アフィリエイトで稼ぐための読者数とは?

アフィリエイトで稼ぐための読者数とは?

 

「一体何人いれば稼げるの?」

 

アフィリエイトで稼ぐためには読者=いわいる見込み客が必要です。

では一体どのくらいの読者数がいれば稼げるのでしょうか?

 

よく事例で出される法則があります。

収入=読者数(アクセス)✕成約率✕報酬単価✕オファー回数

この様な方式で表わされることがよくあります。

 

確かに読者数が多ければそれだけ商品を、

購入してくれる確率は上がるのですが、今の時代、

読者を大量に集めても、多くの金額を稼ぐことは難しくなってきています。

 

一昔前はとにかくガンガン集客して、

数撃ちゃ当たる方式でガンガンオファーして、

売り上げをあげていた時期があったようです。

 

ですが、

今の時代その方法だと稼げる金額も昔に比べ圧倒的に少なくなっています。

 

僕もアフィリエイターの端くれなのでわかるのですが、

数千、数万という読者がいるアフィリエイターが強いと言われた時代は、

今はそのパワーも段々下がってきているのかな?と思ってしまいます。

 

理由は、

こちらを見て頂くとわかるのですが、

SnapCrab_NoName_2016-6-15_14-28-21_No-00

これは、

とある無料オファーの案件ですが、

上位にランクされているアフィリエイターさんの成約数を見て頂くとわかるのですが、

数千、数万という読者がいても実際に成約できているのはほんの百数十人。

 

ここに僕も6位にランクインしていますが、

僕の読者数は上位にランクインしているアフィリエイターさんの、

10分の1より少なかったりします。

 

実際に見せてしまうとこんな感じ。

SnapCrab_NoName_2016-6-15_14-36-51_No-00

 

たった400件しか読者はいません。

もちろん全ての人が僕のメルマガを読んでいるとは考えづらいので、

更に読者数は減っていると考えられます。

 

でも、

90件の成約数があるんです。

 

多くのアフィリエイターさんが、

高額な広告費用をかけて、せっせっせっせと読者を集めていても、

僕より成約数が少ないアフィリエイターさんがたくさんいるんです。

 

これを見て頂けるとわかると思いますが、

今の時代は量より質を求められているということです。

 

あなたは読者を大事にしていますか?

メルマガ読者だってPCの向こうであなたの発信する情報を受け取っています。

 

それが売り込み感満載のメルマガや、何を言っているか良くわからないメルマガだと、

やっぱり反応が下がっていくし、ファンにもなりづらいです。

 

これからの時代は読者数はもちろんのこと、

読者とのコミュニケーションが取れない情報発信者は、

大きく稼ぐことが出来ないと思います。

 

これからアフィリエイトや情報発信で大きく稼ごうと思ったら、

まず読者に稼がせる事や得する事をガンガン提供していかないと、

あなたの稼げる額も雀の涙程度になってしまうかもしれません。

 

せどりの様に形ある仕事ではないので、

非常に難しいですが、これが出来ないとずーーっと集客で悩んでいくことになります。

 

「読者に先に得をさせて後でもらう」

 

この意識を忘れると稼げなくなるので、

注意しておきましょう。

↓ ↓ ↓

ブログアフィリエイトはどうなんだろう?

 

P.S

やっと結石の症状も消えたのですが、

退院した3日後に東京で懇親会があり、

参加するために移動したわけですが、

あまり無理はするものではないですね。

危うく東京で救急車を呼ぶハメになるところでした。

 

PPS

北海道に帰省する途中で初の立ち食い寿司店に入りました。

回転率が非常にいいので、客単価が低くても儲かっているようです。

しっかり職人さんを用意して握ってくれたお寿司が美味しかったりします。

IMG_9918

IMG_9919

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ