記事ネタが無いと困っている場合の対処法【オリジナル記事発掘法】

スポンサーリンク

-shared-img-thumb-N811_notepcwosawarubiz_TP_V

記事ネタが無いと困っている場合の対処法【オリジナル記事発掘法】

 

 

「書くことが無い」

 

 

記事ネタで悩むことないですか?

実は僕もブログを初めた当初はすぐに記事ネタに困っていた。

 

 

50記事も書くと「今日は何書こうかな~」とか、

「もうネタが無いよ」と一人で頭を抱えていたことがあります。

 

 

なので、

取り敢えず勉強しようかな?って思っていたんです。

 

 

ただ、

頭から絞り出そうとしてもなかなか思いつかないし、


その場で考えた記事ってなんだか薄っぺらい内容の事が本当に多い。

 

 

 

だから、

自分で行動することを心がけました。

例えば、あまりやったことがない店舗せどりの記事だったり、

プライベートな記事など、自分が体験した記事や、

学習した内容をまとめていこうと思ったんです。

 

 

 

それと平行して、教科書のような堅苦しい文章じゃなく、

僕自身の声というか記事を書いていこうと考えるようになったんです。

 

 

例えば、記事も、ただ淡々と書いても変化は無いし、

読んでいる方もすぐに飽きてしまいます。

 

 

なので、

フォントサイズを大きくしたり改行を不規則にしたり、

文字装飾をしたりして、読者に飽きさせない文章を書こうと思って実践してきました。

 

 

そして記事ネタもその日、何を書くのかを考えるのではなく、

常に記事ネタはストックしておくことを心がけるようになりました。

 

 

あ!っこれ書こう!って思っていても、

数分経ったらあれ?何書こうと思ったんだっけ?

ということが本当に多かったから。

 

 

せっかく思いついた記事ネタもすぐに忘れてしまわないように、

メモ帳などに記事タイトルだけでもストックしておくようにしているんです。

 

 

そうするとメモ帳を読みなおした時に、

「あっそうだ!この記事書こうと思ったんだ」と言うふうに思い出せたりします。

 

 

あと、

どうしてもネタが思いつかない場合は情報収集したりします。

TVからの情報だったり、インターネットからの情報だったりね。

 

 

そすると無限に記事ネタって出てくる。

ネタが無いって言う人は学習することや行動することが少ないと感じる。

 

 

記事ネタに困ったときほど、

勉強したり、情報収集したり、自分で体験したりするといいです。

 

 

そうやって、

体験談やリアルな記事を書くことによって読者さんから、

質問が来るようになってきます。

目次

SnapCrab_NoName_2016-2-29_18-27-12_No-00


【Kさんからの質問】



「復活のタイミングが読みきれません」



■ブログ・メルマガ・HPへの引用可否(フリー03):

引用可(苗字→イニシャル) ■質問内容(フリー04): ウエハースさんこんにちは。



私は電脳せどりを独学でやっています。

次のような商品を狙うスタイルです。





・発売から一ヶ月以内程度の回転率の良いCD・DVD・blu-ray

・もうすぐ一時在庫切れになりそうなもの FBAを利用しているため、





どうしてもタイムラグがあり、一時在庫切れになってから注文しては遅く、

また、仮に定価越えで売れなくても回転率が良ければ、

ある程度資金を回収できるとの考えです。





ところが、



肝心のアマゾンの在庫補充、復活のタイミングが読みきれません。

結構失敗してしまっています。





やはり商品タイトルによって一時在庫切れになりやすいもの(メーカー生産が少なくて人気があるもの?)があるのでしょうか。





最近ではおそ松さんとか。

例えばデジモン関係の商品は一時在庫切れになりやすいとか。

限定版の方がいいのかなとも考えたのですが、そうでも無さそうですし。





それを把握するのが先決でしょうか。





それともそういった法則的なものは無いのでしょうか。

あまりツールを購入したくは無かったのですが、

せどりアナライザは勉強に使えそうなので購入しました。





傾向をとるために、

一時在庫切れになりやすいタイトルの情報を蓄積した方がよいのでしょうか。

どうにかして在庫切れ(一時在庫切れも可)になりそうな、

商品の予測精度を上げることはできないのでしょうか。



アドバイス頂けましたら大変ありがたいです。 お忙しいところ申し訳ございませんが、

よろしくお願い致します。

SnapCrab_NoName_2016-4-15_16-9-58_No-00


【ウエハースの回答】



「在庫復活の予測は非常に難しいです」



お問合せありがとうございます。

ウエハースです。





Amazonの在庫復活に苦しんでいるようですね。





基本的にAmazonは発売から1か月以内の商品に関しては、

すぐに復活してくる傾向にあります。





在庫復活の予測は非常に難しいです。

発売から半年たった商品でも急に復活するときもありますし、

発売後から在庫切れする商品もあります。





特に予約転売になると予測が大事になるので、

非常に神経を使います。 完璧には無理ですが、

ネットショップの在庫状況等を確認すれば、

精度は上がると思いますよ。





今後とも宜しくお願い致します。

ウエハース

 

こんな感じで、たくさん相談メールをもらえるようにもなりました。

やっぱり、自分で体験したことや、学んだ事を記事にしていくことで、

新たな記事ネタも思いつきますし、体験したことならスラスラ書けるもんです。

 

 

つまり、

「記事ネタに詰まった時こそ、自分で体験することや

学習したことを吐き出すことでリアリティがあり、

記事に魂が宿るということ」

 

 

ただ情報収集するよりは、そこから自分で実践したり、

体験したりすることであなただけのオリジナル記事がドンドン書けるようになりますよ。

↓  ↓  ↓

ブログ開設2ヶ月で1000PV達成の秘訣

 

電脳せどり超実践講座では、

今すぐ稼げる情報を無料公開中です。

無料で14日間サポートが受けられる超実践講座はこちら

↓ ↓ ↓

snapcrab_noname_2016-11-10_16-32-36_no-00



 

あっ

そうそう、

 

せどりをやりたい人ってたくさんいるんですが、

なぜか情報発信をやりたがらない人って実は凄く多いです。

 

 

でも、

あなたも実際にせどりをやってきて、

なんかあまりお金が残らないと感じたことはないですか?

 

 

そう、

せどりって仕入れた資金と利益を次の仕入れに回すから、

数字では稼げているんですが、

現金を手に出来ている実感がなかなか無かったりするんです。

 

 

僕もそうでした。

『なんだろう?数字上では儲かっているはずなのに、

なぜかお金があまり無いような気がする』

こんな感情を抱いていました。

 

 

稼げるはずのせどりだったんですが、

実際のところは現金をたくさん手にしている感覚はありませんでした。

 

 

でも、

情報発信は違いました。

 

あなたは知らないかも知れませんが、

デジタルコンテンツは在庫の概念がありません。

売れる商品を開発したら無限に売ることが出来ます。

 

 

しかも、

自分で販売すれば利益率95%超えです。

ほとんどが利益です。 現金が入金されて来ます。

 

 

更に、

あなたがせどりで身につけたノウハウや テクニックは、

キャッシュに変える事が出来ます。 それこそ無在庫ですよね。

 

 

あなたの知識をキャッシュに変える仕組みを作らないなんて、

キャッシュをドブに捨てているようなものです。

 

 

たった10万円稼いだ実績が、

1000万円もの金額を生み出す仕組み知りたくないですか?

 

 

僕も同じルートで月収1000万円を達成しました。

あなたにも出来る仕組みです。

 

 

これからは個人が情報発信をする時代です。

 

売った、買ったでは頭打ちになることは目に見えています。

今すぐこちらから、月収1000万円を稼ぐ黄金ルートを『完全無料』で手にしてください。

↓ ↓ ↓

snapcrab_noname_2016-10-9_22-29-27_no-00

※期間限定公開なので、

いつまで公開しているかわかりません。

今すぐお申し込みしてしまいましょう。

お申し込みは『完全無料』です。

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ