せどりの月商・月収の大きな違い【納税の義務と利益の残し方】

87

 

せどりの月商・月収の大きな違い【納税の義務と利益の残し方】

 

「ちゃんと利益残せてる?」

 

どうも、ウエハースです。

昨日はひたすら数字と睨めっこ。

 

今年の年収は早くも1300万円に到達してしまいました。

翌々年には消費税が課税されます。

 

稼げるようになると、

今度は税金の対策があります。

 

何も対策しないと恐ろしいくらい税金を持っていかれます。

 

せどりをやっている人は知っていると思いますが、

年間の売上げ額が1000万円を超えると、

消費税を支払わなければいけません。

 

単純計算で1000万円の売り上げだと、

現行の消費税が8%なので80万円の消費税が課税されます。

 

まあ、

これは単純計算のお話です。

 

本来はもっと節税出来ますが、

それでもこの半分は持っていかれます。

 

年間で売り上げ1000万円って、

実はせどらーなら簡単に行きます。

 

よく考えてみて下さい。

月商100万円超えしている人は確実に消費税課税対象者です。

 

そして、

消費税を支払うのは翌々年。

 

つまり、

2年後です。







Amazon規制の厳しくなるスピードや、

せどらーの新規参入者のあり得ない増加スピード。

 

これらに対応しつつ、

利益を上げていかないといけません。

 

正直、

利益率が15%程度では、

直ぐにパンクする時が来ます。

 

『ワーイ!今日も売れた♪』なんて、

目先の売り上げに踊らされていたり、







中身無い売り上げで喜んでいても確実に、

『その時』は来ます。

 

知っていますか?

 

税金の延滞や遅延は

サラ金よりエグい金利です。

 

しかも、

自己破産しても、

税金だけは残ります。

 

日本にいる限り、

税金からは逃れられません。

 

なので、

利益率が15%程度の月商1000万円超えは、

非常にヤバイです。

 

情報発信者でここに触れている人、

少ないと思いませんか?

 

発信している本人も気づいていない。

 

もしくはヤバさに、

気づいていないふりをしているだけなんです。

 

簡単に売り上げる事が出来るのが、

Amazonせどり。

 

でも、

売り上げれば確実に消費税を支払わなければならない時が来ます。

 

2年後にね。

 

2年後あなたのせどり人生は、

どうなっているでしょうか?

 

と言うより、

Amazonの対応がどうなっているんでしょうか?

 

ネット社会で2年と言う期間は、

リアルタイムの社会の倍くらいのスピードで進んでいます。

いや、もっと速いかもしれません。

 

ちょっと前まで使えた手法が、

一瞬で使えなくなる事なんて日常茶飯事です。

 

次々新しいノウハウの勉強や情報収集をしていかないと、

この世界では生き残れません。

 

それは、

私も同じ事ですが私は日々投資をして、

新しい事を学んでいます。

 

それが税金の勉強だったり、

せどり、アフィリエイト、情報発信です。

 

現実から目を背けている人が多いですが、

単純な売り上げに喜んでいると、

確実にパンクする日が来ます。

 

売り上げではなく、

利益を上げていきましょう。

 

逆に月商が50万円でも利益率30%の人の方が、

稼いでいる金額が実は多かったりしますからね。

 

見た目に騙されないようにしていきましょう。

 

『俺(私)は、これだけ売り上げてるんだぜ!』と、

たまに自慢する人いますが、

 

僕からしたら、

『へーーー凄いね』で終わりです。

 

彼等の2年後が、

楽しみでなりません。

 

ネットビジネスで脱税はまず無理ですからね。

 

税務署は甘くありません。

ネット経由の銀行振り込みは全て把握しています。

 

特に売り上げが1000万円も、

上がっていれば確実にマークされています。

 

なので、

月商ではなく月収にもっと目を向けていきましょう。

 

と言うわけで、

せどり→情報発信の黄金ルートで稼いでいくのが最も、

利益を残せるのですが、その法則を良く分かっていない人もまだまだ多いです。

 

情報発信なんだか面倒くさいな。

せどりの方が簡単だし、売り上げガンガン上げられるしなどと言っている人の、

横をスーーッと、通り抜けていち早く情報発信で稼げるようになっていきましょう。

 

その方が先の未来を予測した時に、

絶対に有利になりますよ。

↓ ↓ ↓

利益率の求め方とは?

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ