GoogleウェブマスターツールでURLを削除する方法

Computer keyboard with  key delete, close-up, raster

 

GoogleウェブマスターツールでURLを削除する方法

 

「情報を消したい」

 

ブログ記事を更新し続けると、初期の頃に書いた記事が、

物凄くレベルの低い記事を書いていることに気づいてしまったり、


良かれと思って更新した記事が、人の迷惑になることも実はあったりするので、

記事を削除したい事が僕にはありました。

 

ですが、


ただブログ上の記事を削除しても検索結果で情報が残り続けます。

インデックスされたページURLを検索結果から削除しないと、

ずっと情報が残ってしまうわけです。

 

僕も削除したい記事があり、ブログの記事を削除したにも関らず、

いつまでも検索エンジン上に記事があるので非常に困っていました。

 

色々調べていくうちに、

Googleウェブマスターツール上で削除する方法を見つけましたので、

僕なりにまとめてみました。

 

GoogleウェブマスターツールでURL削除を行う方法

まずは、ウェブマスターツールにアクセスして、

削除したいページURLがあるブログのURLを選択します。

Googleウェブマスターツールはこちら

snapcrab_noname_2016-11-20_16-56-50_no-00

次にダッシュボードからGoogleインデックスをクリックします。

 

snapcrab_noname_2016-11-20_16-59-0_no-00

次にURLの削除を選択します。

 

snapcrab_noname_2016-11-20_17-3-31_no-00

一時的に非表示にするをクリックして、

表示された入力窓に検索結果から、

削除したいページURLを入力して続行をクリックしてください。

 

snapcrab_noname_2016-11-20_17-46-53_no-00

削除したいページURLを記入。

 

snapcrab_noname_2016-11-20_17-50-45_no-00

 

そして、

リクエストタイプを検索結果でページを一時的に非表示にし、

キャッシュから削除するを選択してリクエスト送信をクリックします。

 

これで一先ず一時的ですが検索結果から、

入力したページURLが削除されます。

 

ブログ記事を先に削除してしてもいいですし、

GoogleウェブマスターツールでURL削除してもいいです。

 

僕はブログ記事から先に削除しましたが、

問題なくインデックスされたページURLを検索結果から削除することが出来ました。

 

ただし、

検索エンジンから記事URLが消えるまでには時間がかかりますので、

その点はお気をつけください。

 

ブログ記事を削除せずに、

インデックスされたページURLだけを削除しても、

再度インデックスされて検索結果に表示されてしまうようです。

 

まとめ

今回なぜこの記事を書いたかと言うと、

自分がブログで公開したとある記事により先方にご迷惑になったことで、

削除方法を探していました、一度インデックスされてしまうと、

検索結果から消えるまでに時間がかかります。

 

なので、

ブログ記事をアップする時、

誰かの記事を紹介する場合、承諾を受けても後に、

迷惑になることもありますので慎重に記事更新をしてください。

↓ ↓ ↓

電脳せどりに必須なPCメガネとは?

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ