Amazonから最速で返送する方法【顧客対応が優先】

スポンサーリンク

mig

Amazonから最速で返送する方法【顧客対応が優先】

 

「え?こういう場合はどうすればいいの?」

 

販売数が多くなってくると返品や返金って必ずあるんですが、

その中でも多いのが購入者の勝手な都合での返品。

 

「もういらないから返品した」とか、

「映画の内容がつまらないから返品する」とか、

 

全く意味不明な購入者がたくさんいるので、

僕達、マーケットプレイス(販売代行)は、

こういう購入者にはできるだけ出会いたくないものです。

 

僕も返品される事はちょくちょくあるのですが、

返品理由が「拒絶」という事でAmazonに商品が戻って来たのにはビックリしました。

 

SnapCrab_NoName_2016-5-13_13-13-50_No-00

 

いやいや自分で購入したのに拒絶って何?と思いましたが、

販売可能だったので取り敢えず良かったな~~と、この時は思いましたが、

中には「わがままな」購入者もいます。

 

これは僕のコンサル生が実際に出会ったトラブルなんですが、

購入した商品の色が違うとの事で返品をAmazonに依頼しました。

 

こういう返品は良くあるのですが、

購入者はどうやら日本人ではない様子。

 

しっかり言葉が理解できているかも微妙との事でしたが、

何とか言葉は理解してくれた様子で、

求めていた色の商品と取り替える事で話がつきそうでした。

 

コンサル生も仕入れた商品は間違いがないように確認して、

AmazonFBAで送ったはずなので、仕入れた商品には自信があったはずですが、


もし誤って色違いが届いたなら、Amazonの梱包ミスでは?と、

気にはなっていたみたいです。



そして適正な商品を送る前に、一度自分の目でも確認したく返送をかけて、

返品された商品を確認してから、再度購入者に希望の商品を届けようと思っていました。

 

ところが、一週間以内に求めている商品を届けて欲しいとのこと。

 

コンサル生も住んでいる地域が北海道なので、返送を依頼して商品を確認して、

再度商品を購入者に届ける事を想定していましたがどう考えても一週間では、

購入者に商品を届けることが出来ないと判断しました。

 

そこでAmazonに返送された商品の色を、

Amazonに確認してもらうことが出来ないか打診したところ、

現在はそのような対応はしていないとのこと。

 

通常の返送だと届くまでに一週間ほどかかるし、

かと言ってAmazonでは確認はしてくれないし、

購入者側は勝手に期限を決めてくるし、

 

「さあ困ったぞ」と思っていると、Amazon担当者からこんな提案が出ました。

 

「Amazonに返品された商品を自分に向けて、

マルチチャネルで送れば通常の返送より圧倒的に早いとのこと。

マルチチャネルをエクスプレス便で自分に送ることで2日あれば、

北海道には余裕で商品が届くと提案されたようです」

 

「もちろん手数料は取られてしまいます」が、

顧客対応の為にはこういう手段も使えるということです。

 

自分に落ち度が無くても返品は必ずあるので、

そこでどういう対応が出来るかで販売者側の評価が決まります。

 

ちなみに今回は特殊な例ですが、

FBA商品の返送、所有権放棄の申請方法についても解説していきます。

FBA商品の返送、所有権放棄の申請方法

 

Amazonセラーセントラルの在庫」からFBA在庫管理」を選択します。

クリックすると巨大化します

SnapCrab_NoName_2016-5-13_14-0-50_No-00

 

次に商品一覧から返送、もしくは所有権を放棄したい商品を選択します。

選択したら、下記の画像のように適用ダブを開いて、

「返送/所有権の放棄依頼を新規作成」を選んでGoをクリックします。

クリックすると巨大化します

SnapCrab_セラーセントラル - FBA在庫 - Amazon セラーセントラル - Google Chrome_2016-5-13_19-26-22_No-00

次に依頼内容の画面に移りますので、

ここでお届け先を選択しましたら「返送」商品が必要ない場合は、

「所有権を放棄」を選択します。


返送の場合は依頼する商品の数量を選択と住所を確認の上続けるをクリックしてください。

クリックすると巨大化します

25

 

最後に申請内容を確認して問題がなければ、

返送もしくは破棄をしましょう。

クリックすると巨大化します

SnapCrab_NoName_2016-5-13_14-45-59_No-00

 

返送の場合は手続きが完了してから数日後に商品が郵送で届きます。

破棄の場合はAmazonで破棄してくれるので特に何かをする必要はありません。

これで「返送/所有権の放棄依頼を新規作成」の作業は終了です。

まとめ

 

今回コンサル生が体験したケースはそうそう多くは無いかもしれませんが、

商品を返送するスピードを上げる方法として、

マルチチャネルを使うという方法があったのは初めて知りました。

 

マルチチャネルの通常の使い方はFBAに在庫を保有した状態で、

販売販路を変更できるサービスです。

 

これを自分に向けて使うという発想がなかったので、

とてもいい勉強になった事例でした。

あなたも、もし同じ状況になった場合は、

手数料は取られてしまいますが顧客対応をMAXにするためにも、

自分にマルチチャネルを利用してみましょう。

↓  ↓  ↓

広告をブロックする方法はこちら

 

電脳せどり超実践講座では、

今すぐ稼げる情報を無料公開中です。

無料で14日間サポートが受けられる超実践講座はこちら

↓ ↓ ↓

snapcrab_noname_2016-11-10_16-32-36_no-00



 

あっ

そうそう、

 

せどりをやりたい人ってたくさんいるんですが、

なぜか情報発信をやりたがらない人って実は凄く多いです。

 

 

でも、

あなたも実際にせどりをやってきて、

なんかあまりお金が残らないと感じたことはないですか?

 

 

そう、

せどりって仕入れた資金と利益を次の仕入れに回すから、

数字では稼げているんですが、

現金を手に出来ている実感がなかなか無かったりするんです。

 

 

僕もそうでした。

『なんだろう?数字上では儲かっているはずなのに、

なぜかお金があまり無いような気がする』

こんな感情を抱いていました。

 

 

稼げるはずのせどりだったんですが、

実際のところは現金をたくさん手にしている感覚はありませんでした。

 

 

でも、

情報発信は違いました。

 

あなたは知らないかも知れませんが、

デジタルコンテンツは在庫の概念がありません。

売れる商品を開発したら無限に売ることが出来ます。

 

 

しかも、

自分で販売すれば利益率95%超えです。

ほとんどが利益です。 現金が入金されて来ます。

 

 

更に、

あなたがせどりで身につけたノウハウや テクニックは、

キャッシュに変える事が出来ます。 それこそ無在庫ですよね。

 

 

あなたの知識をキャッシュに変える仕組みを作らないなんて、

キャッシュをドブに捨てているようなものです。

 

 

たった10万円稼いだ実績が、

1000万円もの金額を生み出す仕組み知りたくないですか?

 

 

僕も同じルートで月収1000万円を達成しました。

あなたにも出来る仕組みです。

 

 

これからは個人が情報発信をする時代です。

 

売った、買ったでは頭打ちになることは目に見えています。

今すぐこちらから、月収1000万円を稼ぐ黄金ルートを『完全無料』で手にしてください。

↓ ↓ ↓

snapcrab_noname_2016-10-9_22-29-27_no-00

※期間限定公開なので、

いつまで公開しているかわかりません。

今すぐお申し込みしてしまいましょう。

お申し込みは『完全無料』です。

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ