FBAの落とし穴【危険物の取り扱いには要注意!】

スポンサーリンク

FBAの落とし穴【危険物の取り扱いには要注意!】

 

「え?出品できない!?」

 

しっかりリサーチして仕入れた商品がFBAに納品できない事ってありませんか?

AmazonFBAには出品出来ない商品が多数あります。

そして危険物に指定されている商品の場合FBAで販売することは出来ません。

 

SnapCrab_NoName_2016-2-16_11-38-51_No-00


【Yさんからの質問】



「仕入れ時の確認不足です」



■質問内容(フリー04): 電脳せどり超実践講座9日目のYと申します。

去年の12月からせどりを始めました。



ウエハースさんのブログやメルマガ、とても参考にさせて頂いてます。



質問なのですが、



私は今のところFBAだけなのですが、

店舗で仕入れてきた商品でいざFBA出品しようとすると、

FBA不可となってしまった商品が少しづつ貯まってきました。



仕入れ時の確認不足です。



仕方ないので自己出品しようと思っていますが、

危険物扱いの商品はレターパックやゆうパックで送れるのでしょうか。

ウエハースさんは、どうされていますか?

abata


【ウエハースの回答】



「禁止されています」



お問い合わせ有難うございます

ウエハースです。



危険物の商品はAmazonFBAで出品することは禁止されています。

そこですでに仕入れてしまった商品に関しては別の販売販路で

か自己出品で販売していくといいですね。



ちなみに商品を送る時ですが、

危険物に関してはそれぞれの配送業者によって

規制が違いますので、確認してみてください。



今後ともよろしくお願いします。



ウエハース

 

仕入れた商品がFBAで出品できないのは非常に痛いですよね。

 

FBAに関しては細かくガイドラインが設定されているので、

仕入れる前に確認するのが一番ですが、

ガイドラインなんて普通見て仕入れていないですからね。

 

今回の相談者Yさんはこのような商品を仕入れていました。

SnapCrab_NoName_2016-3-29_14-54-9_No-00

 

FBAでは出品出来ない危険物指定をされた商品です。

Yさんからは追加で質問が来ていました。「出品禁止商品なのにも関わらず、

なぜ販売者がいるのでしょうか?」という質問が来ていたので、

僕からAmazonに問い合わせてみました。

 

そうするとこのような回答を頂きました。


ご担当者様

Amazonテクニカルサポートへお問い合わせいただきありがとうございます。

取り扱いが制限されているFBA商品についてご案内いたします。

Amazonの担当部署にて以下の商品の審査を行った結果、商品は危険物と判定され、フルフィルメントby Amazonでの取り扱いは禁止となっております。

今後、以下の商品の納品情報を新規に作成することはできませんのでご了承ください。

ASIN:B0062Z4XNW

商品名:リッツ ヘアトリートメント フレグランスミスト

現在Amazonフルフィルメントセンターに保管されているこの商品の在庫に限り、販売可能ですが、納品は不可となりますことご了承ください。

注意: この商品について新規に納品情報を作成することはできません。

該当の商品を今後もAmazon.co.jpにて販売することを希望される場合は、出品者出荷に切り替えて販売していただく必要があります。

Amazonでは危険物の規制を定期的に見直しております。

現在はFBAで規制されていない商品であっても、今後、危険物に指定され、審査の対象となる場合がありますのでご了承ください。

フルフィルメントセンターに商品を納品する際は、すべての出品者様に危険物に関するFBAの出品規約と法令を順守していただく必要があります。

危険物、FBA禁止商品について詳しくは、以下のヘルプページをご覧ください。

危険物について

https://sellercentral.amazon.co.jp/gp/help/200525640?referral=A2O54FAEUNM9LN_A1J2NJ9GQUTM2U 

FBA禁止商品

https://sellercentral.amazon.co.jp/gp/help/200141080?referral=A2O54FAEUNM9LN_A1J2NJ9GQUTM2U 

出品者様のご理解、ご協力をよろしくお願い申し上げます。

今後ともAmazon.co.jpをよろしくお願いいたします。

 

このような回答を頂きました。

要するに、今現在販売中の出品者のみ販売可能で、

今後は販売出来ないよとのこと。

 

 

今回のように危険物の商品を仕入れてしまわないようにするためには、

このアプリで確認するといいです。

SnapCrab_NoName_2016-3-29_13-52-57_No-00

 

このアプリにはカメラ検索機能があり、バーコードの読み取り機能を使うことで、

危険物扱いの商品を仕入れなくて済みます。

 

 

ちなみにカメラ機能で危険物扱いの商品をリサーチすると、

このような画像になります。

SnapCrab_NoName_2016-3-29_13-57-50_No-00

 

出品できない商品に関しては、

上の画像の通り斜線マークが入った商品画像になります。

 

 

なので店舗で仕入れる場合には、

このAmazonSellerアプリを導入するといいです。

 

 

そして危険物取り扱いになっている商品をレターパックやゆうパックで送れるのか?

についてですが、郵便局のHPで確認出来ます。

 

 

危険物取扱商品の日本郵便ガイドライン

色々書かれていて今回ご質問された商品が、

どれに該当するのかを調べるのは大変ですが、

要するに危険物取扱商品はレターパックや、

ゆうパックでは送らないでくれということでしょうね。

 

 

まあ普通に考えたら危険物取扱商品を許可無しに、

発送しちゃダメですからね。

 

 

仕入れる前にAmazonSellerアプリで確認しておくと、

誤って仕入れしなくても良くなりますよ。

↓  ↓  ↓

Amazon刈り取りの仕入れ方法とは?

 

電脳せどり超実践講座では、

今すぐ稼げる情報を無料公開中です。

無料で14日間サポートが受けられる超実践講座はこちら

↓ ↓ ↓

snapcrab_noname_2016-11-10_16-32-36_no-00



 

あっ

そうそう、

 

せどりをやりたい人ってたくさんいるんですが、

なぜか情報発信をやりたがらない人って実は凄く多いです。

 

 

でも、

あなたも実際にせどりをやってきて、

なんかあまりお金が残らないと感じたことはないですか?

 

 

そう、

せどりって仕入れた資金と利益を次の仕入れに回すから、

数字では稼げているんですが、

現金を手に出来ている実感がなかなか無かったりするんです。

 

 

僕もそうでした。

『なんだろう?数字上では儲かっているはずなのに、

なぜかお金があまり無いような気がする』

こんな感情を抱いていました。

 

 

稼げるはずのせどりだったんですが、

実際のところは現金をたくさん手にしている感覚はありませんでした。

 

 

でも、

情報発信は違いました。

 

あなたは知らないかも知れませんが、

デジタルコンテンツは在庫の概念がありません。

売れる商品を開発したら無限に売ることが出来ます。

 

 

しかも、

自分で販売すれば利益率95%超えです。

ほとんどが利益です。 現金が入金されて来ます。

 

 

更に、

あなたがせどりで身につけたノウハウや テクニックは、

キャッシュに変える事が出来ます。 それこそ無在庫ですよね。

 

 

あなたの知識をキャッシュに変える仕組みを作らないなんて、

キャッシュをドブに捨てているようなものです。

 

 

たった10万円稼いだ実績が、

1000万円もの金額を生み出す仕組み知りたくないですか?

 

 

僕も同じルートで月収1000万円を達成しました。

あなたにも出来る仕組みです。

 

 

これからは個人が情報発信をする時代です。

 

売った、買ったでは頭打ちになることは目に見えています。

今すぐこちらから、月収1000万円を稼ぐ黄金ルートを『完全無料』で手にしてください。

↓ ↓ ↓

snapcrab_noname_2016-10-9_22-29-27_no-00

※期間限定公開なので、

いつまで公開しているかわかりません。

今すぐお申し込みしてしまいましょう。

お申し込みは『完全無料』です。

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ