電脳せどりの仕入れ先【フリマアプリの使用方法】

電脳せどりの仕入れ先【フリマアプリの使用方法】

 

電脳せどりをやる上で仕入先の確保は最も重要です。

仕入先は様々あると思いますが、代表的な仕入先としては、

 

・ネットショップ系

・オークションサイト系

・フリマアプリ系

大きく分けるとこの3つに分類されます。

 

 

その中でも今現在でも大きな市場になりつつある、

「フリマアプリ市場」です

 

 

フリマアプリは市場規模が大きくなっているにも関わらず、

まだまだ参入者が少ない傾向にあります。

 

 

フリマアプリは世間にも浸透してきていますが、

代表的なフリマアプリとしては、TVやCMでもおなじみの

「メルカリ」です。

SnapCrab_NoName_2016-1-28_15-59-20_No-00


メルカリが登場した当初はノウハウなども確立されていなくて、

多くの人が試行錯誤しながら手探りで仕入れをやっていた感じがありますが、

メルカリが登場して多くの人が使い始めてからは、

仕入れのノウハウなども徐々に確立されて来ました。

 

 

ただ、

それでもまだフリマアプリには手を出していない人も多く、

参入障壁が高いと感じている人も少なくありませんね。

 

 

フリマアプリに関しては「メルカリ」の他にも様々な特徴がありますので、

比較してみて使えるフリマアプリを使用していきましょう。

 

 

ダウンロードは無料ですので、

使わなくなったら削除して頂ければと思います。

フリマアプリの特徴

・フリマアプリでの販売は固定価格(価格変動はしない)

 

オークションサイトの様な入札制度があるサイトと違い、

固定価格での販売になるので、入札制度特有の入札競争のような事がないので、

仕入れ価格が明確になります。

 

 

なので、

安い商品が見つかれば、そのまま購入することが可能になります。

更に、多くの出品者は値引き交渉にも柔軟に対応してくれるので、

思いもよらない価格で仕入れが出来る場合もあります。

フリマアプリでは運営元に支払うシステムなので安全

ヤフオクのような個人取引でのトラブルの心配がない。

 

コンディション通りの商品を送っても、希望した商品と違うなどと、

クレーム返品などがあります。

 

 

フリマアプリでは取引成立後、商品の到着を出品者、

購入者の両者から確認が出来た時点で、販売者にお金が振り込まれるシステムです。

 

 

なので、

不必要なトラブルになることもありませんし、

成約が成立した場合に銀行口座を相手に知られなくて済むので個人情報を守る事が出来ます。

フリマアプリでは売買がない場合は無料

フリマアプリは無料ダウンロードが出来る、

iPhoneとAndroid対応のスマホアプリです。

 

 

無料で登録できて、出品するだけだと費用もかかりません。

スマホアプリは他にもたくさんありますので、

運営会社によっては条件等も違うのでしっかりチェックは必要となります。

オススメ出来るフリマアプリ5選

mercari(メルカリ)

SnapCrab_NoName_2016-1-28_17-0-14_No-00


2015年にフリマアプリとして登場し、爆発的に利用者が増えたのが「メルカリ」です。

 

 

2015年9月以降ではヤフオクの利用者より多くなっているほど、

使い勝手が良いのが特徴です。

 

 

安心、安全がベースになっているので、

ライトユーザーが今後も増えていくのではないかと思います。

 

 

ただし、メルカリは販売時に手数料10%がかかりますので、

商品や商品ジャンルによっては高くなってしまう場合があります。

 

 

Amazonではゲーム機本体に関しては販売手数料が8%です。

ヤフオクでは落札手数料が、かんたん決済では無料になったことを考えると、

使い方次第では、メルカリを避けた方がいい場合もあります。



ラクマ

SnapCrab_NoName_2016-1-28_17-19-58_No-00

ラクマはフリマアプリの参入時期が非常に遅かったのですが、

メルカリの操作に慣れた人ならばすんなり入っていくことが出来ます。

 

 

手数料に関しても、メルカリは手数料が出品者は販売代金の10%が

かかります。ラクマは出品者の販売手数料は無料です。

 

 

基本的な操作はメルカリに似ている部分もあるので、

すんなり使える人も多いのではと思います。

 

 

更に楽天が運営していると言うことで、

安心感もあります。



LINE MALL(ラインモール)

SnapCrab_NoName_2016-1-28_17-36-57_No-00



LINE MALLの特徴は、出品・販売・購入にかかわる手数料がすべて無料です。

更には、商品購入時の1%ポイント還元もあるので魅力的です。

ユーザーが多くないので、仕入れに苦労することも少ないかと思います。



フリル(FRIL)

SnapCrab_NoName_2016-1-28_17-55-44_No-00

女性専用のフリマアプリ「Fril(フリル)」TVCMで、

有名女優を使っていることも大きな話題になり、

2015年7月時点でのダウンロード数は360万以上あると言われています。



SnapCrab_NoName_2016-1-28_17-59-3_No-00

女性向けとなっているので、ファッションアイテムが比較的多い印象です。

使い方としては、中国輸入の販売先としては面白いと思います。

 

女性限定のアプリなので、男性は登録出来ません。

ご家族の方がいれば登録して使うことが出来ます。

 



オタマート



SnapCrab_NoName_2016-1-28_18-11-34_No-00

「オタマート」は名前の通り、オタク層をターゲットユーザーしたフリマアプリです。

出品商品は、フィギュア・ゲーム機・アニメなどオタク向け商品に特化しています。

まとめ

今回ご紹介したフリマアプリは販売販路を広げる意味では、

非常に活躍できる市場です。

 

 

ヤフオクや、ネットショップで仕入れた商品がAmazonの在庫復活により、

赤字に転落して大きな損失になった場合でも、フリマアプリで販売することにより、

損失を大幅に少なくすることも出来ます。

 

 

更には、利益が見込めることも良くあります。

一つのプラットフォームしかないと、大きな利益を生み出すことは出来ません。

 

 

多種多様な販売販路を持っておくことで、大きな利益が見込めるようになりますので、

上手く有効活用していきましょう。

↓  ↓  ↓

ヤフオク手数料の秘密とは?

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ