Amazon2段階認証のSMSが届かない件【認証アプリを使ったらうまく設定できたよ】

Amazon2段階認証のSMSが届かない件【認証アプリを使ったらうまく設定できたよ】

 

「あなたのアカウント乗っ取られていますよ!」

 

ここ最近、Amazonのセラーアカウントが乗っ取られるという事例が凄く増えています。

つい先日、僕のスクール生も「Amazonのアカウントが乗っ取られた」と報告がありました。

 

Amazonアカウントを乗っ取られると、銀行情報などを書き換えられ、

売上金が奪われるというケースも出ているようです。

 

Amazonマーケットプレイスでも被害がかなり出ています。

【Amazonで詐欺が横行中】マーケットプレイスで被害拡大

こちらも確認しておいてください。

乗っ取り被害の現状

すでに、被害を受けた人もたくさんいるようで、

Amazonセラーフォーラムでも、投稿されています。

“怪しい業者”になってしまっていた側です。

4月15日に、8年前に使用してそのままにしていた古いセラーアカウントに登録しているメールアドレスに、100件近い出荷依頼メールが届いて異変に気付きました。

確認したところ、セラーアカウントページの言語の変更、大口出品者への登録、新しいクレジットカード番号(名義は自分の名前になっています)の登録の後、1000件近い商品を一気に出品されており、ひとまずアカウントのパスワードを変えてからカスタマーセンターへ問い合わせました。

回答にたどり着くまでに1時間ほどかかりましたが、まずはアカウントを停止にしてもらいました。

使用していない出品者アカウントでしたので解約をお願いしましたが、検証後にアカウントを一旦復帰させてからでないと解約の処理ができないとのことで、現時点ではまだ検証中の段階です。

受けている注文へもカスタマーセンターからキャンセル対応をしてくださるということで、てっきり説明を添えてキャンセルの対応をされたものと思っていたのですが、「購入者からキャンセルの理由を教えてほしい」という旨のメッセージがカスタマーセンターから届くので、その都度またカスタマーセンターへ連絡して対応をお願いしている状態です。

こちらのスレッドを読んで、自分以外にも同じような状況になっている方がいるのではと思いました。

その場合カスタマーセンターに連絡してアカウントを停止してもらうことをお勧めします。

カスタマーセンターは、購入者、出品者などで分かれているようで、明確に「出品者アカウントに問題がある」と最初に伝えた方がいいです。

引用:セラーフォーラム書き込み

 

休眠アカウントなどがハッキングの対象になりやすいようです。

1年以上出品していない&評価も付いていないアカウントはかなり危険と言えます。

 

ただし、現在はしっかり動かしている、

アカウントも乗っ取り被害を受けています。

 

僕のスクール生も毎日セラーセントラルは使っているにも関らず、

乗っ取り被害にあってしまいました。

2段階認証設定をすることが大切

現在、多くの人がアカウント乗っ取り被害を受けていることから、

2段階認証設定をAmazonでも勧めています。

 

Amazonヘルプ2段階認証を有効にする

Amazonヘルプ2段階認証を使用してサインインする

 

ということで、2段階認証設定の方法を解説していきます。

2段階認証設定

まずは、AmazonのHPからアカウントサービスをクリックしてください。

クリックすると巨大化します

 

そして次に、サインインとセキュリティ(アカウント情報の変更)をクリックします。

 

続いて高度なセキュリティ設定を選択します。

次に、高度なセキュリティ設定の設定を開始をクリックします。

 

次に、コードの受取方法を選択します。

 

ここで、テキストメッセージ(SMS)で、

電話番号を入力し端末に送られてきたコードを取得したら、

そのコードを入力するのですが、「僕は何度もトライしましたが、

携帯電話にコードが届く事はありませんでした

 

 

同じような現象が起きている人も必ずいると思いますので、

今回、僕が2段階認証設定が出来た方法をお伝えします。

 

 

上記の画像の赤枠に「認証アプリ」という項目があります。

その認証アプリを選択してください。

 

 

そうすると、下記の画面のようにQRコードが出てきます。

 

このQRコードを読み取るためには、「Google認証システムアプリ」が必要になりますので、

お使いのスマートフォンから、アプリをインストールしてください。

 

Google認証システムアプリをインストールしたら、

コードの受取方法を選択に表示されている、QRコードを読み取ってください。

 

そうすると、青い数字のコードが表示されているはずなので、

その数字をQRコードの下にある入力項目に入力してください。

次に、「バックアップ手段を追加」の画面に移動しますので、

ここで、「音声電話」を選択してください。

 

ここで、あなたの電話番号を入力して「今すぐ電話する」をクリックしてください。

そうすると、Amazonから「自動音声によるワンタイムパスワード」が流れてきます。

それを「端末に送信されたコードを入力してください」のところに入力してください。

 

次に、「あと少しで完了します・・・・・」のページに移ります。

 

ここで、「よく使う端末にはコードの入力を不要にする」の下にある、

この端末ではコードの入力は不要です」にチェックを入れると、

いつも使う端末では通常通りログイン出来るようになります。

 

そして最後に、

「同意して2段階認証を設定にする」をクリックしてください。

 

そうすると、「2段階認証が有効になりました」と画面に表示されるようになります。

 

まとめ

2段階認証にしておくことで、通常の端末からは普通にログインできますが、

他の端末からログインをする場合には、アプリの認証コードを入力しないと、

ログインできないので、乗っ取りを回避することが出来ます。

 

こういうのはイタチごっこだったりするのですが、

被害が出てからだと、相当な労力と時間を失います。

 

面倒な作業かもしれませんが、自分の身は自分で守る必要がありますので、

必ず設定をしておきましょう。

 

オススメの記事はこちら

【Amazonで詐欺が横行中】マーケットプレイスで被害拡大

【初心者こそ導入してほしい】ワードプレスのセキュリティ強化に必須なプラグイン「SiteGuard WP Plugin」

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ