商品かどうかをあらかじめ予測して仕入れる。

リスクがある手法なんですよね。

 

 

圧倒的な人気商品なんかは、

すぐにネットショップでも全滅になるので、

Amazonでも在庫切れする確率は高くなりますが、

その反面、僕達せどらーが一斉にAmazonに商品を送り込むと、

一気に価格暴落の恐れがあります。




ここが凄く難しい。

 

商品自体の出荷本数まで把握できれば、

予約転売の手法もかなり使えると思いますが、

そういう情報はシークレットだったりするから、

普通の人には無理ですよね。

 

 

なので、

僕の過去記事にも書いている、

keepaである程度予測をすることが大事になってきます。

 

 

例えば、

このグラフはある商品の在庫状況なのですが、

発売日が4月以降です。

SnapCrab_NoName_2016-3-18_21-11-37_No-00

このようにAmazonの在庫がほとんどない状態のグラフでも、

赤い丸の所はAmazonの在庫が復活している場合があります。

 

 

このようにAmazonの在庫が切れている商品なら、

商品が発売後もプレ値になる可能性が高いので、

発売日前に仕入れて販売していくのもありです。

 

 

逆に、このように発売日までAmazonに在庫がある場合は、

利益が取れるどころかマイナスになってしまう可能性が高くなってしまいます。

SnapCrab_NoName_2016-3-18_23-13-30_No-00

もちろん、発売日後にAmazonが在庫切れをおこし、プレ値になる場合もありますが、

予測で仕入れるのはかなりリスクが高くなります。

 

 

どちらの事例も仕入れリスクはあると言うことですね。

でも、仕入れ判断が決まった時には大きな利益を得ることも出来ますし、

リサーチする時間が無い人や仕入れ資金が少ない人でもガツッと稼ぐことが出来ます。

 

 

ただ、

冒頭でも言ったようにどんな商品がプレ値になるかは、

プロでも100%読み切ることは出来ませんし、予約販売の経験も積まないと、

赤字になる商品ばかり仕入れてしまいがちです。

 

 

つまり、

「予約販売で稼ぐためには、

市場の流れを明確に出来るまで経験を積み、

仕入れをしていくことが大事」ということです。

 

 

簡単そうに見える手法でも、

かなりの経験を積まないと失敗することもありますよ。

↓  ↓  ↓

仕入れ判断を明確にするにはこれが一番ですね

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ