引っ越し先でインターネットを利用する時に失敗しない方法

スポンサーリンク

引っ越し先でインターネットを利用する時に失敗しない方法

 

「しばらく使えなかった」

 

引っ越し先でインターネットを利用する場合に、
注意しなくてはいけない点があります。

今回は僕の失敗談を書いていこうと思います。

引っ越しする時にはインターネット回線を確認

インターネットを使用する場合、特にインターネットを使ってお仕事をしている場合は、
特に注意してほしいのが、ネット回線の状況。

 

引越し先はインターネットがすぐに使える環境なのか、
すぐに使えない環境なのかによって大きく変わってきます。

 

特に開通作業だけで済む場合と、
工事が必要な場合では、建物に光回線が引いていない場合、
壁に穴を開けたりして、大掛かりな工事を行う事になりますので、
早めに予約をいれないと 1 ヶ月近く待たされることもあります。

引越し先のインターネット回線状況は確認した方がいい

これは僕の体験談なのですが、
引っ越しする場合、先に引越し先の、
インターネット回線状況をしっかり確認した方がいいです。

 

引越し先に、すでにインターネット環境が整っている場合と、
整っていない場合があるからです。

 

ここで注意してほしいのがインターネット環境が、
すでに整っている場合です。

 

僕は、マンションに引っ越しをしたのですが、
インターネット回線手続きをしようと思った所、
すでに引越し先にインターネット環境があるとの報告を受けました。

 

ですので、
開通作業だけで終わるものだと思っていたんです。

マンションタイプには全戸プランがある

全戸加入プランとは?

snapcrab_noname_2017-1-8_13-37-12_no-00

 

NTTが提供している光インターネット「フレッツ光ネクスト マンションタイプ」を全戸一括型として、建物の全世帯に提供するサービス。通常のフレッツ光マンションタイプはインターネットを使いたい各入居者がNTTと直接契約をするが、全戸加入プランは物件オーナーや管理会社が全戸分の契約をNTTと交わし、物件の設備として「フレッツ光 インターネット無料」と打ち出し入居者へ提供できる。
※引用先 http://internet-all.com/ntt-zenko-user/

 

僕が引っ越しするマンションは全戸加入プランのインターネット回線でした。

 

今までは自分でNTT光と契約していたのですが、
今度のマンションではオーナー側が用意している、
インターネット環境を使うという事になったのです。

 

しかし、
ここに大きな落とし穴があったんです。

引越し前のインターネット環境は使えない

僕は引越し前の自宅で使っていたインターネット回線は、
スムーズに現在の自宅でも使えるものだと思っていました。

 

ところが、
全戸プランを使えとオーナー側からの通達があり、
仕方なく全戸プランに変更しようと思ったのですが、
今まで使っていた、インターネット回線は解約しなくてはいけないことが発覚したんです。
(厳密には自分で全戸プランに加入せず個別で契約すれば使えます)

 

僕の場合、
新築のマンションに引っ越しが決まっていて、
オーナ側もインターネット回線に関しては詳しくなく、
インターネット環境は整っているということしか情報が無かったので、
それに従う方向で引越し作業を進めたんです。

 

なので、
インターネットが繋がらない期間というのが出来てしまったわけです。

開通工事は申し込みをしてからどれくらい待つのか?

通常、2週間から4週間くらい待つことになります。

 

そして、
これは混み具合によって変わってしまうので、
正確な事はわかりませんが、引っ越しシーズンの 12月や3月だと、
予約がいっぱいで、1ヶ月以上 待たされることもあるようです。

 

僕はNTTに電話をして直接聞きました。

 

なので、
引っ越しをする前に引越し先のインターネット環境を把握しておくことが大切です。

 

特に、

僕のように仕事で、インターネットを使うのであれば、
使用できない期間は職を失っている状態ですので、絶対に避けなければいけません。

 

開通作業だけなら、1時間ほどで済むはずですが工事となるとそうはいきません。

 

ちなみに、
インターネット接続工事には作業員が自宅に来て作業をするので、
立ち会いが必要になってきます。

 

その場合は平日に動けないと、
週末などになると思いますが、非常に混むので1ヶ月程待たされることもあります。
インターネット接続設定は作業員がその場ですぐに作業に入れますので、
1時間ほどで終了するかと思います。

 

ただし、
回線工事となると話は違ってきます。

 

建物に光回線が引いていない場合に行うので、
壁に穴を開けたりしてかなり大掛かりな工事を行うわけです。

 

なので、
作業時間も期間もかかります。
そこは注意が必要になってきます。

引越し後にインターネットが使えない場合はどうすればいいの?

完全に手詰まりの状況だったのですが、
僕の場合はWi-Fiルーターを持っていたので約1ヶ月間どうにか最低限の仕事は出来ました。

img_0855

 

ただ、
Wi-Fiも月間7GB以上使うと速度制限がかかってしまいますので、
動画などを長く見てしまうと一気に7GB使ってしまうので注意が必要です。

まとめ

今回は僕の体験談になってしまったのですが、
引っ越しの際には、インターネット環境をしっかり確認しておくことが必要です。

 

僕の場合、インターネットが使えないと死活問題になりますので、
今回約1ヶ月ほどインターネットが使えなかったのは本当に大変でした。

 

ポケットWi-Fiがあっても、出来ることは制限されてしまいますので、
やはり、しっかりネット環境を準備できるようにしてから、引っ越しをした方がいいです。

↓ ↓ ↓

モノレートが使えない時にはこのサイトが有効です。

 

電脳せどり超実践講座では、

すぐに3000円稼げる情報を無料公開中です。

無料で14日間サポートが受けられる超実践講座はこちら

↓ ↓ ↓

snapcrab_noname_2016-11-10_16-32-36_no-00



 

あっ

そうそう、

 

せどりをやりたい人ってたくさんいるんですが、

なぜか情報発信をやりたがらない人って実は凄く多いです。

 

 

でも、

あなたも実際にせどりをやってきて、

なんかあまりお金が残らないと感じたことはないですか?

 

 

そう、

せどりって仕入れた資金と利益を次の仕入れに回すから、

数字では稼げているんですが、

現金を手に出来ている実感がなかなか無かったりするんです。

 

 

僕もそうでした。

『なんだろう?数字上では儲かっているはずなのに、

なぜかお金があまり無いような気がする』

こんな感情を抱いていました。

 

 

稼げるはずのせどりだったんですが、

実際のところは現金をたくさん手にしている感覚はありませんでした。

 

 

でも、

情報発信は違いました。

 

あなたは知らないかも知れませんが、

デジタルコンテンツは在庫の概念がありません。

売れる商品を開発したら無限に売ることが出来ます。

 

 

しかも、

自分で販売すれば利益率95%超えです。

ほとんどが利益です。 現金が入金されて来ます。

 

 

更に、

あなたがせどりで身につけたノウハウや テクニックは、

キャッシュに変える事が出来ます。 それこそ無在庫ですよね。

 

 

あなたの知識をキャッシュに変える仕組みを作らないなんて、

キャッシュをドブに捨てているようなものです。

 

 

たった10万円稼いだ実績が、

1000万円もの金額を生み出す仕組み知りたくないですか?

 

 

僕も同じルートで月収1000万円を達成しました。

あなたにも出来る仕組みです。

 

 

これからは個人が情報発信をする時代です。

 

売った、買ったでは頭打ちになることは目に見えています。

今すぐこちらから、月収1000万円を稼ぐ黄金ルートを『完全無料』で手にしてください。

↓ ↓ ↓

snapcrab_noname_2016-10-9_22-29-27_no-00

※期間限定公開なので、

いつまで公開しているかわかりません。

今すぐお申し込みしてしまいましょう。

お申し込みは『完全無料』です。


スポンサーリンク


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-1076744244650195"
data-ad-slot="8456246869"
data-ad-format="auto">


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ