トミカ博in札幌2017【週末でも混雑を避けられる】

スポンサーリンク

トミカ博in札幌2017【週末でも混雑を避けられる】

 

「意外に空いてたよ」

 

トミカ博in札幌2017に行ってきました。

昨年も行ったので、今年でトミカ博に行くのは2回目。

 

会場は昨年と同じ、アクセス札幌

snapcrab_noname_2017-1-7_17-10-28_no-00

地下鉄東西線「大谷地駅」から車で3分/徒歩20分

JR「新さっぽろ駅」から車で7分

ジェイ・アール北海道バスJR札幌駅発 [1][1-3]新札幌線ほか

「厚別平和通入口」停留所から徒歩10分

北海道中央バス新さっぽろ駅発 [白27]山本線「花き卸売市場」停留所から徒歩6分

開催日時は1月6日(金)1月15日(日)まで。

 

 

今年は週末に会場に足を運んだので、

かなり人混みが予想できたので、どうしようか考えていました。

 

そこで、

会場の最終入場の16時30分の2時間前に出動することにしました。

実際に会場に着いたのは、15時丁度。

 

「めっちゃ混んでいるんだろうな~」と、

予想していたのですが、帰る人も多く会場は意外と空いていました。

 

昨年はかなり混んでいたので、

ちょっとビックリです。

 

2016年のトミカ博in札幌の様子はこちら

 

という事で、

会場で入場券を購入。

 

当日券は大人1枚1000円です。

(前売りは800円)

img_0837

 

2歳の子供は入場料がかからないのは知っていますが、

受付のお姉さんに取り敢えず言ってみる。

僕 「大人2枚に2歳の子供1枚」

受付 「2歳のお子さんは入場料無料です」

 

ということを再確認して、

いざ会場へ・・・・・

 

とその前に、

会場に入る前にトミカを貰えます。

非売品ですね。

 

チケット1枚と1個交換なので、

僕は家族と来ているので2個貰えました。

img_0839

そして、いざ会場へ・・・・・

レイアウトは昨年と同じですが、

並んでいるトミカは結構違いました。

img_0829

img_0834

 

あっ!お父さん早く!早く!と手を引っ張ってブースまで走っていくくらい、

子供ってオモチャが好きなんですね。

 

しばらくジッと眺めていました。

うわ~凄いね~。

大きいね~と言っていました。

 

昨年は1歳だったので、

ほとんど喋る事が出来なかったので、

楽しめているかどうかわかりませんでしたが、

今年は、ハッキリ感情表現や言葉を喋る事が出来ているので、

本当に大きくなったもんだと、親バカやってました(笑)

 

そして、

中に入っていくと、ジオラマがあります。

img_0835

 

これだけ大きいジオラマだと圧巻です。

大人から子供まで集まってじっくり見ていました。

 

おーー!新幹線があるよ、お父さん。って、

新幹線って言葉教えたっけ?とビックリしていた自分がいました。

 

これだけでも来た甲斐があります。

プラレールが好きな人にはたまらんでしょう。

 

そして、

会場内をウロウロしながら見ていると、

やっぱり今年もあるんだな~って思ったのがこれ。

img_0848

 

毎年思うんですが、

これ完全にトランスフォーマーですよね(笑)

 

子供も一緒に撮ってあげようとカメラを向けると、

要求していないのにピースポーズ。

 

しかも抜群に笑ってるし。

 

1歳の時、やっと立てるようになった時から、

教えてもいないのに、なぜかピースポーズをとる娘。

どこで覚えたんでしょう。

 

これがいつまで経っても謎なのです。

 

と言うように会場の奥まで進んでいくと、

アトラクションブースが多数あります。

 

すでに閉館時間が近づいていたせいか、

スムーズにチケットブースで11枚綴のチケットが買えました。

img_0849

 

1枚100円で11枚だと1000円。

100円お得です。

 

もちろん、

11枚綴のチケットを購入して、

今年もやりました!

「トミカ釣り」

残念ながら、写真は撮ってないのですが、

しっかりトミカをGETです。

 

なぜなら、

1分しか釣れる時間がないので、

子供と一緒だと写真撮ってる余裕がなかったです。

 

そして、

今年は各ブースが比較的空いていたので、

昨年断念した、トミカ組み立てブースに突入。

img_0850

 

まずは、車種を選んでからパーツも選択します。

子供は赤が好きなので、赤色のトラックをチョイス。

 

そして、

いざ組み立て工場へ。

 

しっかりネジを止めることろを、

娘はマジマジと見ていました。

 

普段見ない光景なので、

楽しかったのでしょう。

 

ちなみに、

トミカ釣りはチケットが5枚必要で、

トミカ組み立てはチケットが6枚必要です。

 

丁度11枚使い切って、ブースでのお遊びは終了。

 

最後に、

絶対に販売しているトミカ博限定商品。

 

もちろん、

今年も買いました。

 

アンパンマントミカと、

ドキンちゃんトミカです。

 

毎年思うんですが、この流れヤバイです。

 

入場券を購入して、一通りブースを見たら、

アトラクションがあって、やっぱりそこではアトラクションを、

やりたくなるので、チケットは買ってしまいます。

 

更には、

限定商品も販売しているので、

またそこでも限定商品を購入してしまう。

 

左回りで歩きながら、アトラクションや販売ブースで、

商品を購入させる仕組みは圧巻の一言です。

 

期間限定、希少性という言葉には、

やはり人は弱いですから。

 

僕もアフィリエイトをやっているので、

その辺は理解していますが、ついつい買ってしまいますね。

 

という事で、

お腹も減っていたので、トミカ販売ブースで販売していた、

トミカの焼印が入ったどら焼きをパクリ。

img_0836

 

味は普通ですが、

まあ記念ですから買ってみました。

 

今年は週末にトミカ博に行ったのですが、

時間帯をずらせば逆に空いていて楽しく遊べます。

 

僕が行った時間帯は15時だったのですが、

比較的空いていたので、人混みに酔ってしまう方は、

混雑する時間帯を外して、行ってみることをオススメします。

↓ ↓ ↓

札幌雪まつりの時期が近づいていますよ

 

電脳せどり超実践講座では、

今すぐ稼げる情報を無料公開中です。

無料で14日間サポートが受けられる超実践講座はこちら

↓ ↓ ↓

snapcrab_noname_2016-11-10_16-32-36_no-00



 

あっ

そうそう、

 

せどりをやりたい人ってたくさんいるんですが、

なぜか情報発信をやりたがらない人って実は凄く多いです。

 

 

でも、

あなたも実際にせどりをやってきて、

なんかあまりお金が残らないと感じたことはないですか?

 

 

そう、

せどりって仕入れた資金と利益を次の仕入れに回すから、

数字では稼げているんですが、

現金を手に出来ている実感がなかなか無かったりするんです。

 

 

僕もそうでした。

『なんだろう?数字上では儲かっているはずなのに、

なぜかお金があまり無いような気がする』

こんな感情を抱いていました。

 

 

稼げるはずのせどりだったんですが、

実際のところは現金をたくさん手にしている感覚はありませんでした。

 

 

でも、

情報発信は違いました。

 

あなたは知らないかも知れませんが、

デジタルコンテンツは在庫の概念がありません。

売れる商品を開発したら無限に売ることが出来ます。

 

 

しかも、

自分で販売すれば利益率95%超えです。

ほとんどが利益です。 現金が入金されて来ます。

 

 

更に、

あなたがせどりで身につけたノウハウや テクニックは、

キャッシュに変える事が出来ます。 それこそ無在庫ですよね。

 

 

あなたの知識をキャッシュに変える仕組みを作らないなんて、

キャッシュをドブに捨てているようなものです。

 

 

たった10万円稼いだ実績が、

1000万円もの金額を生み出す仕組み知りたくないですか?

 

 

僕も同じルートで月収1000万円を達成しました。

あなたにも出来る仕組みです。

 

 

これからは個人が情報発信をする時代です。

 

売った、買ったでは頭打ちになることは目に見えています。

今すぐこちらから、月収1000万円を稼ぐ黄金ルートを『完全無料』で手にしてください。

↓ ↓ ↓

snapcrab_noname_2016-10-9_22-29-27_no-00

※期間限定公開なので、

いつまで公開しているかわかりません。

今すぐお申し込みしてしまいましょう。

お申し込みは『完全無料』です。

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ