Amazon出品規制【家電商品・大手メーカーのブランド申請追加】

スポンサーリンク

Amazon出品規制【家電商品・大手メーカーのブランド申請追加】

 

「大改革が起きてるの?!」

 

先日から大騒ぎになっている、

家電商品に対する出品規制が始まりましたね。

 

 

僕が運営しているLINEチームでも規制が開始された当日に、

情報が入って来ましたが、確かな情報かどうかを精査するために、

ブログでの公開は抑えていましたが、Amazonへ問い合わせたメールが、

来ましたので情報公開させて頂きます。

 

 

今回騒ぎになっているのが、

家電商品に関する出品規制ですね。

 

その前に出品規制になっている他のカテゴリーも必ずチェックしておきましょう。

↓↓↓

Amazon出品規制【CD・DVD・Blu-rayが出品出来なくなった件】

Amazon出品規制【オランジュ・ルージュというブランドが原因?】

 

 

実際にAmazonテクニカルサポートに問い合わせてみたところ、

このようなメールが届きました。

Amazonテクニカルサポートからのメール

ご担当者様

Amazonテクニカルサポートより、ご案内いたします。

このたびは当サイトのご利用につきまして、

ご不便をおかけしておりますことをお詫び申し上げます。

お問い合わせいただきました、

出品申請が必要な商品(メーカー)についてご案内いたします。

テクニカルサポートでも担当部署へ確認をいたしましたところ、

大変申し訳ございませんが、出品申請が必要となる具体的なメーカー名や、

ブランド名につきましては公開がされておりませんため、

今後どの商品が対象・拡大になるかにつきましても、

具体的な回答ができないことをお詫び申し上げます。

なお、現在出品申請が必要となる商品についての、

出品者様側でのご確認方法としましては、

お手数をおかけしまして申し訳がございませんが、

下記画面から当該ASINに対して商品の検索をおこなっていただき、

【出品許可申請】のボタンの有無にて確認をしていただく方法となりますことを

何卒ご容赦いただけますことをお願い申し上げます。

■商品登録

https://sellercentral-japan.amazon.com/productsearch/ref=ag_addlisting_dnav_xx_

出品者様にはご不便をおかけしている中恐縮ではございますが、

上記ご確認の上、何卒ご対応のほどよろしくお願いいたします。

現時点ではすべてのお客様にご満足いただけるまでに、

至っていないことを肝に銘じ、よりご満足いただけるサイトづくりと、サービスの向上に努めてまいります。

この他にもご不明な点がございましたら、Amazon テクニカルサポートまでお問い合せください。

今後とも、Amazon.co.jpをよろしくお願いいたします。

 

このようなメールが届きました。

何ともぼんやりした内容のメールですね。

 

 

要するに、

自分で調べて出品申請が必要なものに関しては、

ルールに従い申請してねってことなのでしょう。

 

 

という事で、

僕のLINEチームから得た情報を元に、

出品登録をしてみた結果、出品出来る商品と出来ない商品は、

各個人、個人によって違う感じです。

 

 

これは以前Amazonから電話連絡を頂いた時に聞いたのですが、

過去1年間出品していない商品に関しては規制が入るとのことでした。

 

 

今回の規制もその条件に従って、かけられているものではないかと思います。

 

実際に出品登録で引っかかる商品とは?

僕は家電関係はほとんど出品していなかったので、

おそらく殆どの商品が駄目なのかな?と思って、

LINEチームで聞いたメーカーの商品を出品登録出来るか確認してみました。

 

snapcrab_noname_2016-12-14_21-8-42_no-00

パナソニックのドライヤーが駄目でした。

中古品としては出品できるのですが、

新品で出品する場合には出品許可申請が必要ですね。

 

 

そこで、

いつもの通り請求書の申請が必要で、

申請に必要な商品点数も30点必要かと思ったらこんな画面が出てきました。

snapcrab_noname_2016-12-15_14-59-39_no-00

ブランド名の出品申請とは?

よく見てみると上のメーカーまたは卸業者から発行された、

パナソニック(Panasonic)商品の仕入れ請求書で、それぞれ異なるもの3通という、

文章が掲載されています。

snapcrab_noname_2016-12-15_15-32-10_no-00

ただ下の文章では、

商品の販売を許可するブランドパナソニック(Panasonic)からの書類1通

 

snapcrab_noname_2016-12-15_15-32-26_no-00

これは完全にアウトでしょ。

個人レベルでメーカーからの販売許可なんて降りるわけ無いですから。

 

 

しかも、

上記の文章に関しても請求書を、

それぞれ異なるものを3通と書かれています。

 

 

それぞれ異なる商品を合計で30点というところが、

また難易度を上げていますね。

 

 

これはなかなか申請が通らないように、

設定したとしか僕には思えません。

 

 

そして、これで申請が通らなかったら・・・・・・・・

大打撃ですよね。

 

 

という事で、

出品申請に関しては物凄くハードルが上がってしまいました。

 

 

ただ、

どの商品、どのメーカーの商品が出品申請が必要なのか?と、

言うところが疑問になると思います。

 

 

1点1点出品登録していたら気が遠くなるので、

メーカーで出品登録をかけてみたところ、

出品出来るメーカー&商品と、出品出来ないメーカー&商品がちょっとづつ見えてきました。

 

 

実際にパナソニックで出品登録をかけてみると、

こんな感じになりました。

fireshot-capture-18-%e5%95%86%e5%93%81%e7%99%bb%e9%8c%b2-amazon-%e3%82%bb%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%82%bb%e3%83%b3%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%ab_-https___sellercentral-amazon-co-jp_productsearch

 

赤枠を見て頂くとわかりますが、60万点以上の商品があります。

全てを載せることは出来ませんし、出品登録に関しては、

各個人によって出品できる商品数が違います。

 

 

冒頭でもお話しましたが、

過去1年間出品登録が無いセラーは出品申請をしないといけないと言うことですね。

 

 

今回の記事ではパナソニックの商品で、

出品登録が出来るかどうかの確認を行いましたが、

僕のLINEチームでの情報では他のメーカーの商品でも、

同様の規制がかかっている商品もあるようです。

出品申請が必要な場合もあるメーカー

SONY

CASIO

EPSON

BROTHER

DJI

PANASONIC

FUJIFILM

GOPRO

CANON

NIKON

Hoppetta

Ergobaby

RICOH

PENTAX

OLYMPUS

SIGMA

BenQ Japan

TAMRON

CAPTAIN STAG

 

LINEチームでの情報ですが、

ここに記載したメーカーは一応ご自身で出品出来るかどうかの確認をしてみてください。

 

 

個人、個人で出品出来る商品が違いますので、

そこはご了承ください。

 

 

ご自身で出品登録して、

確認するのが一番確実だと思います。

 まとめ

しかし、

こう次々規制がかると言うことは、

Amazon側でもメーカー側でも、

せどりに対する規制を厳しくしているということでしょうか。

 

 

行き過ぎた価格高騰は反動で戻っていくのかもしれません。

こういう事態が起きてもビクともしない資産作りが必要になってきますね。

↓ ↓ ↓

資産ブログを作るとこうなります。

 

電脳せどり超実践講座では、

今すぐ稼げる情報を無料公開中です。

無料で14日間サポートが受けられる超実践講座はこちら

↓ ↓ ↓

snapcrab_noname_2016-11-10_16-32-36_no-00



 

あっ

そうそう、

 

せどりをやりたい人ってたくさんいるんですが、

なぜか情報発信をやりたがらない人って実は凄く多いです。

 

 

でも、

あなたも実際にせどりをやってきて、

なんかあまりお金が残らないと感じたことはないですか?

 

 

そう、

せどりって仕入れた資金と利益を次の仕入れに回すから、

数字では稼げているんですが、

現金を手に出来ている実感がなかなか無かったりするんです。

 

 

僕もそうでした。

『なんだろう?数字上では儲かっているはずなのに、

なぜかお金があまり無いような気がする』

こんな感情を抱いていました。

 

 

稼げるはずのせどりだったんですが、

実際のところは現金をたくさん手にしている感覚はありませんでした。

 

 

でも、

情報発信は違いました。

 

あなたは知らないかも知れませんが、

デジタルコンテンツは在庫の概念がありません。

売れる商品を開発したら無限に売ることが出来ます。

 

 

しかも、

自分で販売すれば利益率95%超えです。

ほとんどが利益です。 現金が入金されて来ます。

 

 

更に、

あなたがせどりで身につけたノウハウや テクニックは、

キャッシュに変える事が出来ます。 それこそ無在庫ですよね。

 

 

あなたの知識をキャッシュに変える仕組みを作らないなんて、

キャッシュをドブに捨てているようなものです。

 

 

たった10万円稼いだ実績が、

1000万円もの金額を生み出す仕組み知りたくないですか?

 

 

僕も同じルートで月収1000万円を達成しました。

あなたにも出来る仕組みです。

 

 

これからは個人が情報発信をする時代です。

 

売った、買ったでは頭打ちになることは目に見えています。

今すぐこちらから、月収1000万円を稼ぐ黄金ルートを『完全無料』で手にしてください。

↓ ↓ ↓

snapcrab_noname_2016-10-9_22-29-27_no-00

※期間限定公開なので、

いつまで公開しているかわかりません。

今すぐお申し込みしてしまいましょう。

お申し込みは『完全無料』です。

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ