キンコン西野「えんとつ町のプペル」のクオリティと無料公開にビックリ

スポンサーリンク

 

出典:http://lineblog.me/nishino/

キンコン西野「えんとつ町のプペル」のクオリティと無料公開にビックリ

 

「何このクオリティ」

 

お笑い芸人の、キングコング西野さんが絵本を出版しました。

西野さんが4年半かけて作った絵本「えんとつ町のプペル

えんとつ町のプペル

新品価格

¥2,160から

(2017/2/22 20:51時点)


ニュースになるほどの影響力があった絵本

正直お笑い芸人が描いた絵本なんて、大したことないんだろうと思って、

僕は全然注目していなかったんですが、奥さんが僕にコンコンと、

この絵本は素晴らしいと言っていたので、ちょっと検索してみることにしたんです。

僕はこの絵のクオリティを見た時に、

この人は芸人として様々な物議を醸し出してきたけど、

絵本の世界では凄い才能があるんだと考え直しました。

 

 

そして、「LINE BLOG」で「お金の奴隷解放宣言。」というタイトルをつけて、

インターネット上で4年半かけて作った「えんとつ町のプペル」を無料公開したんです。

 

 

僕もニュースで、ちらっとその話を見ましたが、

その時は全くの無関心で気に留めていなかったんですが、

実際に絵本を見るとその完成度の高さに驚きました。

Amazonランキングで1位を取り26万部を売り上げた本

先程も書きましたが、「お金の奴隷解放宣言。」という記事の中で、

価格が2000円は高い!と小学生が言っていたとのこと。

 

 

これだけの色使いや作業にかけた時間を考えると、

2000円は安いと思うのですが、小学生にすると物凄く高い金額に感じてしまいます。

 

 

ということで、

まさかの無料公開に踏み切りました。

 

 

僕は購入はしていないのですが、インターネットで見た時に、

これは遊び半分じゃなく本気で作成したものだと絵から感じました。

 

 

そして、「ゴミ人間」と罵られた人間に対して、

「プペル」という名前を付けてくれた上に友達になってくれた少年ルビッチ。

 

 

この絵本の中のセリフに物凄く共感する言葉がありました。

他の誰も見ていなくてもいい。

黒い煙のその先に、お前が光を見たのなら、

行動しろ。思いしれ。そして、常識に屈するな。

お前がその目で見たものが真実だ。

あの日、あの時、あの光を見た自分を信じろ。

信じぬくんだ。たとえ一人になっても

 

これ、僕がインターネットビジネスを始めた時に、

自分に言い聞かせていた言葉です。

 

 

ネットビジネスの世界でお金を稼ぐって、

一般社会の人には、まだまだ理解が出来ない事が多いです。

 

 

・怪しいことやっているとか、

・騙されているに違いないとか、

・普通に働かないと痛い目に会うとか、

 

 

たくさん言われ続けてきましたし、

そういうことを今でも言われ続けている人も知っています。

 

 

僕も始めは「インターネットビジネスで生活する」って奥さんに言った時には、

バカなんじゃないの?って言われました。

 

 

誰も応援してくれる人がいない気持ちは痛いほどわかります。

 

 

なので、

自分に言い聞かせるんです。

 

「絶対に成功してやる」

「周りを認めさせてやる」

 

そうやってコツコツと行動を起こしてきたんです。

 

 

なので、

このセリフを見た時に「あっ同じだ」と思ったんです。

『ギブ&テイク』ではなく『ギブ&ギブ』

ギブ&テイクではなくギブ&ギブっていうのも、

キンコン西野さんは記事で書いていますね。

僕の財産は、『えんとつ町のプペル』という《作品》だと思うのですが、
個人の財産を個人が独り占めするのではなく、分配し、皆の財産にしようと思いました。
皆が豊かになった方が、巡り巡って自分も豊かになるだろう、と。
『ギブ&テイク』ではなく『ギブ&ギブ』。
自分のことだけを考えても、その方が良いだろうと結論しました。

 
人って見返りを求める事が凄く多いので、

何かをしてあげたら、何かをしてもらいたいって気持ちがどうしてもあります。
 
 
 
でも、

見返りを求めず与え続ける事をしていると、

実はリターンが大きかったりします。
 
 
 
ちょっと矛盾していますが、実は自分が稼げるようになるには、

まず相手にメリットを与え続けないといけないんです。
 

まとめ

今回は、僕のお話も少し入ってしまいましたが、

「えんとつ町のプペル」を世に送り出した、

キングコング西野さんの見方が僕の中で変わりました(笑)

 

 

調べてみると、絵本業界って1万部売れたら万々歳の業界なのに、

26万部も売り上げているのは、この本がそれだけの魅力を持っているということでしょう。

 

素晴らしい作品に仕上がっている、

大ベストセラー本なので、是非手にしてみてください。

えんとつ町のプペル

新品価格

¥2,160から

(2017/2/22 20:51時点)


ちなみに、考え方に物凄く共感するのが、

この人の本です。お金について生々しく、

どういう使い方をすればいいのか語ってくれています。

↓↓↓

関連記事:堀江貴文著「ウシジマくんvsホリエモン 人生はカネじゃない」

電脳せどり超実践講座では、

今すぐ稼げる情報を無料公開中です。

無料で14日間サポートが受けられる超実践講座はこちら

↓ ↓ ↓

snapcrab_noname_2016-11-10_16-32-36_no-00



 

あっ

そうそう、

 

せどりをやりたい人ってたくさんいるんですが、

なぜか情報発信をやりたがらない人って実は凄く多いです。

 

 

でも、

あなたも実際にせどりをやってきて、

なんかあまりお金が残らないと感じたことはないですか?

 

 

そう、

せどりって仕入れた資金と利益を次の仕入れに回すから、

数字では稼げているんですが、

現金を手に出来ている実感がなかなか無かったりするんです。

 

 

僕もそうでした。

『なんだろう?数字上では儲かっているはずなのに、

なぜかお金があまり無いような気がする』

こんな感情を抱いていました。

 

 

稼げるはずのせどりだったんですが、

実際のところは現金をたくさん手にしている感覚はありませんでした。

 

 

でも、

情報発信は違いました。

 

あなたは知らないかも知れませんが、

デジタルコンテンツは在庫の概念がありません。

売れる商品を開発したら無限に売ることが出来ます。

 

 

しかも、

自分で販売すれば利益率95%超えです。

ほとんどが利益です。 現金が入金されて来ます。

 

 

更に、

あなたがせどりで身につけたノウハウや テクニックは、

キャッシュに変える事が出来ます。 それこそ無在庫ですよね。

 

 

あなたの知識をキャッシュに変える仕組みを作らないなんて、

キャッシュをドブに捨てているようなものです。

 

 

たった10万円稼いだ実績が、

1000万円もの金額を生み出す仕組み知りたくないですか?

 

 

僕も同じルートで月収1000万円を達成しました。

あなたにも出来る仕組みです。

 

 

これからは個人が情報発信をする時代です。

 

売った、買ったでは頭打ちになることは目に見えています。

今すぐこちらから、月収1000万円を稼ぐ黄金ルートを『完全無料』で手にしてください。

↓ ↓ ↓

snapcrab_noname_2016-10-9_22-29-27_no-00

※期間限定公開なので、

いつまで公開しているかわかりません。

今すぐお申し込みしてしまいましょう。

お申し込みは『完全無料』です。

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ