WordPressの追尾プラグイン【スクロールの追尾設置が簡単】

WordPressの追尾プラグイン【スクロールの追尾設置が簡単】

 

「これは便利」

 

色々なブログを見ている時に気づいたんですが、

サイドバーのパーツの1部をスクロールしても追尾してくるものがありました。

 

「あれいいな」

 

ということから調べてみた結果、

追尾できるプラグインを見つけることが出来たので、解説していきます。

 

 

ちなみに、

意味が良くわからないという場合もあるので、

画像も載せてみるとこんな感じ。

【スクロールする前】

  【スクロール後】

    

 

ちょっとわかりにくいかもしれませんが、

記事を読み進めても一番下のパーツだけが、

スクロールしても、ついてくるプラグインがあるのです。

 

ということで、

この追尾型プラグインの設定方法を解説していきます。

はじめに注意点があります。

この追尾型プラグインですが、

とても便利ですし、追尾してくれるのでインパクトもあります。

 

なので、

ついついアドセンス広告を貼りたくなると思いますが、

アドセンス広告を追尾させるのは違反行為となっています。

 

 

アドセンスの事を色々調べると出てくるのですが、

あまり知られていないのですが、プレミアムアカウントというのがアドセンスにはあります。

 

一般の人は、まずこのプレミアムアカウントになることは出来ませんので、

とにかく追尾型プラグインにアドセンスを貼るのは止めましょう。

 

それを踏まえた上で、追尾型プラグインの設定方法を解説していきます。

サイドバーの一部を固定できるQ2W3 Fixed Widgetの導入方法

まず、はじめにプラグインを追加するために、

ダッシュボードからプラグインにカーソルを合わせて、新規追加を選択しましょう。

 

 

プラグイン追加の画面になりましたら、

右側にある検索窓に「Q2W3 Fixed Widget」と打ち込みましょう。

 

画像と同じプラグインなら間違いないので、今すぐインストールを押しましょう。

インストールが終わりましたら、「有効化」をしましょう。

 

追尾型プラグインの導入はこれで終了です。

サイドバーに追尾するプラグインの設定方法

次はサイドバーに追尾型プラグインを、

設置する方法について解説していきます。

 

まずはじめに、

外観からウィジットを選択します。

 

次にウィジット画面に移動しましたら、

追加したいパーツを選択します。

 

 

今回はテキストで解説していきます。

 

ここに追加したいパーツを導入して、

最後に「Fixed widget」のチェックボックスに、

チェックを入れて保存を押すだけです。

 

設定はこれだけです。

 

ご自身のブログにアクセスして、

追尾がしっかりされているか確認してください。

追尾されていたら設定は終了です。

 

 

ちなみに、

パーツの調整が上手くいかないという場合があります。

僕のやり方なんですが、こちらの記事の後半に記載されている、

設定方法で作ってからテキストに貼り付けています。

 

 

他にも方法はあると思いますが、

僕はこれが一番しっくりくるので今回お伝えしました。

↓ ↓ ↓

楽天アフィリエイトは今も稼げるのか?

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ