アフィリエイトで売り込まずに売る文章の書き方

アフィリエイトで売り込まずに売る文章の書き方

 

「なぜか全く売れない」

 

アフィリエイトや情報販売などで商品を紹介すると報酬が手に入るのですが、

僕が初心者の頃には販売すると言う事が全く理解出来ておらず、

何度商品を紹介しても売り上げはいつも0円でした。

 

いつもメルマガを配信している時はそれなりに反応があったんです。

でも、商品を紹介すると全く反応が無かった当時の事をふと思い出してしまいました。

 

現在、

僕は電脳せどりをやりつつ、アフィリエイトや、

コンサルタント、情報販売なども展開しているのですが、

 

コンサル生のセールスメールの添削をしてみたら、

過去に僕が全く商品が売れなかった記事と同じ内容の文章を書いていました。

 

「これではダメだ」

 

今の僕なら分かるのですが、

商品を売るための文章が売れない文章になっていたんです。

 

人は欲望が理性を上回ると、急に売り込み感で一杯のメールを書いてしまいます。

 

例えば、

・今なら5000円お得です!

・今すぐ手にしないともう買えないですよ!

・なぜ買わないのですか?

・あなたは稼ぎたくないのですか?

 

こんなメールが急に送られてきたらどうでしょう?

しかも1通だけでなく、1日に何通も送られて来たらウンザリしますよね。

 

人は商品を売る時になると急に欲が出てしまい、

メールに書く文章も無意識の内にウザがられるメールになっていることが多いです。

 

もちろん、

セールスメールなので商品の魅力や手にしないデメリットは伝えていくのですが、

メールの冒頭から価格の内容だったり、煽った文章だったりすれば、

やはり商品と言うのは売れないものです。

 

僕もアフィリエイトを始めた時はさっぱり売れませんでした。

いくら記事を書いても、まともな反応が返って来なかったんです。

 

僕も欲が出ていたんですね。

売ろう売ろうとしていたのがメール本文に表れていたようです。

人はセールスされると嫌がります。

 

特に日本人はセールスには凄く抵抗があり、

拒絶反応を起こす人が非常に多かったりします。

 

あなたも体験したことがありませんか?

家電量販店などで入店するやいなや、いきなり擦り寄ってきて、

「何かお探しですか?これなんかオススメです。」

 

などと、

猛烈なセールスを受けたことがある人は多いと思います。

 

僕はこういう対応をされたらすぐにお店を出ます。

普通に店内を見たいだけなのに何か買わないと来るな的な、

あの雰囲気が非常に嫌です。

 

買う気があってもそんな対応されたら、

やっぱり気分良くないです。

 

これと同じで、

メルマガやブログでもゴリゴリのセールスは嫌われるんです。

 

ではどうすればいいのか?ですが、

やはり相手が興味を持ってくれている状態で、

その商品の魅力を伝えたり、悩みを解消してあげたりすることが大事かと思います。

 

そうすると、相手もこの人は売り込みというより、

しっかり商品説明や使い方などを教えてくれるだけで、

グイグイ買わせようと言う気がないと感じてもらえるので、

その後の購入に結びつきやすいのです。

 

日本でも有名なUNIQLOの接客対応をご存知ですか?

普通の店舗で良くあるパターンでは、洋服を見にお店に行くと、

「いらっしゃいませ。何かお探しですか?」と、

いきなり話しかけられる事が多いです。

 

ですが、

UNIQLOの接客ではお客様との距離を置き、

お客様が商品を探していたりするタイミングまで、

近づいて来ないスタイルを取っています。

 

日本人にピッタリな顧客対応だと思います。

まずはお客様に店内を見て頂き、商品を手にして頂き、

何か迷っていたり、探していたりするタイミングを見計らって接客する。

 

これがUNIQLOが日本で急成長した1つの要因ではないかと思っています。

もちろん他にも成長した要因はありますが、お店に入って不快感が無いと言うのは、

非常に大きなメリットです。

 

アフィリエイトでも同じで、

商品の魅力だったり、使い方だったり、

悩みを解消してあげるだけで自然と商品は売れるようになっていきます。

 

つまり、

「アフィリエイトで稼ごうと思ったら、

相手の気持ちになって今何が必要なのかを、

読み取る事が大切だと言うこと」

 

メール相手の事なんか読み取れるわけ無いと、

思っているかもしれませんが、

アンケートを取るだけでも全然分かってしまいますよね。

 

今後アフィリエイトで稼ごうと思っているのであれば、

この辺の事はしっかり身につけて頂ければと思います。

↓ ↓ ↓

共感される文章の書き方とは?

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ