AmazonFBAマルチチャネルの無地箱申請方法

AmazonFBAマルチチャネルの無地箱申請方法

 

「FBAの納品先を固定?」

 

無地化って何?って思う人もいるかと思いますが、

Amazonで商品を注文するとこのようなロゴ付きのダンボールで商品が届きます。

 

 

ここで少し話を変える必要がるのですが、

AmazonFBAサービスでは、梱包・発送を完全に委託することが出来ます。

 

マルチチャネルというサービスですね。

FBAマルチチャネルとは?

FBAマルチチャネルサービスとは、自社のECサイトや実店舗、オンラインショッピングモール店舗など、Amazon以外の販売経路で販売している商品の出荷・配送・在庫管理までを、Amazonが代行して運用する物流サービスです。面倒な初期設定や固定費は一切不要。出品管理ツール(セラーセントラル)からの出荷依頼だけで簡単、手軽にご利用いただけます。複数の販路で商品を販売されている方、多店舗展開や販路拡大を検討中の方、物流のアウトソーシングをお考えの方におすすめのサービスです。

 

つまり、Amazonの倉庫にある商品を別の販路で、

販売することが出来るサービスなんです。

 

 

このサービスを使うことによって、

Amazon以外の販路でも収益を拡大出来るので、

使い方次第では大きな利益を生むことが出来るとっても便利なサービスです。

 

 

ただし、

このサービスを普通に使ってしまうと、

上記の画像で確認して頂いたAmazonのロゴが入った、

ダンボールで商品が届いてしまいます。

 

 

例えば、

楽天で商品を購入した消費者が、

配達されてきた商品を見た時にAmazonのロゴが入った、

ダンボールで届いたら不審に思いますよね?

 

 

「Amazonでは注文していないけど?」

 

 

Amazonで商品を注文していないのに、

楽天で商品を購入したら、何故かAmazonから商品が届いた・・・・・・・・

 

 

これって完全にクレームになります。

 

 

個人情報が流出しているとか、

別の配達先の商品が自分の家に届いたとか、

思いっきり勘違いをしてしまいます。

 

 

 

つまり、

完全に委託出来るといってもAmazonのロゴが入っていたら、

他の販路で購入した消費者が不審に思ってしまうわけです。

 

「このロゴどうにかならないかな?」

 

それを解消するのが、マルチチャネルの無地化です。

 

 

 

というわけで、とっても便利なFBAマルチチャネルサービスを使う時に、

無地のダンボールを使うことが出来るようにする申請方法について解説します。

無地ダンボールでの出荷対応について

無地化のダンボール申請方法については、

こちらのAmazonヘルプページにアクセスしてください。

 

アクセスしましたら、下記の画像の赤い囲み枠の「こちら」という、

ところをクリックして頂くと申請に必要なテンプレート(雛形)が出てきますので、

そちらに必要事項を記入してメールするだけです。

クリックすると巨大化します

 

上記の画像を見て頂くとわかりますが、

申請に必要なのは出品者の正式名称とEメールアドレスだけです。

 

 

テンプレートに沿って書いたメールを、

Amazonに送信するだけで、早ければ数日でFBAマルチチャネルサービスを、

利用した際にダンボールを無地にしてくれるようになります。

無地化による恩恵とは?

そして、

この無地化には別の恩恵もあります。

それはFBAの納品先を固定出来るということです。

 

 

現在Amazonでは納品先の指定をしないと、

Amazon側で自動的に納品先を決められてしまいます。

 

 

FBA倉庫の所在地に関しては、

下記の画像を御覧ください。

クリックすると巨大化します

あなたの地域にもよりますが、

自分の地域から一番遠い倉庫に自動振り分けされると、

それだけで、商品が到着する日数もかかりますよね。

 

 

それを無地ダンボール申請をすることで、

自動的にFBA納品先倉庫が下記の倉庫に固定されます。

 

  • 小田原FC(神奈川 FSZ1)
  • 川島FC(埼玉 HND3)
  • 大東FC(大阪 KIX2)
  • 川越FC(埼玉 NRT5)

 

 

しかも、

この記事を書いている現時点で、

AmazonはFBA納品時の配送料を無料にするキャンペーンを開始しています。

詳しくは、【速報】FBA納品時の配送料無料の別記事を、

確認してください。

 

 

別記事に書いてあるキャンペーンなんですが、

実は配送料を無料にするには、納品先の指定解除をしなくてはいけません。

 

 

ということは?

結局無地化にして納品先を固定しても意味ないのでは?と、

思ってしまいますよね?

無地化による固定も解除になるのか?

という事で、

この件について僕はAmazonテクニカルサポートに連絡してみました。

 

ご担当者様

Amazonテクニカルサポートよりご連絡いたします。

お問い合わせいただきました、「FBA納品時の送料無料キャンペーン」についてご案内いたします。

今回のキャンペーン要件にございます「納品先指定」と「無地ダンボール利用による固定」は別の扱いとなります。

あくまでも今回の要件に「無地ダンボール利用による固定」は含まれませんため、キャンペーン期間中に納品先の固定を行わない限りはキャンペーンの対象となりますのでご安心くださいませ。

もちろん、キャンペーンのご利用のために「無地ダンボール利用による固定」を解除していただく必要はございません。また、特にキャンペーンの申請なども不要となります。

 

つまり、

無地化をすることで納品の指定が無くても、

ずっと固定で無料配送されるということです。

 

 

別記事で配送料を無料にするには、

納品先の指定解除しなくてはいけないから、ちょっとガッカリしていましたが、

無地化申請をすることによって納品先は固定でき、さらに配送料も無料に出来るわけです。

 

 

ただ、

ここで1つ疑問が残りますよね?

 

 

今から無地化申請しても送料無料になるのか?

納品先は上記の4箇所になるのか?

 

 

具体的な内容がわからないと無地化申請する意味が、

あるのかないのかわからないので、テクニカルサポートに聞いてみました。

 

Amazonテクニカルサポートにお問い合わせいただき、ありがとうございます。

このたびは、当サイトをご愛顧いただいておりますことを心より御礼申し上げます。

また、本日お電話をさせて頂きましたが、ご出品者様とお話しする機会に恵まれませんでしたので、

メールにてご案内させていただきますことをご了承くださいませ。

今回お問い合わせいただきました パートナーキャリア利用でFBA納品時の送料無料キャンペーンについてご案内いたします。

1.無地化申請を今から開始しても特に今回の配送料無料に影響はないのでしょうか?

影響は全くございませんので、ご安心くださいませ。

ダンボールの無地化申請に関しましては、納品先指定とは全く異なるものでございますため、

無地化申請していただいても配送料無料が対象でございます。

2.今から無地化申請をしても納品先固定扱いになるのでしょうか?

無地化申請をしていただいも、納品先固定扱いにはなりません。


という事で上記の内容の通り、

今から無地化申請をしても送料無料で納品できますし、

無地化による納品先の固定も無事というわけですね。

 

 

2の回答はおそらく、納品先を指定している内容についての回答でしょう。

 

 

無地化は納品先の指定というシステムではないですからね。

あくまでも、無地化申請した場合は納品先が、

 

  • 小田原FC(神奈川 FSZ1)
  • 川島FC(埼玉 HND3)
  • 大東FC(大阪 KIX2)
  • 川越FC(埼玉 NRT5)

になるよという事ですから。

 

 

そう考えるとやっぱり、

一石二鳥ですよね。

 

 

ということで、まだ無地化申請をしていないなら、

今すぐ申請をしましょう。

↓ ↓ ↓

甘~いきつねもう食べました?

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ