GoogleAnalyticsのキャプチャ画像は規約違反の可能性が高い

GoogleAnalyticsのキャプチャ画像は規約違反の可能性が高い

 

「全く知らなかった」

 

先日ブログのアクセスがどのくらいになっているのか、

Google AnalyticsとJetpack両方を見てみました。

 

そうするとGoogle AnalyticsとJetpackではページビューで大きな開きがあったんです。

 

どのくらいあったかと言うと約2倍近いことが判明しました。

僕は以前からGoogle AnalyticsとJetpackには疑問がありました。

どうしてページビューでこれほどの開きがあるのか?

 

そして、

色々検索しているうちにもっと重大な事を知ってしまいました。

 

GoogleAnalyticsのキャプチャ画像は規約違反

上記の見出しをみてビックリした人もいるのではないでしょうか?

僕も非常にビックリしました。

 

たまたま、

Google AnalyticsとJetpackの、

ページビューの違いを調べようと思っていたら、

まさかアクセス画像をサイトに使用すると規約違反になるなんて思いもよりませんでした。

 

そこで、

更に自分で検索をかけてみると様々な情報が出てきました。

 

1

 

ガーンって感じでした。

そして色々サイト内で確認してみると、

Googleアドセンスに影響がある記述が多かったのですが、

他にも調べてみると、スクリーンショットした画像も規約違反になる可能性が高いとのこと。

 

確かな事は直接Googleに聞くのが一番ですが、

アドセンス規約を確認するとこういう記述がありました。

参照:Adsense利用規約

9. 機密性   

あなたは私たちの書面による事前の同意なしにGoogleの機密情報を開示しないことに同意します。「Googleの機密情報には」は、(a)は、Googleのすべてのソフトウェア、技術およびサービスに関連した資料を、(b)はクリックスルー率やサービスに関連するようにプロパティのパフォーマンスに関連するその他の統計。(C)の存在、および詳細については、サービス中のベータ版の機能。そして、、(d)機密とマークされているか、正常にそれが提示されるような状況の下で機密とみなされるであろうGoogleが利用可能となる他の任意の情報。Googleの機密情報では、すでにそれは独立して、あなたが開発した、またはそれが合法的に第三者によってあなたに与えられた、サービスの利用に先立っては、それはあなたの過失によらずに公開さを知っていた情報が含まれていません。このセクション9にもかかわらず、あなたは正確にサービスの利用に起因するGoogleの総支払額を開示することがあります。  

 

ここを見ると、アクセスに関する情報を開示しちゃ駄目とは取れないとも言えますが、

そこは解釈の違いかもしれませんし、Googleが提供しているGoogle Analyticsなので、

このデーターを開示するのは禁止ですよ。とも取れるということです。

 

僕もアクセス数は実績になると思っていたので、

がっつり、サイドバーに貼ったり、幾つかの記事に使用したりしていました。

 

ただ、

Googleが駄目だよと言っているのなら、

無理に抵抗しても良いことはないので、

取り敢えず確認できる箇所の画像は全て削除しました。

 

おそらく、

かなりのブログで Analyticsのアクセス数はスクリーンショットをして、

実績として使っていると思います。

 

流石に、

Analyticsのアクセス数をスクリーンショットした画像をサイトに使ったくらいで、

検索エンジンから圏外に飛ばされる事は無いような気もしますが、

Googleが駄目と言っている以上貼らない方が得策なのは間違いありません。

 

資産ブログになっているのであれば、

検索エンジンから圏外に飛ばされるなんて事があった日には、

目も当てられませんし、立ち直れないくらいのショックを受けるはずです。

 

そうならない為にも、

Googleの規約はしっかり確認しておいた方がいいですね。

↓ ↓ ↓

資産となるブログの作り方とは?

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ