電脳せどりに最適なスペックと予算【PCの選び方について】

スポンサーリンク

SnapCrab_NoName_2016-4-12_21-29-54_No-00

電脳せどりに最適なスペックと予算【PCの選び方について】

 

「サクサクが快適」

 

電脳せどりをやるにはPCが必要です。

出品作業をしたり商品をリサーチしたり情報収集をしたりしますよね。

なので必ずPCは使うんですが、どんなPCでもいいのでしょうか?

 

 

普通に出品する場合やスピードを重視しないリサーチならば、

高スペックのPCは必要ありません。

 

 

ただ電脳せどりをメインにしているなら、

ある程度のスペックは必要になってきます。

電脳せどり専用で使うPCの選び方

PCの性能はピンからキリまであるので、

どのくらいの性能のPCを選べばいいかわからない事もあると思います。

 

 

結論から言うと、

ある程度性能は高いほうが有利です。

 

 

電脳せどりではどうしても検索量が多くなってくるので、

タブが多くなれば、なるほど処理する時間が長くなってしまうからなんです。

 

 

普通にネットサーフィンや出品作業などに使うなら、

高スペックのPCは必要ありませんが、電脳せどりメインで使うのならば、

ある程度の性能は必要になってくると思います。

 

 

リサーチなどで「どうもPCの動きが遅いな~」と感じてきたら、

もうちょいスペックを上げたほうがいいかもしれません。

 

 

8~10万円も出せばある程度納得のPCが手に入ります。

低スペックのまま作業を続けていると、動作不良やフリーズすることが、

結構あるので、重いと感じたら買い替えも検討してみてください。

 

 

ちなみに、家電量販店などで販売しているPCは、

いらないソフトがたくさん入っていますし、値段も高いです。

 

 

僕の場合はカスタマイズしてもらっています。

必要な機能は極限まで投入して、いらないものは省いています。

ビックカメラでもカスタマイズしてくれる店舗もあります。

ちなみに僕は札幌のビックカメラで組み立ててもらいました。

 

 

その前に、

スペックって何?とか、どういうのを選んだらいいのかわからない事も、

多いと思いますので簡単に解説していきます。

パソコンの推奨性能一覧

電脳せどりで使用するならある程度性能がいいものを選ぶと、

ストレスフリーで作業できるので、下記の図を参考に今後検討してみてください。

SnapCrab_NoName_2016-4-12_19-8-2_No-00

OS(オペレーションシステム)の選び方

OS自体はWindows7以前のものとVista以外ならどれでも構いません。

8もちょっと使いにくかったので、7か10がいいのではないかと個人的には思います。

 

 

7以前のも、例えばXPとかはもうサポートがされませんので、

使わないようにしてくださいね。更新プログラムがもう無いので、

使用していると非常に危険です。

CPUの選び方

パソコン選びで一番重要なのがCPUです。

 

たくさんの作業をしても処理出来るかどうかは、

このCPUの性能が高いかどうかにかかっています。

 

 

極論CPUさえテッペンのもの(上位クラス)なら、

大量の検索やツールの同時作業にも耐えられます。

 

 

今では、もう遅いと言われているCeleron,Core2を使っていたら、

イライラしたり、作業効率が悪かったりするので、ここはケチらず、

ハイクラスのものをチョイスするといいと思います。

 

 

一番上のスペックがCore i7ですね。

価格的に厳しい場合はCore i5でも大丈夫です。

 

 

この2つのどちらかを選んで使うとストレス無く作業が出来ます。

メモリなどは後で増設出来ますのでCPUは良いものを選定するといいですね。

メモリの選び方

メモリは後で増設も出来るのですが、

基本ベースで必要なのが4Gだと思います。

 

 

僕の以前のPCは4G以下だったのですが、

タブを15個も増やすとずーーっとグルグルしているんです。

↓ ↓ ↓

SnapCrab_NoName_2016-4-12_19-44-31_No-00

なので、最低限4Gは欲しいところです。

推奨容量は8Gあればいいですね。

 

 

8Gを初めから標準装備のものにする場合は増設することで、

16Gまで増やすことが出来るものが多いので、使用頻度に応じて、

遅いと感じるようになったらメモリの増設をすればよいかと思います。

SSDの説明

 

ソリッドステートドライブ(英: solid state drive, SSD)とは、

フラッシュメモリを使用した補助記憶装置の一種である。

円盤型の磁気記録方式であるハードディスクドライブ(HDD)を、

エミュレートすることから、「ソリッドステートディスク」と、

呼称されることもある。

Wikipedia引用

 

これではちょっとわかりにくいですが、

要するに、HDDよりデータのやり取りがスピーディにできるという代物。

 

 

価格が高いので余裕が出来たらHDDと交換するといいですね。

ちなみに僕も持っていません。(汗)

 

 

世界が変わるらしいです。はぁ~~欲しい。

まとめ

最後に電脳せどりでストレスなく作業したいのであれば、

CPUはCore i5以上でメモリも8Gがいいと思います。

 

これだけのパフォーマンスが維持出来れば、

リサーチ量や有料ツールを回しながらでも全然ストレス無く作業が出来ます。

 

PCも安い買い物ではないので、ご自身の予算にあった最高の環境を手に入れて、

電脳せどりで稼いでいきましょう。

↓  ↓  ↓

電脳せどりの始め方

 

電脳せどり超実践講座では、

今すぐ稼げる情報を無料公開中です。

無料で14日間サポートが受けられる超実践講座はこちら

↓ ↓ ↓

snapcrab_noname_2016-11-10_16-32-36_no-00



 

あっ

そうそう、

 

せどりをやりたい人ってたくさんいるんですが、

なぜか情報発信をやりたがらない人って実は凄く多いです。

 

 

でも、

あなたも実際にせどりをやってきて、

なんかあまりお金が残らないと感じたことはないですか?

 

 

そう、

せどりって仕入れた資金と利益を次の仕入れに回すから、

数字では稼げているんですが、

現金を手に出来ている実感がなかなか無かったりするんです。

 

 

僕もそうでした。

『なんだろう?数字上では儲かっているはずなのに、

なぜかお金があまり無いような気がする』

こんな感情を抱いていました。

 

 

稼げるはずのせどりだったんですが、

実際のところは現金をたくさん手にしている感覚はありませんでした。

 

 

でも、

情報発信は違いました。

 

あなたは知らないかも知れませんが、

デジタルコンテンツは在庫の概念がありません。

売れる商品を開発したら無限に売ることが出来ます。

 

 

しかも、

自分で販売すれば利益率95%超えです。

ほとんどが利益です。 現金が入金されて来ます。

 

 

更に、

あなたがせどりで身につけたノウハウや テクニックは、

キャッシュに変える事が出来ます。 それこそ無在庫ですよね。

 

 

あなたの知識をキャッシュに変える仕組みを作らないなんて、

キャッシュをドブに捨てているようなものです。

 

 

たった10万円稼いだ実績が、

1000万円もの金額を生み出す仕組み知りたくないですか?

 

 

僕も同じルートで月収1000万円を達成しました。

あなたにも出来る仕組みです。

 

 

これからは個人が情報発信をする時代です。

 

売った、買ったでは頭打ちになることは目に見えています。

今すぐこちらから、月収1000万円を稼ぐ黄金ルートを『完全無料』で手にしてください。

↓ ↓ ↓

snapcrab_noname_2016-10-9_22-29-27_no-00

※期間限定公開なので、

いつまで公開しているかわかりません。

今すぐお申し込みしてしまいましょう。

お申し込みは『完全無料』です。

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ