Amazonで自己発送の配送料を設定・変更する方法

Amazonで自己発送の配送料を設定・変更する方法

 

「え?変更できるの?」

 

僕は電脳せどりで仕入れた商品に関しては、

ほとんどの商品をFBAで送っています。

なので自己発送に関してはあまり詳しくないのですが、

自己発送でも配送料が変更出来る事がわかったので解説していきます。

デフォルト設定がされているジャンル

 

自己発送の商品でも配送料の変更は出来るのですが、

する必要の無いジャンルもあります。それが本・CD・DVDなどです。

SnapCrab_NoName_2016-5-9_8-46-41_No-00

一般的にメディア系と呼ばれているジャンルの本,CD,DVD,などは

デフォルト設定がされていて基本配送料は上記の画像の料金設定になっています。

なので、

これらのジャンル以外での配送料設定方法について解説していきます。

配送料の設定変更方法

 

まずはAmazonのセラーセントラル画面の右上にある設定をクリックして、

配送設定をクリックします。

クリックすると巨大化します。

SnapCrab_NoName_2016-5-9_9-3-35_No-00

 

そうすると下記の画像画面が出るので、

ここはなにもいじらずそのまま配送設定変更をクリックします。

クリックすると巨大化します。

M47

 

次の画面で、下記のような画面が確認できます。

クリックすると巨大化します。

M48

ここでは2種類の選択方法があります。

この2種類の設定方法を解説すると、

購入金額制とは?

 

購入金額によって設定が可能になります。

購入金額制では、購入金額の範囲(例:1~5,000円、5,001~8,000円、8,001円以上)に応じて変わる配送料を設定します。配送料は、購入金額の範囲ごとに異なるようにします。購入者が商品を購入すると、Amazonが注文金額の合計(税抜き)を確認し、この合計額に該当する金額帯を特定して、その金額帯の料金を適用します。

個数・重量制とは?

 

1kgごと、または個数ごとの料金を計算します。

個数・重量制を使用する場合は、配送1件ごとの料金と、1kgごとの料金または個数ごとの料金を設定します。購入者が出品者の商品を購入すると、Amazonが配送1件ごとの料金を適用し、注文の各商品について1kgごと、または個数ごとの料金を計算します。

 

次に先程の画面でクリックするとこのような画面に切り替わります。

ここは何もいじらず続けるをクリックです。

クリックすると巨大化します。

M49

 

そして次が配送料の設定画面になります。

クリックすると巨大化します。

M50

配送料の設定の料金を、

配送1件ごとから1商品あたりに変更することが出来ます。

 

※1つ気をつけて頂きたいのは、配送1件ごと、1商品あたりどちらにも、

配送料金を設定してしまうと、購入者様が2重に配送料を支払うことになってしまいます。

そこだけは間違わないように設定しましょう。

 

続けるを押すと設定内容確認画面に移ります。

設定条件を確認して問題ないようでしたら確定を押して終了です。

クリックすると巨大化します。

M51

まとめ

 

配送料は収入に直結する部分でもあるので、

お住まいの地域によって設定を変えてもいいかと思いますが、

購入者様の立場に立つと、やはり配送料は安い方がもちろんいいので、

上手く調整するといいですね。

↓  ↓  ↓

FBA料金シミュレーターは正確では無いって知っていました?

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ