Amazon低評価の削除依頼【理不尽な評価を削除せよ!】

スポンサーリンク

1472361_10201621698998867_1808362102_n-thumb-614xauto-5990

Amazon低評価の削除依頼【理不尽な評価を削除せよ!】

 

「ありえない!」

 

Amazonの評価取り消し方法をあなたは知っていますか?

 

 

新規出品者時代に低評価をもらってしまうと、

出品者パフォーマンスに大きく影響してきます。

 

 

例えば、

評価5が5個しかない状態で、

評価1などをもらってしまうと物凄くダメージが大きい。

 

 

Amazonは評価が販売力に影響を与えている割合が、

非常に大きいので、初めの段階で低評価をもらってしまうと、

死ぬほど凹んでしまいます。

 

 

ここでは、

低評価をもらってしまった場合の評価の取り消し方法と、

削除依頼の方法を解説していきます。

 

 

まず、

Amazonで評価の削除依頼をする方法は以下の2つしか方法がありません。

 

  1. Amazonに削除してもらう
  2. 購入者に削除依頼をする

 

 

要するに、

出品者側からはどうすることも出来ないと言うことを初めに覚えておいて下さい。

 

 

早速、

2つの評価削除方法について解説していきます。

 

 

はじめに、いきなり購入者に削除依頼をするのは止めましょう。

理由は後で説明しますが、まずはAmazonに削除依頼をするのが基本となります。

 

 

そしてAmazonに削除依頼をする方法ですが、

残念な事にほとんどのケースでAmazonが評価を削除してくれることはありません。

 

 

正確には、Amazon側に過失が無い場合は、ほとんど削除出来ないという認識でいましょう。

では、Amazonの過失とはどういうことかと言うと、

 

  1. 配送中の商品にダメージがある場合
  2. 配送の遅延
  3. 指定通りの時間に来なかった
  4. 注文した商品と違う商品が届いた

 

 

など、他にもあると思うのですが、Amazon側でなんらかのミスがあった場合は、

すんなり悪い評価の削除をしてくれます。

 

 

なので、

購入者側から悪い評価を付けられたら、

Amazonの過失を主張して評価の削除をしてもらいましょう。

 

 

あと、

購入者側のコメントによってはAmazonで削除をしてくれる場合もあるので、

下記の内容が記載されていたら、すみやかにAmazonに削除依頼しましょう。

 

  1. コメントの中に名前や電話番号などの個人情報が含まれている場合
  2. コメントが商品レビューに関する内容の場合
  3. コメントの中に卑猥な言葉が含まれている場合

 

 

上記のコメントにはありませんが、購入者のありえない評価のコメントに、

こういう内容の文面がありました。

 

 

「面白くない映画だった」です。

 

 

もう意味わからないですよね。

それは購入者の映画の感想であって、商品に対する評価でもなんでもないです。

ですが、こういうことが実際に起きるのがAmazonの評価システムなんです。

 

 

なので、

商品のコンディションと全く関係ない評価は、

Amazonに削除依頼することで問題なく削除してくれるはずです。

 

 

それでも削除してくれない場合はこちらの方法を試してみてください。

 

まず、

セラーセントラル画面に入りセラーフォーラムへ移動してください。

↓  ↓  ↓

クリックすると巨大化します

SnapCrab_NoName_2016-4-30_12-27-38_No-00

そして、セラーフォーラムからテクニカルサポートを選んでください。

M40

テクニカルサポートからお問い合わせに入ったら出品者出荷注文を選んでください。

そして購入者からの評価を選び、対象となる注文番号を選択して入力し検索します。

259

そうすると購入者の評価やコメント内容が確認できますので、

該当する項目にチェックを入れて送信します。

260

無事解除されるとAmazonテクニカルサポートから解除通知が来ます。

注文番号×××××-××××××××××××××××××××に関する評価を

削除してほしいとのご依頼について調査したところ、

評価内容がAmazonのポリシーに違反していることがわかりました。

そのため、この評価を削除いたしましたので、ご連絡いたします。

これで評価削除は終了です。

ここまでがAmazonに評価削除依頼をする方法です。

 

 

そして次が難しいのですが、

購入者に評価の削除依頼をする方法です。

こちらの記事でも記載しているのですが、購入者は商品の品質について、

クレームを付けているということなので、簡単には削除してくれないケースがほとんどです。

 

 

中には「大変満足しています。評価3」という人もいるので、

こういう場合はAmazonの評価システムでは良い評価は4からになっておりますので、

誠にお手数ですが評価の変更、もしくは削除をして頂けませんでしょうか?とお願いすると、

削除してくれる可能性は高いです。

 

 

ですが、

そもそもメールを見ていない、面倒くさいという理由で、

削除してくれない人もいるので、確率は100%とは言えません。

 

 

逆に出品者側に過失があった場合は、

非常に難しい問題になると言うことを理解しておいてください。

 

対応としては、まずしっかり謝罪すること。

 

そして真摯に今回の件を受け止め今後の改善などに努めていきますので、

ご理解とご寛容のよろしくお願いします。といった内容の文面を書いていくことが大事です。

(文章はご自身が考えるようにして頂ければと思います)

 

 

こういった内容の謝罪コメントを送っても、

評価を削除してくれないケースはかなり多いので、

出品者側の負担にはなってしまうのですが、返金対応という方法もあります。

 

 

要するに、

返金するから削除してください。といった内容です。

(この内容は雑すぎるので、もっと丁寧なコメントを記載しましょう)

 

 

これで対応してくれないようなら削除依頼は諦めて、

良い評価を増やすことに注力して評価のパーセンテージを戻していきましょう。

まとめ

 

評価の削除という行為は出品者側に過失が無い場合は、

どんどんやるべきですが、商品を購入してくれた人からすれば、

注文した商品と違う内容のものが届いた。破損していた。

 

 

と言うように、

相手が不快に思うことに関しては、

そうそう評価は削除してくれません。

 

 

常日頃から、商品の品質には注意して、

トラブルの無い販売を心がけていきましょう。

↓  ↓  ↓

評価獲得方法はこちら

 

電脳せどり超実践講座では、

今すぐ稼げる情報を無料公開中です。

無料で14日間サポートが受けられる超実践講座はこちら

↓ ↓ ↓

snapcrab_noname_2016-11-10_16-32-36_no-00



 

あっ

そうそう、

 

せどりをやりたい人ってたくさんいるんですが、

なぜか情報発信をやりたがらない人って実は凄く多いです。

 

 

でも、

あなたも実際にせどりをやってきて、

なんかあまりお金が残らないと感じたことはないですか?

 

 

そう、

せどりって仕入れた資金と利益を次の仕入れに回すから、

数字では稼げているんですが、

現金を手に出来ている実感がなかなか無かったりするんです。

 

 

僕もそうでした。

『なんだろう?数字上では儲かっているはずなのに、

なぜかお金があまり無いような気がする』

こんな感情を抱いていました。

 

 

稼げるはずのせどりだったんですが、

実際のところは現金をたくさん手にしている感覚はありませんでした。

 

 

でも、

情報発信は違いました。

 

あなたは知らないかも知れませんが、

デジタルコンテンツは在庫の概念がありません。

売れる商品を開発したら無限に売ることが出来ます。

 

 

しかも、

自分で販売すれば利益率95%超えです。

ほとんどが利益です。 現金が入金されて来ます。

 

 

更に、

あなたがせどりで身につけたノウハウや テクニックは、

キャッシュに変える事が出来ます。 それこそ無在庫ですよね。

 

 

あなたの知識をキャッシュに変える仕組みを作らないなんて、

キャッシュをドブに捨てているようなものです。

 

 

たった10万円稼いだ実績が、

1000万円もの金額を生み出す仕組み知りたくないですか?

 

 

僕も同じルートで月収1000万円を達成しました。

あなたにも出来る仕組みです。

 

 

これからは個人が情報発信をする時代です。

 

売った、買ったでは頭打ちになることは目に見えています。

今すぐこちらから、月収1000万円を稼ぐ黄金ルートを『完全無料』で手にしてください。

↓ ↓ ↓

snapcrab_noname_2016-10-9_22-29-27_no-00

※期間限定公開なので、

いつまで公開しているかわかりません。

今すぐお申し込みしてしまいましょう。

お申し込みは『完全無料』です。

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ