トラブル回避に使える!wordpressをメンテナンス中にするプラグイン【WP Maintenance Modeの設定方法 】

トラブル回避に使える!wordpressをメンテナンス中にするプラグイン【WP Maintenance Modeの設定方法 】

 

「一時的に閉鎖できる」

 

サイトを新規で作ったけど、まだ世に公開したくない場合や、

不測のトラブルの時に「メンテナンス中です」と画面に、

表示させる事が出来るプラグインがあります。

 

まず、使うことが無いと思っていたプラグインですが、

ある状況になった時に、このプラグインがあって本当に助かりました。

 

その状況とは・・・→【まさか自分が?!】不正アクセス被害と早急な対応策とは?

不測の事態に対応できたので、本当に助かりました。

メンテナンス画面を設定できるプラグイン【WP Maintenance Mode】

このWP Maintenance Modeを使うと、

難しい設定が必要なくメンテナンス画面を設定できます。

冒頭でもお伝えしましたが、メンテナンスモードなんて、

必要ないと思うかもしれません。

 

僕もそう思っていた1人でした。

でも、自分のブログに影響が出ると思った時に、これは必須のプラグインだと感じました。

WordPressは外からの攻撃を受けやすく、セキュリティを強化していないと、

甚大な被害を受けてしまうこともあります。

 

そうなった時に活躍するのがこのプラグインなので、

知っておいても損は無いと思います。

 

という事で、WP Maintenance Modeの設定方法の解説を致します。

WP Maintenance Modeの使い方

まず、ダッシュボードの左の項目からプラグイン→新規追加をクリックしてください。

 

次に下記の画面に移動しましたら、

検索窓に「WP Maintenance Mode」と入力してください。

 

そうすると、左側に目的のプラグインが出るはずなので、

インストールをして有効化をクリックしてください。

有効化が終わりましたら、ダッシュボードの左側の項目から設定を選択して、

「WP Maintenance Mode」をクリックしてください。

 

次に下記の画面に移動しましたら、

有効化・無効化とありますので、有効化を選択してください。

この部分については、英語表記の場合もあります。

英語表記になっているだけで内容は変わりません。

「Activated」→「有効化」

「Deactivated」→「無効化」

デザイン設定

次にメンテナンスモード中と言うことを、画面で表示させたいので、

上記の一般・デザイン・モジュールの中から、デザインをクリックしてください。

そうすると、画面に表示させるタイトルを付けることが出来ます。

 

タイトル:(HTMLタグ)ここでは「メンテナンス中」に設定。

見出し :赤枠の部分でメインのタイトルを記入する。

テキスト:メンテナンス中ということを、わかりやすく伝える。

 

フォントの色やサイズを変えたりリンクも挿入できるので、

お好みにカスタマイズ出来ます。

背景選択

背景を選択することが出来ます。

自分で使用したい素材がある場合は、アップロードして使うことが出来ます。

 

他にはすでに用意されている素材を使用することが出来ますので、

お好みに合わせて、背景を選択してください。

Moduleを使ってカウントダウンの設定が可能

ユーザーに対して、いつまでにメンテナンスが終わるのか、

時間で告知することができますので、ユーザーにいつサイトが、

公開になるのか把握してもらいやすいです。

まとめ

メンテナンスモードってあまり使う機会が無いかもしれませんが、

僕のように、トラブルになった場合などには、使用する事があるかもしれません。

ですので、頭の片隅にでも置いて頂くといいかと思います。

 

ちなみに、セキュリティは強化しないと身震いするくらいの

恐怖が襲ってくるので、こちらの記事を確認してプラグインを導入しましょう。

↓ ↓ ↓

【初心者こそ導入してほしい】ワードプレスのセキュリティ強化に必須なプラグイン「SiteGuard WP Plugin」

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ