Amazonアカウントの複数持つ時の注意点

Amazonアカウントは複数持つ時の注意点とは?

 

「アカウント停止!?」

 

Amazonでは複数アカウントを持つことが可能なのか?

1人で複数アカウントを持つことが出来れば使い分け出来ますよね?

 

では、

実際に複数アカウントを持つことが出来るのか?を解説していきます。

Amazonアカウントは複数もつことは可能か?

Amazonで商品を販売する際、アカウントは1人につき1つまでと言うルールがあります。

 

要するに、

販売用複数、購入用複数個アカウントを持つことは禁じられています。

 

 

ちなみに、Amazonアカウント閉鎖の恐れがある、

商品などについて確認しておきましょう。

 

知らず知らず出品していて、いきなりAmazonから「閉鎖」の宣告を、

受けたら洒落にならないので確認してください。

↓ ↓ ↓

Amazonアカウント閉鎖【知らないと取り返しがつかなくなる恐怖】

 

 

ただ、

購入用と販売用と1つずつ持つことは許されています。

Amazonでは重複アカウント所持者を洗い出す方法が、

いくつかあるようです。

 

・同一PCから複数のアカウントでログインした場合

・同一IPアドレスから複数のアカウントでログインした場合

・同一の個人情報を持つ複数のアカウントでログインした場合

 

Amazonはシステム管理がしっかりしているので、

上手くやればすり抜け出来るだろうと思っているかもしれませんが、

それは大きな間違いです。

 

 

確実に突き止められますので、

複数アカウントを持つことはやめましょう。

 

 

それでも、

所持している場合にはAmazonから警告が来ますし、

警告を無視していると、アカウント停止になってしまいます。

 

 

更には、

複数個のアカウントの内の1つがアカウント停止になった場合、

全てのアカウントが使用停止になります。

家族間でのアカウント取得方法

1人で複数アカウントを作ることは規約違反なので、作ることは出来ないのですが、

家族間でアカウントを作る事は可能です。





Amazonに直接電話をかけて確認したので間違いありません。





ですが、

アカウントを作るのにもAmazonのルールを守る事は必須です。

家族間での複数アカウントを作る場合の注意点



1,メールアドレスは家族間で別のものにする



これは当たり前の事ですね。

同じメールアドレスで複数アカウントを作ると規約違反になるので、

メールアドレスは別のアドレスを用意する。







2,別の銀行口座、クレジットカードを用意する。



これも同一のものでは規約違反になるので、

奥様や両親などの銀行口座、クレジットカードを用意しましょう。







3,同一商品の販売は避ける



例えば、

夫婦間で同じ商品を仕入れて出品するのはダメと言うこと。

要するに、カートの独占販売は許さないと言うことです。



参考事例



ばなーこの様に同じ商品でショップで独占販売することは規約違反になるということです。

なので、同商品での販売は避ける事が必須になります。

まとめ

Amazonは同一人物での複数アカウントを作ることは出来ないと言うことです。

ただし、家族間や会社名義では作ることが可能になると言うことです。

 

 

複数アカウントを持つことによって、ジャンル分けで出品するとか、

予約転売用のアカウントにするとか、使い方は様々な方法があります。

 

 

ただし、

どちらかのアカウントが停止、もしくはアカウント削除と言う自体になった場合は、

一方が使えなくなると、もう一方のアカウントもひも付けされて、

停止もしくは削除されてしまいますので、

健全な出品をしていくように心がけていきましょうね。





↓  ↓  ↓

Amazon出品者アカウント登録方法はこちら

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ