食品せどりのカテゴリー申請の方法とリサーチ方法のコツを公開します。

スポンサーリンク

食品せどりのカテゴリー申請の方法とリサーチ方法のコツを公開します。

 

「完全にバカにしてました」

 

はい。食品せどり完全にバカにしていました。

食品せどりと聞くと薄利多売で、忙しいばっかりで、

あまり儲からないんじゃないかと思っていましたけど、

その固定概念は脆くも崩れ去りました。

 

僕は今まで様々なジャンルの仕入れを行ってきました、

電脳せどりを始めた時は、CDやDVDをメインに、仕入れの幅を広げるために、

おもちゃ、家電などにも手を出したり、ゲームもちろん仕入れをしてきました。

 

ただ、食品だけはどうにも稼げるイメージが沸かなかったんですよね。

「なんか大量の商品が届くけど、納品ばかり大変であまり儲からないのでは?」

 

こういう意識がずっとあったので、1年位前から、

周りでは食品せどりが良いなんて事を聞いてきましたが、

全く興味がありませんでした。

 

ただ、僕の奥さんが食品を安く仕入れできるなら

実践してみたい~!などといい出した事から、食品せどりを開始してみると、

「あれ?結構稼げる??」という、数字がハッキリ出てきました。

 

ということで、現在、僕の奥さんに実践してもらっている、

食品せどりについて、お話していきます。

食品せどりとは一体何か?

せどりには色々なジャンルがありますよね。

CD、DVD、ゲーム、おもちゃ、本、などなど他にも仕入れがたくさんできるジャンルがあります。

その中の1つに「食品&飲料」というカテゴリーが存在します。

 

この「食品&飲料」というカテゴリーで稼ぐ手法を「食品せどり」なんて言っています。

 

食品は新品しか扱う事が出来ず、納品に関してもAmazonのルールに従った、

納品方法を守らなければならず、ちょっと参入障壁が高いジャンルでもあります。

 

当然、人様のお口に入る物を扱うので、

注意する点はありますので、その点はしっかり覚えておいてください。

稼げないジャンルだと勘違いしていた食品カテゴリー

いやね。普通に利益計算したら、絶対に薄利多売でしょ!と感じますよね。

もちろん、他のジャンルに比べればやっぱり薄利多売は薄利多売なんですが、

まだまだライバルが少ないジャンルなので、仕入れが出来る商品がたくさんあるんです。

 

メディアなどだと、仕入れた商品がAmazonの商品ページに並んだ瞬間から、

価格競争が勃発して、想定していた利益は取れず、雀の涙程度の利益になる。。。。。

そんな事もよくありますよね。

 

僕もそれ経験済みです。

 

特に、北海道の場合、仕入れた商品が届くまでに最短でも2日、

Amazonの倉庫に納品する場合も、遅い時は5日6日とかかります。

 

つまり1週間もの間Amazon商品ページに並ばず、いざ販売ページに反映された時には、

もう利益が取れなくなっている・・・・・・・そんな事は日常茶飯事です。

 

なので、色々なジャンルをやりながら今に至るわけですが、

食品せどりを奥さんに実践してもらった結果。

 

「大正解」

 

だったわけです。

 

メディアだと1つの商品で5000円や1万円という価格だったりします。

せどり初心者がいきなり高額な商品を仕入れて販売するなんて、

怖くて出来ませんよね。

 

食品の場合は1商品が100円程度の物もありますし、

1000円~3000円位の仕入れ金額の物も多いので取り組みやすいです。

 

ちなみに、僕の奥さんには僕のポケットマネーの10万円で、

月商100万円まで稼ぐための企画をメルマガで行っていますので、

「なんだか面白そうだな」と感じて頂けたら、メルマガ登録をお願い致します。

↓ ↓ ↓

漫画で学ぶウエハース通信

食品せどりのデメリット?薄利多売と高速回転

初めにお伝えしておきますが、食品せどりは一撃1万円の利益とかそんな事は出来ません。

基本的には、薄利多売になります。。。

 

ここで「え?マジか~」と思う人もいるかもしれませんが、

基本的には食品せどりは「仕入れてなんぼ、売ってなんぼ」です。

 

元々食品の価格が低単価なので、どうしても薄利多売になってしまいます。

ただ、中には利益率が良いものありますが、基本的には15%20%位を推移します。

 

なので、利益率が低いのにやってられるか!という人もいると思います。

(過去の僕のように)

 

ただ、

実際に食品カテゴリーを実践すると、あり得ないくらい高速回転で、

商品がバンバン売れていきます。

 

それこそ、仕入れが間に合わないくらい売れる商品もあります。

 

もちろん1つの利益は小さいですが、圧倒的回転力でガンガン売れるので、

結果的にメディアで価格競争に巻き込まれ、利益が雀の涙程度の闘いをするよりも、

全然楽だったりしますし、売れていく楽しみもあります。

 

ただ、納品作業はやっぱり、ちょっと大変かもしれません。(笑)

まあ、売れるんで嬉しい悲鳴と言うことで、

そこは目をつぶってくれればいいんじゃないかと思います。

カテゴリー申請が必要な特殊ジャンル「食品せどり」

ここまでお伝えしてきて、価格競争に巻き込まれ、

なかなか売れない商品にやきもきしている人には「なんか楽しそう」と感じてもらえるかもですが、

実は食品や飲料などを扱う場合には、Amazonにカテゴリー申請を行う必要があります。

 

カテゴリー申請が必要なジャンルについては、

Amazonドラッグストア出品規制を解除【最新の対応とは?】でもお伝えしていますが、

出品許可申請をしなければいけません。

 

卸・問屋さんからの請求書が必要で、Amazonの出品許可申請の審査も、

厳しくなったり、緩くなったりで本当に大変です。

 

現在はまだ出品許可申請も通りやすいので(2017年6月30日現在)

早めに、食品&飲料やドラッグストア、コスメなどの許可申請が必要なカテゴリーは早めに通しておきましょう。

 

どうやって通すの?という場合には、僕のメルマガで解除方法をお伝えしていますので、そちらを参考に実践してください。

Amazonの審査基準も日々変化しているので、100%通ると断言は出来ませんが、解除出来た方法なのは間違いないので、

是非、メルマガ登録をして実践してみてください。

要期限管理商品がメインの食品せどり

食品カテゴリーを解除したら、仕入れてすぐ納品。。。。。

そんな風に思ってしまうかもしれませんが、それは【超危険です】

 

賞味期限のある商品をAmazonFBAに納品する場合には、

要期限管理商品出品許可申請というのが必要でした。

 

でした。なんですよ。

 

以前はテストを受けないと賞味期限がある商品はFBA納品ができませんでしたが、

現在はテストは廃止されています。

 

なので、

誰でも納品することが出来ます。

 

ただし、消費期限などしっかりAmazonのルールを守らないと、

納品できなくなるだけでなく、最悪Amazonアカウント停止にもなりますので、

こちらのマニュアルを必ず読んでから納品するようにしましょう。

固定概念をぶっ壊す食品せどりとは?

一般的なせどりと言えば、Amazonのプレミア商品を見つけ、

他のショップで安く仕入れてその【差益】で儲ける手法です。

 

なので、そういう商品を追っかけて仕入れる際には、

いかにライバルより早く情報を入手して、いかに早く仕入れるか。

それが非常に重要になってくるわけです。

 

僕もずっとこの手法を行ってきました。

 

ただ、食品せどりの場合は、従来の仕入れ方法とは違います。

Amazonのプレミア商品を追っかける事無く、ネットショップで仕入れをして、

利益を出していく手法になるので、プレミアを追っかける疲れるせどりとは無縁です。

 

「繰り返し売れる商品を仕入れ、販売する」

 

これが食品せどりの基本的な仕入れ手法です。

 

繰り返し売れる商品という所がポイントですね。

つまり、食品は食べて無くなる「消耗品」ということです。

なので、プレミアとかあまり関係が無いジャンルなんですよね。

 

売れる商品だけを仕入れてAmazonで販売する。

たったこれだけで稼ぐことが出来ます。

 

ここまで見ていただいたら、

メッチャ簡単じゃん!と思っているかもしれませんが、

納品は確実に大変になります。

 

そこは嘘付けないですね。

 

なので、家族に手伝ってもらうとか、

外注化するとか、色々な方法も食品せどりをするなら、

将来的に考えてみるのもいいです。

仕入れ場所はいくらでもある食品カテゴリー

食品なので、あらゆるお店で仕入れが可能です。

僕は、基本的に電脳せどりをメインにしているので、仕入れもPC上で行う事がほとんどですが、

家族で買い物に行ったついでに仕入れする事も十分可能です。

 

むしろ、ネットで全滅の商品でも店舗に行けば、

仕入れが出来る商品はすごく多いです。

 

ドンキホーテやイオンなど大手のスーパーなどでも十分仕入れることが可能です。

そして、セットで安く販売している事が多かったりするので、

それをバラして販売するという事もできます。

 

ネット上でも特に難しい事はなく、「楽天市場」だったり「ヤフーショッピング」からも、

普通に仕入れることが出来るので、是非挑戦してみてください。

メーカーからクレームが来ることもしばしば。

ドラッグストアカテゴリーで販売している人は、よく遭遇するかもしれませんが、

メーカーからのクレームは食品でもあります。

 

基本的にどういう対応をすれば良いかというと、

クレームが来た商品に関しては素直に取り下げることです。

 

そこを突っぱねてAmazonで販売していると、

今度はAmazonから警告のメールが来ます。

 

そうなると最悪アカウント停止にまでなってしまいます。

食品はあらゆる商品が仕入れ対象になるので、1商品に固執する必要はありません。

 

素直に取り下げて新しい商品を探したほうがよっぽど効率が良いです。

 

取り下げた商品は「ヤフオク・メルカリ・ラクマ」で販売しましょう。

そうやってリスク回避をしていくことが非常に大切ですね。

 

たまにメーカーがAmazonで販売しているのに、

他のせどらーがFBA出品している事ありませんか?

 

この場合、メーカーも価格さえ下げなければ、

そのままAmazonで販売してもOKと黙認している事もあります。

 

もちろん、メーカーが気づいていないだけという事もあるので、

そこは気をつけないといけませんので、そういう状況を見つけたら、

定点観測しておいて、いけそうだと感じたらFBA出品していくのもありですね。

 

一度Amazonに「この商品はFBA出品可能なのか?」と、

問い合わせをしてみるというのもありですね。

食品あるある

どんなカテゴリーでも同じだと思いますが、

長くせどりをやっていれば1度は、仕入れに失敗することはあります。

 

そんな時、ヤフオクやフリマで販売して資金回収したり、

リサイクルショップ等に持っていって売るという事があると思います。

 

もちろん食品でも仕入れ失敗ってあるはずです。

ですが、食品の場合は最悪「自分で食べられる」ので、その商品の味などがわかります(笑)

 

そこが他のジャンルと違って、食品せどりの良いところなんじゃないかと思います。

まとめ

今まで参入した事がないジャンルなら是非試してみてください。

「あれ?意外とイケる?」と思えるようになると思いますよ。

 

参入障壁があるジャンルにこそ旨味がある。

そこに気づいた人は今もドンドン稼いでいますね。

 

いち早く取り入れてみてください。

電脳せどり超実践講座では、

今すぐ稼げる情報を無料公開中です。

無料で14日間サポートが受けられる超実践講座はこちら

↓ ↓ ↓

snapcrab_noname_2016-11-10_16-32-36_no-00



 

あっ

そうそう、

 

せどりをやりたい人ってたくさんいるんですが、

なぜか情報発信をやりたがらない人って実は凄く多いです。

 

 

でも、

あなたも実際にせどりをやってきて、

なんかあまりお金が残らないと感じたことはないですか?

 

 

そう、

せどりって仕入れた資金と利益を次の仕入れに回すから、

数字では稼げているんですが、

現金を手に出来ている実感がなかなか無かったりするんです。

 

 

僕もそうでした。

『なんだろう?数字上では儲かっているはずなのに、

なぜかお金があまり無いような気がする』

こんな感情を抱いていました。

 

 

稼げるはずのせどりだったんですが、

実際のところは現金をたくさん手にしている感覚はありませんでした。

 

 

でも、

情報発信は違いました。

 

あなたは知らないかも知れませんが、

デジタルコンテンツは在庫の概念がありません。

売れる商品を開発したら無限に売ることが出来ます。

 

 

しかも、

自分で販売すれば利益率95%超えです。

ほとんどが利益です。 現金が入金されて来ます。

 

 

更に、

あなたがせどりで身につけたノウハウや テクニックは、

キャッシュに変える事が出来ます。 それこそ無在庫ですよね。

 

 

あなたの知識をキャッシュに変える仕組みを作らないなんて、

キャッシュをドブに捨てているようなものです。

 

 

たった10万円稼いだ実績が、

1000万円もの金額を生み出す仕組み知りたくないですか?

 

 

僕も同じルートで月収1000万円を達成しました。

あなたにも出来る仕組みです。

 

 

これからは個人が情報発信をする時代です。

 

売った、買ったでは頭打ちになることは目に見えています。

今すぐこちらから、月収1000万円を稼ぐ黄金ルートを『完全無料』で手にしてください。

↓ ↓ ↓

snapcrab_noname_2016-10-9_22-29-27_no-00

※期間限定公開なので、

いつまで公開しているかわかりません。

今すぐお申し込みしてしまいましょう。

お申し込みは『完全無料』です。

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ