せどり需要と時給換算【リスク回避と解決策】

せどり需要と時給換算【リスク回避と解決策】

 

「時給換算するとそれっていいの?」

 

企業や個人事業主にとっての最大のイベントでもある、

確定申告もやっと終わりホッと一安心しましたが、

税理士さんと打ち合わせをしている時に、こんな話を聞きました。

 

 

『私のクライアントさんで、

転売で1500万円の売り上げがある人がいますが、

時間給で考えると非効率ですね。』

というお言葉でした。

 

 

単純に考えると、1500万円の売り上げという事は、

個人レベルで仕入れや梱包などの作業だと、

爆死レベルだと思うんです。

 

 

しかも、

税理士さんのお話では北海道全域でホビーばかり、

仕入れている様子。

 

 

ガソリン代やら、移動時間、仕入れ、

梱包、出品作業。

 

 

もちろん1人で全てをこなすのは、

あまりにもキツイのでアルバイトを雇ったりします。

なので人件費もかかります。

 

 

ここまでやって、

利益率20%ちょっとらしいです。

 

 

単純計算で、

300万円の利益でしょうか。

 

 

そこから、

人件費、移動費、宿泊費、

光熱費、倉庫料?

そして消費税。

 

 

あらゆる経費が引かれると、

手元に残るのは150万円程らしいです。

 

 

人によって利益率や、

経費は違うと思いますが、

 

 

寝ても覚めても、

仕入れの事しか頭にない状態や、

身体を酷使し無駄を一切排除したとしても、

たった150万円の利益です。

 

 

これを良いと思うか、良くないと思うかは、

別として時給換算するとゾッとします。

 

果たしてこれは幸せなのか?

 

 

しかも、

せどりに対する規制は、

年々厳しくなってきています。

 

 

最近、

店舗せどりをメインにやっている、

人からこんな情報を頂きました。

 

 

『ヤマダ電機でスーパーマリオメーカーが、

あったので購入したのですが、問答無用で店舗印押されました。』

とメールが来ました。

 

 

僕は、

プレゼント用だから店舗印は押さないで欲しいと言ったら、

大丈夫ですよ。と言いましたが、

 

 

店員からの返答は、

『店舗印押さないと売りません』との事。

 

 

Amazonで販売しているなら、

わかると思いますが、これは非常に痛いです。

 

 

まだ北海道の一部だけなのかも、

しれませんが、すでに色々なせどらー

対策がされてきているという事です。

 

 

・初心者せどらーの急増。

・モラルの低下。

・意味不明な価格バトル。

・Amazonの手数料改定。

・理不尽なFBAの対応。

 

 

これらの事に耐えながら、

年々厳しくなるせどりだけに、

ずーっと固執してやっていくのは、

どうなんだろう?と思ってしまいます。

 

 

おそらく今後は、

新品せどりも古物商が必要になる時が、

来るかもしれませんね。

 

 

需要が高まれば、

規制も入る。

これは必然です。

 

 

今の状態にあぐらをかいていては、

あっと言う間に消えてしまいます。

 

 

本当に生き残れるのは、

パワーせどらーのみに、

なってしまうでしょうね。

 

 

冒頭でも、

お伝えした時給換算。

 

 

これを考えると、

情報発信はせどりの何十倍も良いです。

 

 

せどりは稼げるから、

せどりだけでいい。

と思っている人は今後生き残れないかもしれませんね。

 

 

複数のキャッシュポイントを作り、

地盤を固める時が来ているのかもしれません。

↓  ↓  ↓

0円集客に成功する資産ブログの作り方

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ