せどり利益を最大化するための工夫と価格設定のコツ

スポンサーリンク

せどり利益を最大化するための工夫と価格設定のコツ

 

「利益最大化の方法とは?」

 

せどりを実践している人って日々増えているんだけれど、

価格設定を意識していない人が非常に多い。

特に多いのが最近せどりを始めた初心者がその傾向にあたります。

 

 

そこで、読者さんに聞いたことがあるのですが、

商品を出品する時に必ず最安値に合わせて価格設定している人って、

実は凄くたくさんいることが判明しています。

 

 

もちろん商品の売れ行き次第で最安値にしていく事はあるんだけれど、

何でもかんでも最安値というのは実は非常に勿体ない事をしていたりする。

 

 

なので、

ここでは出品した商品の値付けに関して解説していこうと思います。

販売点数は増えるけれど利益は減るパターン

僕もせどり初心者の時によくやっていたんですが、

出品した商品は一刻も早く売りたいと考え、何も考えず最安値に合わせていました。

 

 

FBAであれば最安値に合わせておくことで、

カートが早く回って来ることがあるので確かに売れるスピードは良いんだけれど、

そういう思考は同業他社も同じことを考えています。

 

 

だから、

1人が最安値に設定しだすと、

芋づる式にドンドン最安値が更新されていく状況によくなる。

 

 

よくあるのが、価格改定ツールを使っていて、

自動的に最安値から1円下げという設定が施されているので、

そこに合わせて価格調整していくと泥沼の価格バトルが勃発するということがあります。

 

 

はっきりいって仕入れた商品は利益が取れるはずの商品だったのに、

1円下げバトルに参加して見込み利益を大幅削るっていうのは愚の骨頂です。

 

 

もちろん同業他社全体で価格を下げだしたら、

自分が売れなくなる事もあるのでライバルの動きを、

モニターチェックする必要はあるんだけれど、

 

1人2人が価格をガンガン下げていったからといって、

ついて行くっていうのはちょっと考えもの。

 

そこはしっかり市場の流れを読んで価格設定して下さい。

クレジットカードで仕入れているプレッシャー

せどりって資金がたくさんある人ほど有利なんだけれど、

実は資金が無くても仕入れが出来てしまうのがクレジットカードの存在。

 

 

確かに現金を使わずに仕入れをすることが出来るし、

仕入れた商品がすぐに売れてくれれば、

仕入れ資金がなくても利益や資金を回収出来るメリットはあります。

 

 

しかし、クレジットカードには支払期限がありますよね。

カード会社の種類によって支払期限が違いますが、平均すると1ヶ月半くらいのものが多い。

 

 

だから、

仕入れた商品が1ヶ月以内で売れてくれないと売り上げの目処が立たないので、

いざカードの支払日が来た時に青ざめてしまう。

 

 

資金が無くても仕入れが出来る反面、

支払期限という鎖がついているので、常に商品の在庫数や価格改定には神経を使います。

そして一番キツイのが、価格バトルによる利益の目減り。

 

 

想定利益を大幅に削られても、利益が出るならまだいいですが、

価格バトルに巻き込まれ、

仕入れ値を割るといった事も少なくないと思いますし、

副業でせどりをやっている人なら本業で仕事をしていても、

常に売り上げの事が気になり、精神衛生上よろしくないことが非常に多い。

 

 

もっと酷くなると、

仕入れた商品が1ヶ月で売れないと売り上げが立たないので、

最悪リボ払いにする人もいます。

 

 

せっかく仕入れた商品がリボ払いにしたがゆえに、

手数料で全て利益を持っていかれます。

 

 

こうなってくると何のためにせどりをやっているのか、

全くわからなくなってきますよね。

 

 

なので、

クレジットカードはせどり初心者には扱うのが非常に難しいと言うことがわかります。

まずは現金仕入れで冷静に価格改定してみる

せどり初心者時代はどうしても、

仕入れた商品の資金と利益を早く回収したいと思ってしまいます。

 

 

もちろん僕もそうでしたし、気持ちはよく分かります。

 

 

ただ、

せどりにも慣れてきたら、

市場の流れや同業他社の動向によって値付けをしていくことをオススメします。

 

 

そうすることで、

想定利益を回収することが出来るようになりますし、

価格調整を頻繁にしなくていいので作業時間を減らす事ができます。

 

 

では、

実際にどうやって値付けをしていけば良いのかを解説していきます。

最安値にするかどうかの基準を決める

これは僕の基準なんだけれど、

例えば、DVDの商品でランキングが1000位で利益が1500円とか取れるのであれば、

出品者数が200,500,というような異常な数でない場合は、

最安値にはせず、2番手~5番手くらいで様子をみるようにしている。

 

 

なぜなら、

1000位というランキングは販売してみると分かるんですが、

納品が完了した瞬間に売れている事って実はよくある。

 

 

そのくらい早いペースで売れていくんです。

なので、無理に最安値に合わせずとも、勝手にドンドン最安値から順番に売れていくので、

2~5番手にしていたとしても、売れるまでの期間は短いと考える事が出来ます。

 

 

もちろん、

ライバルがドンドン価格を下げてきたり、

出品者数がもっと増えた場合には別の対応が必要になることもありますが、

 

基本的には異常な数のライバルがいない場合には、

最安値にしなくても余裕がある値付けをしていくことで、

より大きな利益を確保することが出来ます。

商品コンデションの違い・付加価値

新品商品では価格面でしかライバルに差を付けることが出来ないのが現状なんだけれど、

中古品に関しては付加価値や商品コンディションによって、

ライバルより利益を多く取ることが可能です。

 

 

例えば、

「キズ・汚れ」はもちろんのこと、「付属品・特典完備」も、

ライバルと差を付けられるところでもあります。

 

 

そもそも中古品は同じ商品コンディションにすることが難しいので、

付加価値があるかどうかで値付けも大きく変わってきます。

 

 

他には、

中古品だけが使える商品画像です。

 

 

例えば、

最近販売したこの商品ですが、

↓  ↓  ↓


「楽天」Wii U スーパーマリオメーカー セット WUP-S-WAHA 新品

 

SnapCrab_NoName_2016-4-24_18-27-51_No-00

 

上記の画像のように中古品では商品画像を掲載することが出来るので、

購入者が商品の状態を画面で確認することが出来ます。

 

 

新品商品ではこの設定は出来ないので、

上手く使うと新品価格より高値で販売することが出来ます。

 

 

ちなみに、

上記の商品は商品購入時から箱潰れがあり、

新品では出品出来ないと考え、写真付きでほぼ新品で販売しました。

 

 

冒頭でもお話しましたが、

新品商品は商品説明欄でしか差別化出来ないのと、

価格面でしかライバルと差別化出来ないことから、異常な値下げ競争が起きていました。

 

 

なので、

ここで僕が取った行動は、

しっかり商品画像を掲載し、商品コンディション説明欄にも、

【箱のダメージ以外は全て新品で未開封です。】と掲載し、

価格も新品より1000円ほど高く販売したところ、わずか3日で旅立ってくれました。

 

 

あの時、無理に新品で販売していたら、

購入者側からクレーム&返品の往復ビンタ&価格面でも安く販売していたかもしれません。

 

 

要するに、

購入する側の立場になって考えたら、

商品のコンディションは確認できるし、説明欄もしっかり記載されている。

 

 

そして中古なのに新品と変わらないと言う事を考慮して、

購入しようと考えたのでは?と予測することが出来ます。

 

 

自分だけの利益を考えていたら、

僕は新品価格のバトルに巻き込まれ、

ライバルよりコンディションの悪い商品を新品で出していて、

もしかしたら、クレーム&返品などのダメージがあったかもしれません。

 

 

こういう思考は非常に大事なので、

これからせどりをやっていく上で身につけた方がいいスキルではあります。

利益を最大限に獲得する3つのポイント

最後にまとめると、

価格改定をする際には3つのポイントを抑えるようにして下さい。

 

 

1、販売ページは1ページ目に掲載されるようにする。

2、商品コンディションがいい場合には最安値ではなく、

その周辺で価格設定してみる。

3、ライバルの在庫数やコンディション、評価などを考慮して値付けをしていく

 

 

こうやって色々試しながら設定していくと、

最安値よりは販売ペースが落ちるかもしれませんが、

利益を多く取り販売ペースもそこまで落とすこと無く売ることが出来ます。

 

 

消費者側の考え方としては、

コンディションがいいのであれば多少高くても良いほうを選ぶ事もありますし、

商品コンディションは特に気にしないから一番安い商品を買いたいと言う人もいるので、

必ず最安値から売れていくという訳ではないので価格調整は色々試しながら、

最大の利益が出せるように設定していきましょう。

↓  ↓  ↓

資金の使い方ちゃんと出来てる?

 

電脳せどり超実践講座では、

今すぐ稼げる情報を無料公開中です。

無料で14日間サポートが受けられる超実践講座はこちら

↓ ↓ ↓

snapcrab_noname_2016-11-10_16-32-36_no-00



 

あっ

そうそう、

 

せどりをやりたい人ってたくさんいるんですが、

なぜか情報発信をやりたがらない人って実は凄く多いです。

 

 

でも、

あなたも実際にせどりをやってきて、

なんかあまりお金が残らないと感じたことはないですか?

 

 

そう、

せどりって仕入れた資金と利益を次の仕入れに回すから、

数字では稼げているんですが、

現金を手に出来ている実感がなかなか無かったりするんです。

 

 

僕もそうでした。

『なんだろう?数字上では儲かっているはずなのに、

なぜかお金があまり無いような気がする』

こんな感情を抱いていました。

 

 

稼げるはずのせどりだったんですが、

実際のところは現金をたくさん手にしている感覚はありませんでした。

 

 

でも、

情報発信は違いました。

 

あなたは知らないかも知れませんが、

デジタルコンテンツは在庫の概念がありません。

売れる商品を開発したら無限に売ることが出来ます。

 

 

しかも、

自分で販売すれば利益率95%超えです。

ほとんどが利益です。 現金が入金されて来ます。

 

 

更に、

あなたがせどりで身につけたノウハウや テクニックは、

キャッシュに変える事が出来ます。 それこそ無在庫ですよね。

 

 

あなたの知識をキャッシュに変える仕組みを作らないなんて、

キャッシュをドブに捨てているようなものです。

 

 

たった10万円稼いだ実績が、

1000万円もの金額を生み出す仕組み知りたくないですか?

 

 

僕も同じルートで月収1000万円を達成しました。

あなたにも出来る仕組みです。

 

 

これからは個人が情報発信をする時代です。

 

売った、買ったでは頭打ちになることは目に見えています。

今すぐこちらから、月収1000万円を稼ぐ黄金ルートを『完全無料』で手にしてください。

↓ ↓ ↓

snapcrab_noname_2016-10-9_22-29-27_no-00

※期間限定公開なので、

いつまで公開しているかわかりません。

今すぐお申し込みしてしまいましょう。

お申し込みは『完全無料』です。

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ