FBA納品不備受領作業手数料が徴収されるよ【2度目は高いよ】

FBA納品不備受領作業手数料が徴収されるよ【2度目は高いよ】

 

「2度目は料金が高いよ」

 

FBA納品のケアレスミスは致命的です。

 

つい先日メールを確認していると、

Amazonからこういうメールが届いていました。

出品者様

平素よりフルフィルメント by Amazonをご利用いただき誠にありがとうございます。

2016年8月15日(月)より、Amazon.co.jpでは納品不備受領作業手数料の運用を開始いたします。Amazon.co.jpへ納品される商品で納品在庫要件を満たしていない商品が含まれている場合、納品不備受領作業として商品ごとに手数料を請求する運びとなりました。

商品を適切に梱包することは、出品者様の商品を購入者様に迅速に、安全にお届けするために非常に重要です。そのためAmazon.co.jpでは、フルフィルメントセンターに在庫を納品する際、納品在庫要件を順守いただくよう出品者様にお願いしています。この要件を順守していない商品がAmazon.co.jpに納品されると、納品不備を解決するためにフルフィルメントセンターで納品不備の受領作業として、商品の梱包を直します。梱包の修正作業が発生すると、納品処理、さらに購入者様への商品のお届けに大幅な遅延が発生し、出品者様の商品が速やかに販売、出荷できなくなる可能性が発生いたします。

FBAのラベルの貼付や梱包の要件を順守いただくことで、Amazon.co.jp は出品者様の商品をより迅速かつ確実に出荷できるようになります。今一度、FBAの納品在庫要件についてご確認いただきますようご協力をお願いいたします。

 

これを見た時に「おいおい遂に料金徴収してきたぞ」と思ってしまいました。

実際にFBA倉庫に商品を発送する時にラベルを貼り忘れる事ってたまにあります。

 

この間はラベル貼りも面倒になってきたので、

Amazonにやってもらおうと設定してお任せにしたのですが、

こちらの不備で貼り付け出来ない状態になっていました。

 

その時はテクニカルサポートに連絡をして、

Amazonにラベル貼りを追加でやってもらったのですが、

今度はペナルティが発生するとのこと。

 

その前にFBA納品不備受領作業手数料とは何か?と言うことについて少し解説していきます。

SnapCrab_NoName_2016-7-15_19-12-14_No-00

FBA納品不備でAmazonから警告メールが来ることは僕も度々ありました。

出品量が多くなってくればどうしてもケアレスミスが発生してしまいます。

しっかりラベルを貼ったつもりでも、

Amazonからのお叱りのメールが来て初めて気づくことも少なくないはずです。

さすがにこのままではAmazonも、納品処理や購入者への、

商品の出荷などに支障をきたすために、2016年8月15日(月)より、

納品不備受領手数料を頂きますと告知をしてきました。

 

遂に我慢の限界に来たのでしょう。

 

これからはしっかり納品作業をしてください。

もしミスがあった場合には、納品不備受領手数料を徴収するということです。

SnapCrab_NoName_2016-7-15_19-19-17_No-00

  • ラベル要件
  • 梱包要件
  • 配送ラベル
  • 配送・経路指定要件
  • 在庫保管制限
  • ASINの制限値について

詳しくはAmazonセラーセントラルにアクセスして頂くとわかります。

特に梱包要件のここはしっかり確認してください。

クリックすると巨大化します

SnapCrab_NoName_2016-7-15_19-23-10_No-00

 

ここをしっかり見ると、受領拒否や着払いで返送などかなりキツイ仕打ちもありえるので、

ラベルに関しては特に注意して見ておくといいです。

 

ダンボールの中にハサミなどを入れてしまうのは問題外で一発アカウント停止になりますが、

ラベルで返送や着払い追加料金発生もかなりの痛手になります。

SnapCrab_NoName_2016-7-15_19-31-1_No-00

ところで気になるFBA納品不備受領手数料は?

人間なんでミスは付き物。

ラベル貼りなどは特にミスが発生しやすいです。

そこで万が一納品不備が発生した場合の徴収料金は?

 

SnapCrab_NoName_2016-7-15_19-36-4_No-00

クリックすると巨大化します

SnapCrab_NoName_2016-7-15_19-34-58_No-00

この表を見ると意外に高いことがわかります。

1点だけならいいですがかなり多くミスがあると費用も馬鹿になりません。

しかも、

ここを見て欲しいのですが初回と2回目以降は料金が違います。

最初に問題が見つかったとき:商品がAmazonフルフィルメントセンターに

納品され、最初に上記のそれぞれのタイプの問題が見つかった場合、

「最初に問題が見つかったとき」列に表示されている手数料が、

商品ごとに請求されます。

次回以降に問題が見つかったとき:「最初に問題が見つかったとき」の納品後に

同じタイプの問題がある商品が納品された場合、

「次回以降に問題が見つかったとき」列に表示された手数料が

商品ごとに請求されます。

上記の表を見て頂くとわかると思いますが、

初回と次回では手数料が約倍です。

これは本当に痛いです。

上記の表を見て頂くと一番費用が高いのがエアキャップです。

ここでミスが連発していると、あっという間に利益が食われてしまいます。

 

せっかく頑張って仕入れた商品が些細なミスで、

意味の無い費用を支払わなければいけなくなるので、

これから納品する時にはしっかりチェックすることをオススメ致します。

 

納品不備受領作業手数料が適用されるのは2016年8月15日(月)からです。

こちらからもう一度納品在庫要件を確認しておきましょう。

 

しかし、年々Amazonも規制が厳しくなったり手数料が高くなったりしますね。

Amazon一筋と言うのはもう終わりに近づいてきている感じがします。

 

リスク回避の為に、

他の販売販路の構築もしていきましょう。

↓ ↓ ↓

郵便局留の利用方法

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ