濃いメールアドレス(リスト)を無料で獲得する秘訣【生の反応が一番】

syuukyaku

 

濃いメールアドレス(リスト)を無料で獲得する秘訣【生の反応が一番】

 

「無料だけど1番効果がある」

 

アフィリエイトや情報発信で稼ごうと思ったら、

絶対に必要なのがリストです。

 

 

リストとは言い方を変えるとメールアドレスの事です。

このメールアドレスが無いと売り上げはずーーっと0円のままです。

 

 

なので、

あなたがアフィリエイトや情報発信で稼ぎたいのであれば、

メールアドレスを獲得する必要があります。

 

 

メールアドレスを獲得する方法

お金を使ってリストを買ったり、無料レポートを作ってリストを集めたり、

でも買ったリストや無料レポートで集めた読者って薄いメールアドレスなんです。

薄いメールアドレスというのは、反応があまり無いメールアドレスと言うこと。

 

 

例えば、

無料レポートで読者を集めて、

何万人の読者がいます!!と大々的にアピールしている人もいますが、

その読者の反応は意外に50人だったり100人くらいだったりするわけです。

 

 

メルマガを配信するにしても100人に配信するのと、

数万人に配信するのでは全ての人にメールが行き渡るまでに大きな時間の差があります。

 

 

8割9割反応が無い読者に向けて数時間かかるメルマガを配信するって、

なんか意味なくないですか?

 

 

そもそも属性が薄い読者に向けて興味を持たせ商品をオファーしていくことは、

容易ではありません。

 

 

やはり濃い読者、

要するに、反応の高い読者を集めた方があなたのファンになってくれますし、

毎回メルマガやブログを読んでくれます。

 

 

そのメルマガなんですが、せっかくしっかり読んでくれる、

読者を集めても、そもそもメルマガが届かないって事も実はあります。

そうならない為に、この設定は必ずやっておきましょう。

↓↓↓

メルマガが届かない理由とは?【ドメイン・SPFレコード設定方法】

 

 

そういう属性の濃い読者を多く獲得することが、

大きな売り上げに繋がっていきます。

 

 

僕は◯000人のリストがありましたが、

そのリストの半分以上が反応があまりなかったので、

「これって意味あるのか?」と思い、もっと読者とのコミュニケーションが取れるように、

反応が無い読者を自ら解除ました。

 

 

そこで思った事は、

「反応の薄い読者は全く意味が無い」ということ。

 

今は複数のメルマガを配信していますが、

その中の1つのメルマガ読者は200人程度です。

SnapCrab_NoName_2016-4-6_10-36-27_No-00

 

読者は多くないとアフィリエイトで稼ぐことは出来ないのか?

よく聞くのが普通は1万人ぐらいメルマガ読者を、

持っていないと10万円って出ない数字だと言われていますが、


僕はたった200人ちょっとのリストで日給9万円オーバーを稼いでいます。

123456789

 

これはアフィリエイトだけですね。

この他にも独自商品のオファーもしていたのでこの日だけで18万円位稼ぐことが出来ました。

 

 

別に自慢とかではなく、要するに薄い読者をいくら集めても、

稼ぐことは簡単ではないと言うことです。

 

 

逆に濃い読者に毎回しっかり価値ある情報や、

コンテンツを提供することでしっかりと反応が取れる読者になってくれますし、

強烈なファンになってくれるので、何か商品をオファーした時にも、

ご購入して頂けると言うことです。

 

濃いリストを手に入れるにはオプトインが大切

では、

濃い読者の集める方法ってどうやるのかと言うと、

オプトインページを作ることです。

 

 

オプトインページとはメールアドレスを入手出来るページの事ですね。

 

 

ランディングページやスクイーズページともいわれていますが、

要するに読者が登録したくなるようなページを作ることが、

濃い読者を獲得出来る方法です。

 

 

オプトインページをしっかり作りこむと、

1日3~5人、ブログが強い媒体になれば、

10~30人といったメールアドレスが集まるようになります。

 

 

トップアフィリエイターともなると1日100人以上にも及ぶといわれていますから、

その集客効果は物凄いです。

 

まとめ

つまり、

「反応が高い読者を集めるには、

読者自らが登録してくれるサイトを、

しっかり作りこんでいくということ」

 

 

あなたのファンになってくれる読者を集めることによって、

あなた自身も大きく稼げるようになりますよ。

↓  ↓  ↓

共感される文章の書き方とは?

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ