Googleパーソナルライズ検索とは【あなたの検索順位は本物?】

Googleパーソナルライズ検索とは【あなたの検索順位は本物?】

 

「何か変だと思った」

 

自分の書いたブログ記事の検索順位って気になりますよね?

ブログアフィリエイトや、トレンドブログをやっているなら、

自分の書いた記事が今、どの順位にいるかチェックはすると思います。

 

 

僕も、

もちろん自分の記事が今、どの順位にいるか凄く気になるし、

それによってアクセスも変わってくるので、毎日チェックしています。

 

 

ただ、

自分の投稿した記事を検索してみると、何か妙に検索順位が良い時があります。

 

 

記事の狙い方によってはすぐに上位表示されるものもありますが、

基本、インデックスされたばかりの記事は、上位表示されるまでに時間がかかります。

 

 

なのに、

いきなり1ページ目に表示されてる・・・・・・・

 

 

検索需要が物凄く多くて、ライバルが強いと感じていて、

上位表示させるには、時間がかかるかも・・・・・・・

ただ、上位表示できれば、かなりのアクセスを集めることが出来る。

 

 

そう思って書いた記事だったのですが、

どういう理由かインデックスされて1時間くらいで、上位表示されていることがありました。

 

 

やった!と思った瞬間に何で?と疑問も出てきました。

そこで色々調べると、「パーソナルライズ検索」という言葉が出てきました。

パーソナライズ検索とは?

「パーソナルライズ」

別の呼び方で、パーソナルライド(personalized)と呼ぶ人もいます。

 

これはどちらでも、かまわないと思います。

 

このパーソナルライズは一体なんぞや?と言いますと、

※ユーザー個人の過去の検索履歴を基に、

 興味や関心事にあわせた最適な検索結果を返すGoogleの機能の事です。

 

 

つまり、

日頃から検索していた過去のデーターなどから、

Web上で最もあなたに適した検索結果を伝えてくれる機能のことなんです。

 

 

この機能は一般ユーザーにとってはすごく便利で、

検索した過去のデーターから導き出された結果をすぐに反映してくれるので、

あなたの好みにあった検索が出来るというわけです。

 

Googleってガンガン賢くなっていますよね。

 

ただ、

これは自分のサイトを持っている人にとっては、デメリットになる場合があります。

鵜呑みにすると判断を誤るパーソナルライズ検索

冒頭でもお伝えしましたが、

自分が投稿した記事の検索順位って物凄く気になるので、

こまめにアクセスしてキーワードから検索順位を見たりしていますよね?

 

 

そこで邪魔になるのがパーソナルライズ機能になるわけです。

 

 

閲覧数が多くなると、パーソナルライズ機能の影響によって、

自分のサイトが通常より上位表示されてしまい、本来の検索順位ではないのに、

上位表示されたと、勘違いして認識してしまう可能性があるんです。

 

 

僕もブログ記事の検索結果は気になるので、

定点観測をしているのですが、どうも検索する度に順位が大幅に違うので、

あれ?これって何か変?ってずっと思っていました。

 

実はパーソナルライズ検索機能が影響していたからなんですね。

パーソナルライズ検索を無効化にする3つの方法

パーソナルライズ検索機能は自動で行われるのですが、

無効化する方法がありますので、その方法を使って、

自分のブログ記事などを検索してみると、本来の検索結果が出ます。

無効化する方法は3つありますので、ご紹介させて頂きます。

【その1】シークレットモードに設定する

WebブラウザでGoogleChromeやFirefoxなどをお使いの場合は、

シークレットモードという機能があります。

 

シークレットモードは過去の閲覧情報を使わないので、

パーソナライズの要素が極力省かれています。

 

GoogleChromeの場合は、右上の点が3つある箇所をクリックして頂くと、

シークレットウィンドウを開く」とあるのでクリックすると、

下記のような画像が出ます。

 

ちなみに、

シークレットウィンドウはショートカットキーでも、呼び出すことが可能です。

GoogleChromeの場合は「ctrl+shift+N」でシークレットウィンドウが開きます。

 

 

Firefoxfoxの場合は、

右上の3本線をクリックすると、プライベートウィンドウと表示が、

出ますのでクリックすると、プライベートウィンドウが立ち上がります。

 

プライベートウィンドウはこんな感じです。

もちろん、

Firefoxでもショートカットキーが使えます。

「ctrl+sift+P」です。

 

 

Internet Explorerの場合は、

右上の3つの点をクリックして、「新しいInPrivate」を選択して頂ければOKです。

Internet Explorerでのショートカットキーは「ctrl+sift+P」です。

 

【その2】パーソナルライズ検索機能は手動でも無効化できる

パーソナルライズ検索機能を手動で無効化するには、

検索結果URLの一番最後に&pws=0」を入力してEnterを押しましょう。

【その3】Google検索の設定を変更すると無効化出来る

3つ目の方法ですが、

Googleで、まずは、ご自身の記事を検索してください。

 

検索結果が出ましたら、下記の画像の「設定」という部分をクリックしてください。

そうすると、「プライベート検索結果を表示しない」という項目が出ますので、

そこをクリックすると、シークレット検索と同じ環境設定にすることが出来ます。

 

まとめ

今回、

なぜ僕がこの記事を書こうかと思ったのは、

純粋な検索結果ではないかも?と思ったことがキッカケでした。

 

 

自分のブラウザでは検索上位にいるので、

自分のブログも強くなったな~。

 

 

なんて思っていたら、実は他の人から見たら上位表示されていない・・・・・・

 

 

という事が普通に起きるので、素の検索結果を知りたい時には、

シークレット検索機能を使ってみましょう。

↓ ↓ ↓

一括で定型文を貼り付ける事ができたら便利ですよ

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ