イヤイヤ期に突入【魔の2歳児の特徴と対応策】

イヤイヤ期に突入【魔の2歳児の特徴と対応策】

 

「イヤだイヤだイヤだ~!」

 

僕の子供はただ今イヤイヤ期に突入中。

 

 

イヤイヤ期ってどういう状態かと言うと、

納得しないことには全力で反発し「泣き叫ぶ」

 

 

第1次反抗期って1歳~3歳くらいまで続くらしいのですが、

僕の子供は2歳にもう少しでなるのですが、何に対してもまず反発します。

 

 

お風呂入るよ~~と僕が言っても、

「イヤ」

 

 

買い物に行くから靴履くよ~と言っても、

「イヤ」

 

 

何に対してもまずイヤって言うんです。

俗に言う魔の2歳児を体験しているんですが、

本当に大変。

 

 

2歳児くらいから自我が芽生えてくるので、

何でも自分でやりたがりますし、納得がいかないと物を投げたり、

大声で泣きます。

 

 

それも瞬間的ではなく、10分以上も泣き続けます。

 

 

この頃の子供って感情のコントロールが出来ないから、

一度本泣きしてしまうと自分でも抑えられないからしばらくず~~っと泣き止みません。

自分で止められないんです。

 

 

この頃の子供って泣くことで自己主張している部分もあるので、

自分を見て~!とか構って~!とか、訴えている時にもよく泣きます。

 

 

なので、

泣く前に気を紛らわせる為に絵本を見せたり、

音楽を聞かせたりするんですがあまり効果がありません。

 

 

そこで、

最近子供がよくスマホで動画を見るんです。

時代の流れですかね。

 

 

「お父さん、ゆ~ちゅう~ぶ」って言うんです。

Youtubeって自分で好きな動画を選べるじゃないですか。

 

 

なので、

僕の子供はアンパンマンの動画をずーーっと見ているんです。

 

 

これは絶対に良くない!と思い色々な方法で、

動画から離そうと思っていますが、自分で見たい動画を見れる機能は、

やっぱり離したがらないんです。

 

 

ずーーっと見るのはダメだよ~と促しても、

「イヤだ!イヤだ!」と騒いで全然スマホを離しません。

 

 

だからといって、

無理やり取り上げると必ず暴れて最後には爆泣き。

 

 

なので、

子供にどうやったら素直にスマホから手を離してもらうか考えたのですが、

やっぱり子供に納得してもらうのが1番なんです。

 

 

なので、

僕の場合は正面向き合ってきちんと理由を話します。


「お外出かけるから、洋服に着替えようね」とか

「お風呂入るから、ちょっとの間スマホをテーブルに置こうね」と


時間をかけて言います。

 

 

 

もちろん、

最初は「イヤ」といわれますが、

何度もお願いしたり、切り口を変えて言うと子供の方から、

「お父さんスマホどうぞ」と言ってくれます。

 

 

ここで分かったことは、この頃の子供でもしっかり自分の意志があって、

自分の中で納得出来るようになるとスムーズに言うことを、

聞いてくれるんだと言うことがわかりました。

 

 

本当に怪獣状態になるので、手に負えない時もありますが、

しっかり本人にお話すると意外と納得してくれるものです。

 

 

一番悪いのが無理やりにやること。

子供だって人間です。

 

 

無理やり引き離されたり、

連れ回されたりしたら嫌がります。

 

 

本人がある程度納得するまでお話してあげることも大事なんだなって事がわかりました。

 

 

つまり、

「子育てに正解はないけれど、本人の意志を無視して

大人の勝手な理由で無理に行動させず、子供の気持ちも考えて、

やりたいことをやらせることも必要」ということ。

 

 

性格は1人1人違うけれど、

真剣に子供に向き合えば理解してくれる事もありますよ。

気長に向き合いましょうね。

↓  ↓  ↓

大人でも楽しめるドラえもんパークとは?

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ