定形外郵便が届かない場合の対処法【調査・確認が出来る方法がある】

定形外郵便が届かない場合の対処法【調査・確認が出来る方法がある】

 

「クレームに発展するよ」

 

自己発送において配送方法は様々あると思います。

 

クリックポストを使ったり、宅急便を使ったり、

配送する方法はたくさんあります。

 

その中の1つに、定形外郵便と言うのがあります。

「定形外郵便物」とはサイズ・重量・形状で

「定形」の条件を備えていないものすべてをさします。

snapcrab_noname_2016-9-24_14-23-0_no-00

snapcrab_noname_2016-9-24_14-23-49_no-00

 

上記の画像を見てもらうとわかると思いますが、

定形外郵便は配送にかかる料金が圧倒的に安いです。

 

そして、

せどりでネックになってくるのが、配送料金です。

 

特に、自己発送の場合は送料が利益を圧迫しかねないので、

出来るだけ安い配送方法を選択しがちです。

 

でも、

定形外郵便の場合は少し注意しなくてはいけない事があります。

 

それは補償が無いと言うことです。

 

さらに加えて、

追跡番号がないと言う点です。

この2つが無いというのは非常に痛いです。

 

なぜなら、

注文が入ってしっかり梱包し、

定形外郵便で送ったとしても、相手に届いたかどうかを知るすべがないからです。

 

なので、

悪質な購入者が届いたはずの商品を届いていないと言い出しても、

こちら側で確認することが出来ないんです。

 

これってかなりのリスクだと思いませんか?

 

例えば、

予約販売で発売日前に商品が売れて、

いざ発売日に商品を定形外郵便で送ったのに、

相手からは商品が届いていないけど?などの、

クレームが来た場合、悪い評価の対象になってしまいます。

 

予約転売の場合は悪い評価が付くと、

カートが獲得出来なくなってしまうので死活問題です。

 

ですので、

悪い評価を未然に防ぐためには、

追跡番号がある郵便方法を使用するとか、

補償がある郵便方法を使うのが一番です。

 

ただし、


定形外郵便が駄目かと言うとそんな事はなく、

しっかり相手に届いていることの方が多いので、

過剰に反応する必要はないです。

 

でも、

上記でお伝えしたとおり、

相手に商品が届いているかどうかを、

確認することが自分では出来ないのも事実です。

 

定形外郵便の弱点としては、商品が届くのが遅かったり、

ポストに入らない厚さだった場合は、

不在連絡表になっている場合もあります。

 

そんな事が常に起きると、お客様にも迷惑がかかるし、

自分もしっかり商品が届いたか心配になったりするので、

精神的に余計な負担がかかったりします。

 

そんな時のために、

郵便局のホームページには、

郵便物が届かないなどの調査のお申し出が出来ます。

↓ ↓ ↓

郵便物が届かなかったり、

中身が無くなっていたなどの調査はこちらから

 

こちらで申請して頂くと、郵便物の調査状況などを、

照会することが出来るので、不安は解消されると思っていいです。

 

ですが、

それよりも大切なのは「お客様にしっかり商品を、期日までに届けるということ」

これが一番大切だと思います。

 

配送は私達にはどうすることも出来ませんが、

配送方法を選択することは出来ます。

 

多少の利益の損失の為に、

お客様に不快な思いをさせるくらいなら、

多少の利益の損失があったとしても、長い目で見れば、

絶対に安心、安全で送れるサービスの方がいいに決まっています。

 

なので、

追跡番号付きの配送サービスを利用することをオススメします。

↓ ↓ ↓

郵便局留の利用方法 【商品の受け取り方法と裏ワザ】とは?

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ