ランドセル

ランドセルの選び方で失敗する原因とは?色やデザイン選びで後悔しないための注意点

ランドセルの選び方で失敗する原因とは?色やデザイン選びで後悔しないための注意点

小学校に上がるお子さんをお持ちのご家庭の話題といえば、やはり『ランドセル選び』だと思います。そこで気になるのがどんなランドセルを買えば失敗しないのか?という点だと思います。

  • デザイン
  • 重さ
  • サイズ
  • 耐久性
  • 価格

ランドセルと言っても購入する際にはいくつもの悩みが存在するかと思います。小学校は6年間あり、長く使うランドセルだからこそ、ランドセル選びに失敗はしたくないものです。

 

でも、どこをポイントに選べばいいのか?
そもそも子供に選ばせたほうがいいのか?

 

凄く気になることだと思います。

 

ランドセル選びの失敗で、一番多いのが「色、デザイン、価格」での失敗です。そこで今回は先輩ママさんのランドセル選びの失敗談を紹介し、これからランドセルを購入する場合の参考にして頂ければと思います。

ウエハース
ウエハース
今回僕は、先輩ママさんに失敗したランドセルの選び方についてお話を聞いてみたよ。
ピヨ
ピヨ
ランドセルって選ぶ際にどこを基準にするか凄く悩むよね。先人たちの失敗談は非常に参考になるよ。

ちなみに、ランドセルの色選びで悩んでいる場合にはこちらの記事も参考になります。

ランドセルの色は何がおすすめ?【迷った場合に後悔しない色の選び方】
ランドセルの色は何がおすすめ?【迷った場合に後悔しない色の選び方】ランドセルの色が赤と黒だったのは遠い昔の話。今では様々な色のランドセルがあります。最近のランドセルの色では、水色や茶色、青なども非常に人...

ランドセル選び方の失敗談

ランドセル選びについて先輩ママさんに色々聞いてみたのですが、ランドセルの失敗談は数え切れないくらいありました。どんな点に注意してランドセルを選べば良いのか?是非参考にしてみてください。

30代女性
30代女性
1. ランドセル選びに失敗したのは大きさ?

2. NO

2. お店選びを失敗した?

2. NO

3. 色やデザイン選びで失敗した?

1. YES

4. 価格で失敗した?

2. NO

5. 購入方法で失敗した?

2. NO

 
6. ランドセル選びで失敗したことについて
 
『デザイン選びで失敗』
 

一般的に使われている全かぶせタイプのランドセルではなく、変わったデザインで可愛いと思い半かぶせタイプのランドセルにしました。半かぶせタイプとは、下で止めるタイプでなく、途中で止めるタイプの事です。

しかし、1年生は交通安全の黄色のカバーをすることが決まっているようで、入学式にいただいたのですが、全かぶせタイプ仕様ですので、半かぶせの場合は大変開けづらく、失敗したと思いました。汚れや傷の防止でカバーも売っていますが、それも使えません。

40代女性
40代女性
1. ランドセル選びに失敗したのは大きさ?

2. NO

2. お店選びを失敗した?

2. NO

3. 色やデザイン選びで失敗した?

1. YES

4. 価格で失敗した?

1. YES

5. 購入方法で失敗した?

2. NO

6. ランドセル選びで失敗したことについて
 
『色選びで失敗』
 

息子が好きなスポーツブランドのランドセルがいいというので選びましたが普通にショッピングセンターなどで売っているランドセルの2倍以上の値段がするランドセルでかなり高額であったことと息子が欲しいというランドセルの色が息子にはあまり似合っておらず、息子に似合う方の色のランドセルを進め息子も了承し親が勧めた色のランドセルを購入しました。

が大きな文句は言いませんが時々自分が欲しかった色のランドセルが良かったの言われた事があり似合っていなくても本人が希望するランドセルの色にしてあればよかったのかなと思いランドセルの色と値段は失敗したと思います。

40代女性
40代女性
1. ランドセル選びに失敗したのは大きさ?

2. NO

2. お店選びを失敗した?

2. NO

3. 色やデザイン選びで失敗した?

1. YES

4. 価格で失敗した?

2. NO

5. 購入方法で失敗した?

1. YES

6. ランドセル選びで失敗したことについて
 
『色と購入方法で失敗』
 

3の色と5の購入方法で失敗しました。要は実際に使用する娘と一緒に購入せずにネットで購入してしまい、実物が届かないとどんなタイプか分からずに届いたら娘があまり気に入っていなかったので失敗したと思いました。

ただ料金も結構してしかもオーダーメイドなのでキャンセルができず、仕方なくそれを使用しています。色が普通の赤が良かったみたいですが、若干ダークな赤なのでそこが気に入らなかったようです。ランドセルの購入を考えている場合は実物を一緒に見たうえで購入するのがベストです。

30代女性
30代女性
1. ランドセル選びに失敗したのは大きさ?

1. YES

2. お店選びを失敗した?

2. NO

3. 色やデザイン選びで失敗した?

1. YES

4. 価格で失敗した?

2. NO

5. 購入方法で失敗した?

2. NO

6. ランドセル選びで失敗したことについて
 
『大きさとデザインで失敗』
 

ランドセル選びではまず第一に大きさで失敗しました。ランドセルに入れるもののことはあまり深く考えず、デザイン重視で購入したためにA4用紙がはさめるファイルが真っ直ぐに入りません。

いつもファイルの端を少し折るようにしてランドセルに入れているため、ファイルがすぐにダメになってしまいます。入れるもののことも考えて選べば良かったです。

次に色で失敗しました。購入時に子ども(女の子)が欲しい色を選んだため、かわいらしいピンクを購入しました。それが学年が上がるに従って、本人には少々かわいすぎる色になってしまっています。大人の意見が優先になっても、高学年になっても飽きずに、大人っぽく使える色を選べば良かったと今さらちょっと後悔しています。

20代女性
20代女性
1. ランドセル選びに失敗したのは大きさ?

2. NO

2. お店選びを失敗した?

2. NO

3. 色やデザイン選びで失敗した?

1. YES

4. 価格で失敗した?

2. NO

5. 購入方法で失敗した?

2. NO

6. ランドセル選びで失敗したことについて
 
『デザイン選びで失敗』
 

実際に私が使用していたランドセルの件です。私は小学校に入る前から、人とはかぶらないような派手めなデザインのものが好きでした。私が小学生の頃は女の子の定番は赤色でした。私はずっと黄色いランドセルにすることに決めていました。

売り場に行くと、黄色のランドセルは売っていたものの、背中の肩甲骨にあたる部分にある、肩紐の調節部分が、プラスチックでできていました。すぐ壊れそうなことから、親には反対されましたが、押し切って、その黄色いランドセルを購入しました。やはり低学年の頃にプラスチックが壊れて、ランドセル生活は終わりました。

先輩ママさんからの失敗談ですが、購入後に色々と苦労されているようですね。

今回の失敗談の中で特に気になったのが『サイズ』です。色やデザイン選びで失敗したママさんも多いのですが、A4フラットファイルがしっかり収まらないサイズのランドセルを選んでしまったことに後悔しているママさんが多いな~と感じました。

続いて、ランドセルの色にスポットを当てて失敗談をまとめていきます。

ランドセルの選び方の失敗①『色選び』

ランドセル選びでの失敗談として参考になるアンケートがありました。

上の表は、天使のはねでお馴染みの人気ランドセルメーカーセイバンが、2018年7月に行った、ランドセル購入経験がある、全国各地に居住する100人のインターネット調査による集計表です。

 

上の表をご覧になって頂くとわかりますが、圧倒的に『カラー&デザイン』選びで失敗した人が多いということがわかります。

 

先輩ママもこのような意見を述べています。

30代女性
30代女性
ランドセル選びで失敗したことについて
 

ランドセルの色を決める際に、ベーシックな色なら飽きがこなくていいだろうという祖父母の声に負けて、定番色のものを選びました。しかし、やはり本人にとっては、6年間持ち続けるものなので、本人の好きな色を選ばせてあげればよかったのに、と後悔しています。

他の子のランドセルを見て、本人はうらやましいなと思っていました。本人の意思ではなく、親や祖父母のエゴでランドセルの色を選んでしまったのは失敗でした。買い直すには値段が大きいので、余計に心残りです。

 

ランドセルで一番目につくのがやはり『色やデザイン』ですよね。昔と違って今は色もかなり多くのバリエーションがあります。

 

そして、ご両親とお子さんで色やデザインについて意見がわかれることも非常に多いです。特に多いのが・・・・・・・

 

長く飽きずに使える色&デザインなのか?
高学年になっても使える色&デザインなのか?
汚れが見立たないのか?

 

という意見です。お子さんは見た目のインパクトで『これ!』と決めてしまうことが多いですが、親御さんは6年生になった際に、その色でお子さんが納得できるのか?という点を気にかけることが非常に多いようです。

 

お子さんの好きな色やデザインを選ばせてあげたいと思いますが、将来的なことも視野にいれると、親御さんとお子さん、お互いで納得できる色やデザインを選びたいところですね。

ランドセルの選び方の失敗②『デザイン』

続いては、ランドセルの『デザイン』についての失敗談です。

40代女性
40代女性

ランドセル選びで失敗したことについて

形や機能は、他の製品と比較しても大きな遜色はなく、色選択を重視した。初めての学校生活で、様々なリスクの中、他人と色が被り、間違われたりすることを避けるため、他人が使用しない色のランドセルを選ぶことにした。

ただ、実際に通い始めると、学校生活には比較的早く慣れ、ランドセルの色が被ることで子どもが困ることなど無かった。高学年になると、他人と違う色は逆に使いづらく、そのために途中で買い換えるという無駄な支出に繋がることもあり、6年間使用することを意識して購入すべきだと感じた。

30代女性
30代女性
ランドセル選びで失敗したことについて
 

まず小学校一年生(購入検討時は幼稚園生)を見て、その子の意見も聞きながら、その子に合ったランドセルを選んだが、小学校一年生の時には小学校六年生の姿は想像できず、6年間使うことを想定していないわけではなかったが、想像力が乏しかったため、小学校六年生で背負っていると違和感があるデザイン(子供っぽすぎる)を選んでしまった。

結果高学年ではそのランドセルを嫌がるようになり、残り2年のために買いなおすことになってしまった。

ランドセルのデザインですが『全かぶせタイプ』『半かぶせ』タイプの2種類がありますが、先輩ママさんの意見やランドセル販売員のプロなどは『全かぶせ』タイプのランドセルをすすめています。

半かぶせタイプのランドセルがなぜ駄目なのか?という点ですが・・・・・・

  • 後ろから簡単に開けられるので、防犯上良くない
  • かぶせの部分にものを挟めない
  • 交通安全用のビニールカバーが合わない

という理由があるからです。なのでオーソドックスなタイプの『全かぶせ』タイプのランドセルがおすすめです。

 

その他には『刺繍』が入っていないタイプを選ぶのもポイントです。え?刺繍入っていた方が可愛い』と思ってしまうかもしれませんが、刺繍が入っているタイプのランドセルにはこんなデメリットがあります。

  • 水が入ってきやすい
  • 素材の強度が落ちる
  • 成長してデザインが気に入らなくなる場合がある

刺繍が入ると浸水しやすくなり、少しですが強度が落ちてしまいます。そして、低学年では可愛いと思っていた刺繍も高学年になれば逆にデザインが気に入らなくなるケースもあります。

以上のことを踏まえた上で、是非ランドセル選びの参考にしてみてください。

ランドセルの選び方の失敗③『価格』

続いては、ランドセルの『価格』についての失敗談です。

30代女性
30代女性

ランドセル選びで失敗したことについて

やはりどうしても値段で失敗しました。そもそもが自分の子供へのプレゼントではなく、甥へのプレゼントで購入しました。私自身は子供がおらず、値段の相場がわからず、お金がないにも関わらず、6万円ほどのランドセルにしてしまいました。

もっと同僚や知人、友人に相談しておけばよかったと感じました。色や大きさについてはサイトにてあらかじめ調べておりましたので全く問題はないとのことです。とはいえ、自分の子供が生まれて小学生になった時には、恐らく同じランドセルを購入するかと思います。

40代女性
40代女性
ランドセル選びで失敗したことについて
 

ランドセルに対して親も子供もあまりこだわりがなかったので、普通の量販店のようなところで買いました。値段はあまり高いものではなく、安い方が良いなと思って買いました。
実際に使っていると、やっぱり安いものはお値段なりで、もっと高いものを買えば良かったと思いました。ランドセルについては、こだわっている方はとてもこだわっていて、デパートとか工房で買う方も多いです。

買う前はそこまでこだわる意味があまりわからなかったのですが、たくさんの子供さんが色んなランドセルを持っているのを見ると目が肥えてきて、良いものはとても良いというのがわかってきました。使っているうちに、安いものは傷んできますが、良いものは傷んでいるところも味がある使い込んだ感じになります。工房などのお店で、もっと高いものを買えば良かったと思って失敗したなあと思っています。

 

価格での失敗談を見てみると安いランドセルは壊れやすい、傷みやすいと言われています。
逆に10万円を超えるようなランドセルは高くてちょっと・・・・・という声もあります。

 

では、一般的にランドセルの価格相場はいくらなのか?非常に気になりますよね。そこでランドセルの購入平均額を調べてみたところ・・・

 

低価格重視の人が選ぶ価格帯・・・〜4万円以下
人気で平均的な価格帯・・・4万円〜6万円程度
高級志向な人が選ぶ価格帯・・・8万円〜10万円以上

 

一般的な購入平均額は4万円~6万円台に収まるケースが非常に多いです。こちらの記事でランドセルの平均相場をまとめましたので、価格で悩んでいる場合は参考にしてみてください。

ランドセルの平均相場とは?高級と安い価格を調査!
ランドセルの平均相場とは?高級と安い価格を調査!もうすぐ小学校に上がるがるお子さんをお持ちのご家庭では、ランドセルの購入を検討していると思いますが、ぶっちゃけランドセルの価格もピンから...

ランドセルの選び方『購入時期』

ここ数年でランドセルの購入時期はかなり早くなっています。特に人気のランドセルなどは早く買わないと売り切れてしまうことが非常に多いです。

ここではランドセルの購入時期について先輩ママさんの声を聞いてみましょう。

20代女性
20代女性
『購入したランドセルの時期を教えてください』
 

ランドセルを購入したのは、7月の半ばです。まずはインターネットで、どんなランドセルがあるのかを調べました。本革のもの、軽いもの、デザインがおしゃれなものなど、たくさんのランドセルがあり、それぞれに特徴があることがわかりました。その中で、口コミがよく、わが子にぴったりのランドセルを見つけました。

実物を見たいと思ったのですが、近くのお店には置いてありませんでした。7月の初めに新宿で行われる展示会に置かれることを知り、そこで確認しようと決めました。展示会で見たランドセルは、予想以上によいものだったので、すぐに購入を決めました。
しかしその場では買わずに、家に帰ってからインターネットで注文をしました。ショッピングでポイントを貯めたかったからです。

30代女性
30代女性
『購入したランドセルの時期を教えてください』
 

1番上の子はとにかく何もわからずに冬のボーナス入ったら行こうかー?くらいな感覚でした。
2番目の子はランドセルにオーダーという商品がある事を知り早めに行動しました。確か夏くらいだと思います。しかし姉と同じランドセルで色違いが良いとの本人の意向で早く行動したわりには秋も終わりかけていたと思います。

3番目の子はかなりおませさんなのとランドセルメーカーのテレビコマーシャルの影響により春先からコレと決めていてどのお店に行っても同じランドセルを手にとっていました。

『最終的に自身がランドセルの購入時期を決めた理由』
 

今年は7月末までに購入しないと増税になってしまうというお店の戦略に乗っとり6月末に購入しました。オーダーのランドセルなどもだいたい夏頃がランドセル注文に安心であることまた既製品でも人気のモデルは売り切れてしまうそうなのでみなさん夏頃に購入が多いそうです。

ウチは消費税増税を今年は意識して早めの購入でしたが型落ちのランドセルや拘りがあまりないようでしたらわりと安価で購入できるようです。消費税増税がなければ我が家も秋くらいだったと思います。

 

人気のランドセルを購入する場合は7月~8月までに購入しないと、売り切れてしまう可能性が非常に高いです。早い親御さんは3月・4月くらいから人気のランドセルをチェックし予約ができるようになったら即予約するという流れになっています。

 

ランドセルを購入する時期ですが、年々早まっており2012年には10月くらいがピークだったのですが、2018年には7月と更に早まっています。

 

ランドセルの購入時期と適切な選び方についてはこちらの記事で詳しくまとめています。

ランドセルはいつ買うべき?【購入時期と適切な選び方をアンケート結果から徹底解説】
ランドセルはいつ買うべき?【購入時期と適切な選び方をアンケート結果から徹底解説】 早いもので僕の子供も再来年には小学校に上がるので、『ランドセル』を買わなきゃという悩みが出てきました。僕の家系には僕の子供しかお...

まとめ

ランドセルの選び方について先輩ママさんの失敗の声をご紹介しました。

本記事でお伝えした内容ですが、

ランドセルの『色選び』では、

『淡い色は汚れが目立つ』
派手な色は中学年ごろに飽きだす』

 

『デザイン選び』では、

『A4フラットファイルが入らない』
『全かぶせ&半かぶせの選択』

 

『価格選び』では、

安すぎるのは薄っぺらい』
『高すぎても雑に扱われるので意味がない』

 

そして『購入時期』だと、

『人気のものは受付終了が早い』
『もっと早く買えばよかった』

というような失敗談がありました。

 

ランドセルは高価な買い物になるので、ランドセル選びで後悔しないためにも、是非この記事を参考にして頂ければと思います。