予約販売・予約転売の落とし穴【Amazonの対応に愕然】

unnamed

予約販売・予約転売の落とし穴【Amazonの対応に愕然】

 

「なんだよそれ!」

 

予約販売・予約転売をやっている人は注意してほしいことがあるので、

ここからの話はしっかりと確認して頂きたい。

 

 

今回僕は、ある商品の予約注文受けました。

すでに商品は注文されているので、Amazonから購入した商品の到着を待って、

梱包して購入者の元に発送する手順でいつも通り作業をする予定だった。

 

 

ところが、届いた商品のダンボール箱を開けたところ、

購入した商品の箱がベコベコだったんです。

 

 

最近、

Amazonから購入した商品は品質管理がしっかり出来ていないのか、

かなりの確率で商品に不具合が発生しています。

 

 

そして、

今回の商品もまたもや不具合が発生。

 

 

今回は予約注文の商品で、すでに出荷通知まで来ている商品。

僕は、すぐさまAmazonにクレームと対応を求め電話をしました。

(メールだと定形文で返って来ることが多いので、直接電話をしました)

 

 

そこで、

今回の商品はすでに出荷通知が出ている商品。

Amazonから買った商品はベコベコでとても新品では発送できる代物では無い事。

 

 

このような状況になっているので、

まずはこの商品についての対応をテクニカルサポート担当者に聞きました。

 

 

Amazonの回答としては、【返品の対応をするということ。】

まあ、普通はこれで解決する事かもしれません。

 

 

ただ、

今回はAmazonから購入した商品を予約販売しているし、

すでに出荷通知が出ているので、返品は難しいと判断しました。

しかも、聞いたところAmazonにも在庫が無い状態。

 

 

ですが、

Amazonの対応としては返品のみの対応ということでした。

「オイオイ!ちょっと待ってくれよ!」と僕は言いました。

 

 

仮に在庫が有る状態だったとしても、今から返品して新たに新品の商品を送ってもらい、

そこから購入者に発送しても、物理的に時間が足りないと伝えました。

 

 

Amazonの対応は「窓口が違う。購入者窓口の対応としては返品対応しか無いとの事」

 

 

なので、

僕は購入者窓口については、一旦保留して、

出品者窓口に電話を繋いでもらいました。

(またいつものたらい回しか?)

 

 

そこで、

出品者窓口の担当に詳細を説明したところ、

【どうしようも無いとのこと。】

 

 

は?Amazonから商品を購入したのにどうしようも無い?

在庫が無いのは分かった。でも、すでに出荷通知が来ている商品の対応はどうするのか?

そこをハッキリさせたくて突っ込んだ話をしたところ、

【出品者側でキャンセルしてくれとの事。】

 

 

こちらの記事にも記載しているのですが、出品者側で注文キャンセルをすると、

パフォーマンスに影響が出るんです。

 

 

今回、

僕には全く過失はありません。

なのにも関わらず僕が出品者都合でキャンセルしろと言われたのです。

 

 

さすがにそれは無いだろう!と担当者とのやり取りをしました。

今回の僕の状況はこうです。

 

・Amazonで商品は購入した。

・予約販売は在庫が確保出来てから販売した。

・商品はAmazon本体から届いたもの。

・商品はボロボロな上に在庫はAmazonに無い。

・注文キャンセルは出品者側で対応しろとの話し。

 

どう考えても僕に過失があるとは思えなく、

納得がいかないと、しつこく食い下がりました。

 

 

そもそも今回の一件だけでなく、

前回も高額商品の時に箱にベッコリ穴が空いていて販売するのに苦労したんです。

 

 

度重なる不具合に苛立ちを抑えきれなかったので、

明確な対応がなされるまで、話し合いを続ける予定でした。

 

 

そうすると、

Amazonの担当者がありえない事を言いました。

「ガイドラインには書いていませんが、

Amazonが発送する商品には品質が悪いものがあるので対応が難しい」との事。

 

 

僕はこう言ったんです。

「◯◯さん、それはAmazonは商品の品質に関して、

責任を持たないということですか?」と言いました。

 

 

そうすると、

担当者の方は、【Amazonはメーカーから仕入れて梱包しているので、

製品の状態までは把握出来ないと。】

 

 

「オイオイ本気で言っているのか!!」と言いました。

 

 

例え、

メーカーから仕入れていて横流しのように、

梱包だけして、発送しているだけだとしても、

「商品の不具合について責任が持てない」なんてそれが通るわけ無いでしょ?と言いました。

 

 

Amazonの看板を背負って販売している以上、

Amazon本体で販売している商品はAmazon本体で管理するものでしょ?と言いました。

 

 

例え、

商品状態が外から中身の状態がわからなくても、

Amazonに責任は無いってありえないでしょ?と言いました。

しかもガイドラインには記載していない。ってどういうこと?と加えて伝えました。

 

 

結局、

都合が悪い事は隠し、

上手くやりこんでいるということでしょう。

 

 

僕もAmazonを利用している以上、

ガイドラインや規約には神経を使い、パフォーマンスを今まで維持してきました。

 

 

ただ、

今回の一件は明らかにAmazonに過失があるにも関わらず、

商品の品質はAmazonは責任が持てない&注文キャンセルは出品者側でやってくれって、

到底納得できるレベルの話ではありません。

 

 

もちろん、

この後も担当者と話し合いをして、

購入者側に今回の一件の内容の話をして、

購入者側でキャンセルしてもらえるか聞いてもらえないかと、

Amazonに言われました。

 

 

僕としては納得がいかない点もありますし、今回はAmazonにも過失があるので、

補足説明をしてくれとの依頼をしたところ、

「Amazonは中立の立場上それは出来ない」との回答でした。

 

 

もうね、

完全に頭にきましたよ。

 

 

Amazon側は、僕達が神経を使って商品管理をして、

FBAや自己発送した商品でも、ありえないクレームで返品などを受けても、

それを真摯に受け止め、中古で販売したりその他の対応をしているのに、

本体はなんでも許されると思っている姿勢が本当にイラッときました。

 

 

Amazonを利用しているから仕方がない。

だったら使うな。と言う人もいるでしょうけれど、

 

 

組織として経営している以上、顧客対応やこういうトラブルはしっかり受け止め、

今後の対応策として吟味するべきだし、せどりをやる人が多くなって、

キャパを超えた為、品質管理に目が行き届かなくなったとしても、

 

 

「Amazonはメーカーから購入して梱包しているだけだから、

品質まで文句を言われても困る」というのは筋が通らない。

 

 

それが通用するのなら、

全ての物販ビジネスは崩壊します。

 

 

どこのお店だって、卸やメーカーから購入しているはず。

でも、商品に問題があった場合はまずは謝罪して、購入者が納得できる対応策を講じるはず。

(新しい商品が届くまで待ってもらうとか顧客対応するとか)

 

 

仮に在庫が無い商品でも、メーカーから発注した商品だったとしても、

絶対に自分のお店のせいではないなんて言うことはない。

 

 

それがビジネスであり、顧客に対する誠意でもあるし、

経営している以上当たり前の話しだと思います。

 

 

僕はこの商品がどうこうと言うよりは、今回の対応に心底イラッときましたし、

ガイドラインに書いて無いことを裏で平然とやっている事も納得がいきませんでした。

 

 

おそらく、

今回のようなケースは今後も絶対に出てくると僕はAmazon担当者に伝えました。

 

 

担当者は、今回のケースでは完全にAmazonの過失であったことを認め、

購入者側がキャンセルしてくれない場合、出品者側でキャンセルしても、

パフォーマンスに影響がないようにしてくれるとの話で解決しましたが、

今回のようなケースでは絶対に引き下がってはいけないことを学びました。

 

 

予約販売・予約転売は上手く使うと在庫を持たず、

利益を得る事が出来る反面こういった状況も、

必ず発生することがあると言うことを知っておいてください。

 

 

あと、

Amazonも都合が悪いことはガイドラインに書かず、

裏でやりたい放題やっていると言うことも知っておいて下さい。

 

 

所詮はAmazonというブランドと販売力を借りて、

販売している以上従うべきことなのかもしれませんが、

依存体質がいかに危険かということがハッキリ理解できました。

 

 

自分で稼ぐ力を身につけていったほうが、

大きな力に飲み込まれずビクビクすることも無く、

生活することが出来ると感じる事が出来ただけでも、

今回の事で学べたのはプラスになりました。

 

 

依存体質は非常に危険なので、

自分で稼ぐ力を身につけていきましょう。

↓  ↓  ↓

アカウント停止を回避する方法とは?

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ